債務整理や過払い金請求は面談無しでも行える?

『借金問題で悩んでいるけれど、法律事務所に相談に行くのはちょっと気が引ける。』

『そもそも仕事が忙しくて、法律事務所に相談に行く時間がない。』

様々な理由で法律事務所との面談なしで、債務整理や過払い金請求が出来ないものかと考える人は多いです。

結論から言うと、原則としては債務整理は面談無しで手続きを行う事が禁止されています。

しかし、実際には面談無しでも債務整理の依頼を引き受けてくれる法律事務所も存在します。

ですが、法律事務所との面談なしでする債務整理には大きなデメリットと落とし穴があるのも事実。

正しい債務整理の仕方を知っておかなければ、手続きは失敗し状況が悪化してしまう可能性もあるでしょう。

今回は、法律事務所との面談なしで債務整理をする方法とそのリスクについて解説をしています。

また、『借金返済のために、他の消費者金融からお金を借りている。』

『心の中では自力での返済が厳しいと分かっているけど、ずっと後回しにしてしまっている。』

このような状況まで悪化している方は、手遅れになる前に今すぐに法律事務所に相談をして下さい。

どの法律事務所に相談をしたら良いか分からない方は、簡単に利用できる無料シミュレーションサイトが便利です。

それでは解説をしていきます。

債務整理は原則として弁護士や司法書士との面談が必要

法律事務所との面談なしで債務整理の手続きをする事は、原則としてNGというルールになっています。

債務整理は個人信用情報や将来にも大きな影響を与える手続き。

万が一、本人以外からの依頼で、債務整理を始めてしまうと、本人が多大な被害を被ることになります。

また、過払金が発生しているような場合、本人以外の人が多額の過払金を手にすることになります。

もちろん、これは犯罪ですし簡単にできることではありません。

面談なしで電話だけとなると、依頼者が本当に本人かどうかの確認もできませんよね。

多くの法律事務所では必ず一度面談をし、本人確認書類と照らし合わせて、本人に間違いがないかどうか確認をすることが慣例となっています。

法律事務所の責任問題にもなりかねませんので、法律事務所が慎重になるのは当然ともいえます。

しかし、これはあくまでも法律事務所側の都合。

必ずしも法律事務所に行かなくてはならないということではありません。

次章以降、解説をしていきます。

出張面談での相談に対応している法律事務所もある

『どうしても、法律事務所には行きたくない。』

『毎日、夜遅くまで仕事があるし時間的に都合が会わない。』

このような場合でも、法律事務所によっては時間外対応や出張面談を実地してくれます。

極論、本人と会えればいいわけですから、会う場所が事務所である必要はありません。

依頼者の自宅や、近所のレストランで面談をすることもよくあります。

もっとも、この方法は法律事務所にとっては少なからず負担になりますので、対応ができるかどうか事前に確認をする必要があります。

先述の通り、法律事務所によっては電話だけで依頼を受ける事務所も存在します。

このような事務所がなからずしも悪質なわけではありません。

ただ、本来は面談しなければ手続きはできないと考えておいたほうがいいでしょう。

いずれにしても、借金問題は時間がたてばたつだけ状況は悪くなるだけで取れる対応策も減っていきます。

1人で悩むのではなく、まずは今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

匿名で利用できる無料シミュレーションサイトはこちら⇒

法律事務所との債務整理の面談はどんな感じ?

確かに、法律事務所に行くというのは勇気のいることでしょう。

普通に生活をしていたら、法律事務所と一生無縁の人がほとんどですからこう思うのも分かります。

実際に、以前は非常識な対応をする法律事務所もありましたが、今は普通の会社や市役所等とほとんど変わりません。

人生を左右するような大きな問題の相談ですから、気軽にというわけにはいかないという方がほとんどでしょう。

ですが、法律事務所だからといって構えていく必要もありません。

特別な準備は必要ありませんし、また無料相談をしたら必ず依頼をしなければいけないというわけではありません。

法律事務所と面談をすることが依頼者のメリットに繋がる

はっきり言って、法律事務所と面談をしないで債務整理をするメリットはありません。

弁護士や認定司法書士といっても同じ人間。

電話で話しただけですべての状況が把握できるわけではありませんし、正確な状況を知る事もできません。

面談時には、借金の総額、具体的な会社、資産状況、現在の収入、そして過払い金の有無などを総合的にヒヤリングします。

これらの情報から、依頼者にとってどの手続きをどのように行うのが一番メリットが大きいのかを算出する必要があります。

実際に、手続きの方法によって債務整理後の生活にも大きな影響を及ぼしますし、生活のしやすさも変わってきます。

一般的に、弁護士や認定司法書士の時給は5000円~1万円以上と言われています。

その貴重な時間を無料で割いてくれるのですから、むしろ利用しない手はありません。

実際に、専門家と話してみると様々な選択肢があることに気づくでしょう。

債務整理の方法は、人によって全くことなりますし、とるべき手段も十人十色です。

債務整理は面談なしでも可能なのかまとめ

基本的には、面談無しで債務整理をする事はできません。

しかし、面談をせずに債務整理の手続きをしてくれる法律事務所があることも事実。

こればかりは、考え方にもよるので一概には言えませんが面談をしないで依頼をするメリットは何もありません。

いずれにしても、借金問題は放置してしまったり後回しにするのが一番よくありません。

悩んでいる間にも利息や遅延損害金は増え続け状況は悪化するだけ。

1人で悩むのではなく、まずは今すぐに法律事務所に相談を行い問題解決の第一歩を踏み出しましょう。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。