任意整理後もクレジットカードは使えるの?他のカードも止まる理由と2つの対処法

「任意整理した後にクレジットカードは使えなくなるのかな?」
「光熱費の支払いに、任意整理後もクレジットカードを残したい」

任意整理後もクレジットカードが使えるのかどうかは、大きな問題ですよね。

電気・ガス代等の光熱費、インターネット代金や携帯電話料金の支払いなど、生活においてクレジットカードを使用する機会はとても多いもの。クレジットカードが使えないと生活にも支障が出るので、大きなデメリットとなることは否めません。

債務整理のなかでも、任意整理ならばカードを残せるのではないかと考えている方もいるのではないでしょうか?

残念ながら、「任意整理を選んだ場合でも、基本的にクレジットカードは使うことができない」と考えた方が良いでしょう。

ただし、必ず使えなくなるわけではありません。

ある2つの方法を使うことで、任意整理後もクレジットカードを作ることは可能です。

この記事では、以下の内容を理由付きで詳しく解説しています。

この記事でわかること
  • 任意整理後にクレジットカードが使えなくなること
  • 任意整理後でもクレジットカードを使う方法

なお、すでにクレジットカードの支払いが滞っており、返済に困っている方は、手遅れになる前に今すぐ法律事務所に相談をして下さい。

どの法律事務所に相談をしたら良いかわからない方は、簡単に利用できる無料シミュレーションサイトが便利です。

任意整理したクレジットカードは使えなくなる

任意整理をした場合、対象のクレジットカードは強制解約になり、使えなくなります。

任意整理を始めると、最初に弁護士からカード会社へ「受任通知」を送付します。受任通知は、債務者への直接の連絡や取り立てを止めるように要求するもの。これが届いた時点で、対象のクレジットカードは強制解約となってしまいます。

なお、自己破産の場合、現在所有しているクレジットカードはすべて解約となり、引き続き使用することはできません。

自己破産を行うときは、弁護士や司法書士がすべてのカードを預かるのが慣例となっています。後で大きな問題になりかねないので、一部のカードを隠しておいてこっそり使うのは絶対に控えましょう。

任意整理の対象外のクレジットカードもいずれ使えなくなる

任意整理の場合は自己破産と異なり、すべてのクレジットカードが整理の対象になるわけではありません。そのため、対象外のカードはそのまま使えるのかな?という疑問もあるでしょう。

結論から言うと、任意整理していないクレジットカードもいずれ使えなくなる可能性はあります。

いつ使えなくなるのか、詳しく解説します。

一部のカードを任意整理の手続きの対象から外すことは可能

任意整理の場合、弁護士がクレジットカード会社に「受任通知」を送ったタイミングで強制解約になります。逆に言えば、任意整理の対象にしていないクレジットカード会社には通知はいきません。

したがって、手続きしていないクレジットカードは、当面そのまま使うことができます。

途上与信のタイミングで使えなくなる可能性がある

債務整理の対象としなかったクレジットカードも、途中で使えなくなる可能性は否めません。

債務整理をすると、CICJICCといった個人信用情報機関に情報が登録されます。

信用情報は、機関に登録しているクレジット会社や、銀行・消費者金融であれば閲覧することが可能。そのため、数ヶ月以内には他のカード会社で支払いが滞っているとわかってしまいます。

特に、途上与信のタイミングで強制解約になりえます。(途上与信とは、現在カードを使っている人にしっかり支払い能力があるか確認する審査のこと)

具体的には、以下のようなタイミングでチェックしています。

途上与信のタイミングの例
  • キャッシング利用を申し込むとき
  • 限度額を上げるとき
  • カード更新のとき
  • カードの利用額が多い時
  • 支払いの遅延や滞納があったとき

    ほとんどのカード会社では、「信用状態が悪化していると判断した場合、会員資格を喪失する」という規定を設けています。

    そのため、途上与信で信用情報を確認されると、カードが使えなくなる可能性があります。

    なお、信用情報に関しては下記ページで詳しく解説しています。

    参考⇒債務整理と個人信用情報~任意整理や自己破産をした後の信用情報

    支払状況しだいでクレジットカードを剥奪されないケースもある

    途上与信のタイミングで、絶対にクレジットカードが使えなくなるとも言い切れません。

    実際には、任意整理の対象にしていないクレジットカードは、そのまま使い続けられている方が多いのも事実。カード会社によって対応は様々だからです。

    「自分の会社ではきちんと支払っているのだから、このまま使い続けても大丈夫」と判断されるケースもありますし、次回更新のタイミングで剥奪するというパターンもあります。

    とはいえ、判断は各カード会社に委ねられるため、使えなくなるリスクを想定しておいたほうがよいでしょう。

    任意整理後にクレジットカードを使う方法3選

    任意整理をしたあとでも、生活をしていくのにクレジットカードが必要な方もいるでしょう。

    以下の3つの方法ならば、クレジットカードを使える可能性があります。

    クレジットカードを使う方法
      1. 家族カードを使う
      2. 外資系のカードを申し込む
      3. デビットカードを作る

    順番に確認しましょう。

      1. 家族カードを使う

      任意整理後は、配偶者や両親名義で家族カードを作る方が非常に多いです。

      本人が任意整理をしても、家族に影響が出る事はありません。債務整理や借金の延滞をしていない場合、家族は問題なくクレジットカードをつくれます。

      本会員が審査に通れば、家族カードは基本的に審査なし任意整理後の方でも発行できるでしょう。

      2. 外資系のカードを申し込む

      外資系のカードは任意整理後でも発行できる可能性があります。実際に、「アメックスやダイナースならば債務整理後も新しく作ることができた」という報告が多いです。

      外資系のカードの場合、現在の年収を重視して審査する傾向があると言われているので、安定した収入があれば新規発行を申し込んでもよいでしょう。

      3. デビットカードを使う

      厳密にいうとクレジットカードではありませんが、デビットカードを発行するのも一つの手。デビットカードとは、支払いと同時に登録した銀行口座から引き落としされるカードです。

      デビットカードには審査がないので、任意整理後も問題なく発行できます。クレジットカードと見た目はほぼ同じで、使える店舗や場所も大きな差はありません。

      ただし、口座に残高がなければデビットカードは使えません。そのため、使いすぎる心配がないのもメリットです。

      なお、デビットカードに関しては下記ページで詳しく解説しています。

      参考⇒債務整理をした後にデビットカードを新しく作る事や使う事は出来る?

       

      任意整理をした後に他のクレジットカードは使えるのかまとめ

      基本的には、債務整理をした後、クレジットカードはすべて使えなくなると考えておきましょう。

      個人再生や自己破産の場合にはまず使えませんし、任意整理のケースでも使えるかは会社の判断によります。しかし、任意整理後、絶対にクレジットカードが使えなくなるわけでもありません。

      以下の2つは、実際にカード発行ができたという報告がある方法です。

      任意整理後にクレジットカードを持つ方法
      • 配偶者や両親名義で家族カードを作る
      • アメックスやダイナースに申し込む

        債務整理後、クレジットカードが全部使えなくなった場合に試してみて下さい。

        なお、いまも借金の返済に苦しんでいる場合は、早めの債務整理をおすすめします。借金問題は動き出すのが遅くなるほど、選択肢がなくなるからです。

        早く相談をしていれば任意整理で解決できたのに、放置した結果、自己破産しか選択肢が無くなったという方も非常に多いです。

        借金の悩みは1人で抱え込んでも解決しません。今すぐ弁護士に相談して、問題解決への第一歩を踏み出しましょう。

        債務整理なら武村法律事務所

        武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

        借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

        武村法律事務所の無料相談はこちらです。