ですが、過払い金請求を考えている人の中には、『過払い金請求をしたらブラックリストに載ってしまったり、お金以上にデメリットが大きいのでは?』と思う方も多いかもしれません。

過払い金請求によって、本来は払う必要が無かったお金を返してもらえるわけですが、過払い金請求を行うことによるデメリットはないのでしょうか?

結論を先に言うと、『完済済みの借金で、専門家にしっかりと依頼をした上で過払請求を行うのであればデメリットはほぼない』といえます。

それでは、完済していない借金ではどのようなデメリットが生じるのでしょうか。

過払い金請求を行う前に注意しておかなければならないポイントはどういった点なのか。

過払い金請求は比較的簡単な手続きと言われており、専門家が正しい方法で手続きを行えば失敗する事はまずありません。

しかし、慎重かつ確実に過払い金請求を成功させるために、重要なポイントは把握しておく必要があります。

また、過払い金には時効があり多くの過払い金が次々と時効を迎えています。

一度、時効を迎えてしまうと過払い金を取り戻すことはできません。

手遅れになる前に、今すぐ確認することをおすすめします。

法律事務所は、無料シミュレーションサイトが便利です。

今回は過払い金請求のメリットとデメリットについて総合的に解説をしていきます。

過払い金請求の完済後のデメリットって?

借金完済後であれば、過払い金請求をすることにデメリットはほとんどありません。

後述していますが、誰もが不安に思う、ブラックリストに載る事もありません。

ブラックリストに載らない。という事は、過払い金請求をした後も、新しくクレジットカードを作ったり、住宅ローンを組んだりする事はできる。という事です。

ですが、完済後の過払い金請求であっても、必ずしもデメリットが無いわけではありません。

唯一、デメリットとして考えられることは『過払い金請求をした会社からの新しい借り入れ』です。

本来、支払う必要が無かった金利を計算をし直し、差額を返金してもらうはずの過払い金請求。

法律的にはお金を借りた側に、落ち度は全くありません。

ですが、会社によってはそれを事故と捉えるケースもあります。結局のところ、お金を貸す貸さないはその会社の判断です。

もし、以前にプロミスからお金を借りていて、プロミスを相手として過払い金請求を行った。

『過払い金請求後、お金が必要になったので、またプロミスからお金を借りようとしたときに、借りられるかどうか?』といった話です。

※プロミスがこのような対応をするというわけではなく、あくまで一例です。

アコム、アイフル、レイクやノーローン等すべての消費者金融に言える事ですのでご注意ください。

消費者金融はいくつもありますので、その会社から借りられないからといって特別困る話でもありませんが、唯一考えられるデメリットですので覚えておきましょう。

消費者金融の借金を過払い金請求するとデメリットがある?

先述の通り、過払い金請求すると、その消費者金融からは新しく借り入れが出来なくなる可能性が少なからずある。

可能性的には低いですが、少なからずこのようなデメリットはあります。

ここでは、消費者金融会社別にもう少し具体的に解説をしていきたいと思います。

また、あくまでも可能性の話であり、必ずしもその消費者金融から借り入れが出来なくなる。というわけではありません。

プロミスの借金を過払い金請求した時のデメリット

三井住友銀行グループのプロミス。

プロミスの借金を過払い金請求すると、三井住友銀行からの借入も難しくなる可能性は少なくともあります。

また、消費者金融のモビットもプロミスのグループ会社です。

アコムの借金を過払い金請求した時のデメリット

三菱UFJ銀行グループのアコム。

アコムの借金を過払い金請求した場合、三菱東京UFJ銀行が手掛けるカードローン、バンクイックからの借入れを注意しておきましょう。

セゾンの借金を過払い金請求した時のデメリット

クレジットカードを手掛けるセゾン。

ショッピング枠でしたらクレジットカードは過払い金が発生しませんが、キャッシング枠はクレジットカードでも過払い金が発生している可能性があります。

パルコや西友もセゾンのグループ会社です。

セゾンアメックスやパルコカード、セゾンカードなどでキャッシング枠を利用していた人も多いかもしれませんね。

しかし、消費者金融や銀行に携わっているという事実は確認できていないので、主に、クレジットカード関係を注意しておけば大丈夫でしょう。

レイクの借金を過払い金請求した時のデメリット

新生銀行グループのレイク。

トマト銀行や東和銀行の信用保証も引き受けています。

一般的に、上記の銀行から借入れをする方は多くはないので特に気にしないで大丈夫でしょう。

このように、一応は注意をしておきたいですが、必ずしもグループ会社からの借入が出来なくなるというわけではありません。

実際に、アコムからの借金を過払い金請求した方が、バンクイックの審査に通ったという話も確認できています。

いずれにしても、繰り返しの通り過払い金には時効があります。

後回しにするのではなく、なるべく早期の段階で確認をし適切な対応をしていくことをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

過払い金請求のデメリットとしてクレジットカードがあげられる

もう少し掘り下げて考えてみましょう。

まず、過払い金請求の大きなデメリットとしてクレジットカードが作れなくなるという可能性があります。

過払い金請求と一緒に、任意整理をした場合は、残念ながらブラックリストに載る事になるので、クレジットカードを新しく作るというのは難しいでしょう。

詳しくは、ブラックリストと債務整理の記事で解説しています。

また、あくまでも可能性の話ですが、クレジットカードについているキャッシング枠を過払い金請求した場合、そのクレジットカードが使えなくなる可能性もあります。

一般的な消費者金融の借金を過払い金請求したところで、クレジットカードを作ったり使う上で、支障はないので安心してください。

クレジットカードと債務整理についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

また、無料シミュレーションサイトでマッチングした法律家に直接、具体的な会社名を出して聞くのも良いでしょう。

過払い金請求のデメリットとして住宅ローンがあげられる

住宅ローンも過払い金請求する事でデメリットとなる可能性があります。

それは銀行系の消費者金融やカードローンを過払い金請求した場合です。

可能性の話で考えると、過払い金請求をした場合でも、その系列の銀行から住宅ローンの借入が出来なくなる可能性は極めて低いでしょう。

しかし、少なからずその可能性はある。という事は覚えておきましょう。

また、過払い金請求だけでは借金が返せず、同時に任意整理をするという場合には、5-7年は住宅ローンの借入は難しくなります。

家族名義で住宅ローンの審査を通す。という方法もありますが、住宅ローンを検討している方は事前に専門家に相談をしておきましょう。

過払い金請求は訴訟をして裁判で返還してもらう方がいい?

一般的に、過払い金請求は裁判所を通さず、消費者金融やクレジットカード会社と直接交渉をして返金をしてもらう事になります。

過払い金請求は専門家に依頼せずに個人でも手続きを行う事は可能です。

しかし、現実的には弁護士や司法書士に手続きをお願いする方がほとんどです。

そうなると、専門家には返還された金額の中から、一定の手数料を支払う必要が出てきます。

『手数料がもったいないから自分で交渉をする。』もしくは、『裁判を起こして返金を請求しよう!』と考える人もいますが、ハッキリ言って無謀と言わざる負えません。

特定調停を行い、その中で過払い金請求も同時に行うという方法もありますが、莫大な知識と時間が必要です。

また、交渉を過払い金返還請求に慣れた消費者金融の専門弁護士を相手に、一般人が交渉するのが難しいのは当然ですよね。

過払い金が発生しているかな?と思ったら弁護士や司法書士に相談をし、対応を丸投げしてしまうのが1番です。

借金返済中に過払い金請求をするデメリット

完済後だったら、過払い金請求にはほとんどデメリットはありません。

気をつけなければならないのが、まだ借金を返済しているケースです。

正確には、債務整理をする事で、過払い金請求だけではなく、任意整理の手続きも一緒に行うとデメリットが生じます。

過払い金請求をするだけではブラックリストに、名前が掲載されることはありませんが、任意整理は別です。

ですが、任意整理にも大きなメリットはあります。

まず、基本的に支払っている金利が今後発生しなくなるので、支払いが非常に楽になります。

すでに返済が遅れていて遅延損害金が発生している場合には、遅延損害金もカットしてもらえます。

また、過払い金を計算した結果、その金額で相殺ができれば任意整理をする必要はなく、ブラックリストに載る事はありません。

いずれにしても、弁護士や司法書士に相談をして、自分のケースではどのような対応になるのかを教えてもらうのが一番です。

過払い金請求にはデメリットだけでなく大きなメリットがある

一度、過払い金請求をした会社から、新しく借金が出来なくなる可能性が少なからずある。という事は解説してきました。

ですが、【過払い金請求】はデメリット以上にメリットが非常に大きい手続きという事は間違いありません。

そのメリットとはずばり、多額のお金が返ってくる可能性が高いこと。

借入れ期間によってその金額は変わってきますが、多い人だとその返金額は、100万円を軽く超え、500万円以上になる事もあります。

さすがに数百万円となると一部の人ですが、費用を差し引いても数十万円程度の返金がされる事は珍しくありません。

過払い金請求の交渉は一般人では難しい

本来は支払う必要が無かったお金を返してもらうのですから、『お金を返してください。』この一言で話が終わればそれはベストです。

しかし、消費者金融は当然、自主的に返金をしようとはしませんし、なるべくなら返金したくない。と考えるのが一般的です。

事実、過払い金請求によって、連日のようにテレビCMを流していた武富士など超大手の消費者金融も倒産しています。

また、多くの大手消費者金融も銀行の傘下となっています。

多くの会社は消費者金融といっても優良企業なので、交渉が全くできず相手にしてもらえない。という可能性は低いでしょう。

しかし、多くの時間とストレスを費やして交渉を行ったのに、結果として交渉が上手く成立しなかった・・・ということは十分にあり得ます。

また、過払請求の前提となる「引き直し計算(すでに支払ってしまったお金を正しい利息で計算し直し、払いすぎた分がいくらかを計算すること)」は法律的な知識のない人が行うのは非常に難しいとも言えます。

誤った計算に基づいて少ない金額を請求してしまい、和解にまで至ってしまうと大損です。

いったん和解が成立してしまうと後から「計算が間違えていたからやり直したい」といっても法律的に認められないので注意しましょう。

繰り返しになりますが、過払い金請求の交渉は弁護士などの専門家に依頼するのが賢明です。

専門家に依頼すると法律事務所に支払う費用は発生しますが、多くの場合は数万円程度の着手金と「成功報酬」という形で費用を支払うこと形です。

費用を差し引いても、依頼者本人にとってはプラスになるケースが大半ですし、実際に、ほとんどの人が専門家に依頼した上で過払い金請求を成功させています。

過払請求をしてもブラックリストには登録されない

先述の通り、『過払い金請求をしたら金融機関のブラックリストにのってしまうのでは?』という心配があります。

詳しい債務整理とブラックリストの関係については、債務整理をするとブラックリストに名前や住所が載るの?を参考にしてください。

ですが、既に対象の借金を完済しているのであれば、過払い金請求をしてもブラックリストに載ることはありません。

厳密に言うと2010年以前は過払い金請求をするとブラックリストに登録されていました。

しかし、2010年以降は金融庁の指示によりブラックリストに登録されないこととなりました。

過払い金請求は単に「自分のお金を取り戻すための手続き」なので、信用情報には該当しないというのが理由です。

これから過払い金請求を検討している方もブラックリストについては、安心して手続きを行って問題ありません。

注意しておきたい事は、現在まだ借り入れが残っている状況で、利息や遅延損害金の減額を行う任意整理を行う場合にはブラックリストに登録される。という点です。

弁護士や司法書士に状況を相談したうえで、リットの方が大きいのであれば任意整理も同時に行い、過払い金請求のみで対応がとれるのであれば過払い金請求のみ。

専門家があなたにとって最善の方法を示唆してくれるので、十分に納得してから最善の形を選んでください。

まとめ

『過払請求は自分で行うこともできますが、法律的な知識のない人が自力で債権者と交渉を行うのは非常に困難』というのが実情です。

過払請求は専門家に依頼することで正確な金額を、顔をあわせることもなく簡単に取り戻すことができます。

テレビやラジオ、雑誌等でも報道されている通り、過払い金請求には時効があります。

そして2016年以降、過払い金請求の時効を迎える人は徐々に増えています。

時効を迎えた過払い金は返金してもらう事は法律的にも出来なくなります。

『過払い金が発生しているかもしれない。』こう思ったら、1日も早く専門家へ相談をする事が重要です。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。