『毎日、債権者からの督促電話がかかってくる』

『督促の手紙や書類が送られてきて開けるのも怖い・・・。』

返済が遅れていると消費者金融や銀行、クレジットカード会社から手紙が届いたり電話が鳴り続けます。

これは債務者にとっては精神的にかなり辛いものです。

確かに、お金を貸している側の債権者の気持ちも分かりますが、借金の督促が原因でうつ病になったり、自殺にまで追い込まれる人も。

そんな状況を、精神的にも金銭的にも救ってくれる債務整理。

結論から言うと、正しい方法で債務整理の手続きを開始すると取り立てや督促はすべて止まってなくなります。

現在、厳しい借金の取り立てを受けているのであれば1人で悩むのではなく今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

特に、『すでに取り立ての電話が毎日、留守番電話に入っている。』

『来ていた取り立てが突然来なくなった。』

このような状態の方は、訴訟を起こされる一歩手前まで来ています。

手遅れになる前に、今すぐ弁護士や認定司法書士に相談を行ってください。

法律事務所は、無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると取立てはとまる

『債務整理を、弁護士や司法書士が在籍する法律事務所に依頼をすると、債権者からの督促や取り立ては全てとまります。』

アコムやアイフル等の消費者金融等だけではなく、ローン会社、銀行、クレジットカード会社等、すべての金融業者が対象となり督促が出来なくなります。

債務者の自宅を訪問しての執拗な取り立てや電話での取立ても、法律的にできなくなりますので生活の平穏が約束されます。

まず、債務整理の依頼を受けると、専門家から「受任通知」という書面を債権者に送付します。

ほとんどの場合、郵送する前にまずはFAXで送付します。

その為、遅くとも依頼をした翌日には、債務整理手続きを開始したことが銀行や消費者金融に伝わります。

ケースによっては、相談の直後に弁護士・司法書士から、直接債権者に電話をします。

その場合は、当日には債務整理手続きが開始された事が分かる為、その日のうちに督促は止まるでしょう。

また会社によっては、債務整理をしても、書面で督促状が来ることがありますが、無視して構いません。

これは、督促状の送付をコンピューターで自動化し、支払いが遅れると機械的に、督促状が送られてしまうシステムを採用しているからです。

『法的措置をとります』などの大げさな文言が、書いてあることもありますが安心して大丈夫です。

また、手紙や書類が債権者から送付されてきた場合は、有利に交渉を進められる可能性があるので、すぐに担当の弁護士・司法書士に報告をしましょう。

電話が来ることもありますが督促電話ではない?

ごく稀な例ですが、債権者から督促以外の電話がかかってくることもあります。

これは督促というより、『和解の相談をしたい』という趣旨で、電話をかけることが多いようです。

実際に、電話がかかってきた方の話だと、消費者金融系のグレーゾーン金利に抵触する会社からの電話が多いようです。

特に、100万円を超える様な高額な過払金がでていて、借金がなくなるだけでなく、大きなお金が戻ってくるようなケースでは、『専門家を通さずに和解してもらえませんか?』というお願いの電話の可能性が高いと言えるでしょう。

当然、債権者から電話をかけてきているので、業者の提案は必ずと言っていいほど、お金を借りている人に不利な内容です。

すでに法律事務所に、債務整理の手続きを依頼したのであれば、担当者を信頼して安易に提案には応じないほうが賢明です。

もちろん、内容によっては話を有利に進められるので、すぐに報告をするようにしましょう。

借金問題は時間がたてばたつだけ事態は深刻化していきます。

1人で悩んでいても状況が好転することは絶対にありません。今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

ヤミ金からの借入れは取り立ては止まらないケースも?

債務整理を依頼すると、督促ができなくなるとうのは、法律で定められたルールです。

貸金業者である以上、このルールを守らなければ金融庁や消費者庁から営業停止、業務改善命令等、厳しい処分が待っています。

その為、免許を取得している全ての会社はこの法律をしっかりと守っています。

しかし、貸金業の免許をとらずに貸付けを行っている、いわゆる「ヤミ金業者」から借入れがある場合、このようなルールは通用しないことがあります。

闇金は、そもそも法律のルールの外で営業をしています。摘発されても、代表者には名義人を立てているケースが多く、実際のオーナーが逮捕されることは稀です。

もともと法律なんて通用しない人たちなので、弁護士や司法書士が話し合いを提起しても、相手にさえしないケースも多いです。

債務整理が始まっても、督促電話はもちろん、自宅や職場へ訪問し迷惑行為をすることもあります。

嫌がらせで、家に消防車や大量の出前を注文される。

どこで入手したのかは不明ですが、債権者の近親者に片っ端から連絡をする等々、本当にやりたい放題してきますので、絶対に関わってはいけません。

こうなると家族をはじめ職場にも、バレてしまい被害は甚大です。

なにがあっても、ヤミ金には手をださないように注意する事が重要ですが、すでに手を出してしまっている場合は、隠していても始まりません。

債務整理を依頼中でしたら、すぐに法律事務所と警察に相談をしてください。

スムーズに失敗することなく債務整理を行いたいのであれば、事前に報告をしておくことで、対応がとれることもありますので、隠さずに話すことが大切です。

闇金からの借金については闇金からの借金は債務整理をすることができる?で詳しく解説をしています。

また、すでに闇金融からお金を借りてしまっている場合には下記、警察相談窓口にすぐに相談をする事をおすすめします。

闇金総合受付|警察総合相談電話番号

債務整理と取り立てについてまとめ

しつこい督促や取り立ては、債務整理の手続きを開始すると全てなくなります。

借金の督促は、債務者にとっては非常に辛く厳しいものですし、体や人生に大きな影響を及ぼすといっても過言ではありません。

債務整理をすれば、そんな取り立ても止まるので精神的にも安定した。という方は非常に多いです。

しかし、債務整理の本来の目的は『消費者金融やクレジットカード会社からの督促を止める事ではありません。』

本来の目的は、法律的に認められた債務整理をする事で借金問題を解決し、新しい人生の再スタートを切る事です。

借金問題は後回しにしていても、何も解決しませんし状況は悪くなるだけ。

取り立てが辛いのも一つのきっかけですが、借金問題で悩んだら1人で抱え込むのではなく、今すぐ専門家に相談をしてください。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。