リボ払いがヤバい理由と債務整理で解決する方法

最近では、リボ払いで買い物をする人が増えているようです。

カード会社から「リボ払いへの変更でポイント還元」と案内されたり、「毎月の利用額が一定」というキャッチコピーに誘われて、リボ払いをはじめたという人も多いかもしれません。

たしかに、リボ払いで決済すれば、カード会社からの請求額が「一定額」になるので、「こんなに請求されても支払えない」という心配をしなくて済むメリットがあります。

しかし、リボ払いは、必ずしも安全な支払い方法とはいえません。

実際に、リボ払いを使いすぎて、「返済がいつまでも終わらないリボ地獄」に陥ってしまう人は非常に多いです。

今回の記事では、「リボ払いがやばい理由」と、リボ地獄に陥ってしまったときの解決方法について解説します。

すでにリボ払いに苦しんでいる方、これからリボ払いを使うか迷っている方は参考にして下さい。

また、『リボ払いだからまだ何とか支払いが出来ているけど、普通に返済をしたら確実に生活に影響が出る。』

『月末になると生活費が足りず、カードでしのいだりお金を借りて何とか乗り切る状態が続いている。』

このような状態の方は、既に黄色信号が点滅している危険な状態です。

1人で悩み続けるのではなく、手遅れになる前に今すぐ専門家に相談して下さい。

どの法律事務所に相談をしたら良いか分からない方は匿名で利用できる、無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

「リボ払い」とは?なぜ多くの人がやばい状態になるのか

「リボ払い」とは、「リボルビング払い」の略語で、限度額(極度額)方式の借金や、クレジットカードの契約の場合によく用いられる返済方法です。

リボルビングとは「回転する」という意味ですが、毎月一定額を「返済し続ける」ことで、繰り返し発生する借金やカード利用に対応するということです。

回転リボルバー式の銃が連射可能であることをイメージするとすこしわかりやすいかと思います。

リボ払いは、分割払いと何が違うのか?

「リボ払い」と「通常の分割払い」は、似ているようで違う返済方式です。

分割払いは、購入した商品(借金)の金額と、設定した返済回数に応じて、毎月の返済額が決まる仕組みです。たとえば、10万円の借金(商品)を10回払いで返済すれば、毎月の支払額は1万円ずつとなります。

これに対して、「リボ払い」は、購入した商品(借金)の金額に関係なく、毎月の返済額だけが先に決まっています。つまり、完済するまで設定額を「返済し続ける」ことが、まさにリボルビング(revolving)であるというわけです。

クレジットカードや極度額方式の借金(通常のカードローンはすべて極度額方式の借金です)の場合には、「利用額がその都度変動する(追加の借入・利用がある)」ので、分割払いではなく、リボ払いの方が対応しやすいというわけです。

たとえば、複数の商品を分割払いで決済したときには、それぞれの支払い額が合算されて請求されることになるのに対し、リボ払いであれば、請求は1つになるという違いになります。

「リボ払いにすれば返済額が一定になる(返済額が減る)」のは、複数の決済でも「返済が1本化されるから」と理解しておくと効果をイメージしやすいでしょう。

「リボ払い」がやばい返済方法である理由

リボ払いは、返済が「1つにまとまり」、「返済額も安くできる」ことだけに着目すれば、利用者にとってはメリットしかない決済手段にみえるかもしれません。

しかし、リボ払いは、次のような重大なリスクを抱えた支払い方法であることにも注意しなければいけません。

リボ払いを使いすぎると「利用残額」がわからなくなる

利用状況によっては、返済しても利用残額が増えることもある

毎月の返済額少なければ、完済までの期間も長くなる

完済までの期間が長くなれば、支払う手数料(利息)の総額が増える

「いくら使ったかわからない」のはとても危険

リボ払いが危険な支払い方法であることの理由の第一は、「利用残額を把握しづらい」ことにあります。

一括払いや分割払いであれば、利用件数(額)に応じて、請求される金額も増えるので、「使いすぎ」にすぐ気づくことができます。

他方で、リボ払いでは「毎月の請求額が一定」なので、「使いすぎに気づけない」ことが少なくありません。

特に、最近は、ペーパーレス化が進んだことで、カード会社からの請求書もWEB発行となっている場合がほとんどです。

そのため「請求書を確認していない」という人も増えていると思います。

リボ払いであれば、決まった額を入金しておけばよいので、請求書を確認する必要性も低くなるからです。

しかし、「利用額を把握できていない」とても危険です。

実際にも、クレジットカードの返済に行き詰まっている人には、「一括払い」、「分割払いで返済している人よりも、「なんでもリボ払いで決済」、「利用残額を把握できてない」という人の方が多いといえます。

リボ払いは、上手く金銭感覚を麻痺させるように出来ていると言っても過言ではありません。

気がついた時には、自力で完済するのは厳しい金額になっていて長く利息だけを支払い続けるような状態になってしまいます。

こうなると、借金は雪だるま式に増え続け事態は深刻化していきます。

借金が増え続け、いよいよどこからも借りられなくなると最終的に待っているのは闇金です。

実際に、闇金に手を出してしまい家族をも巻き込み全てを失ってしまう人は少なくありません。

借金問題は早期の段階であれば、問題を解決するのはそれほど難しいことではありません。

1人で悩み続けるのではなく、自力で完済するのは厳しいと感じた時点で1日も早く専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

リボ払いは利用残額が減るどころか増えていく

リボ払いは、「毎月の返済額が1万円~3万円」程度に設定されていることがほとんどです。

カード会社などによっては、基本額が5,000円程度ということころもあるかもしれません。

したがって、毎月のカード利用額が多いときには、リボ払いでの返済額よりも、新規の利用額の方が大きくなる可能性もあります。

「リボ払いがいつまでも終わらない」という人の多くは、だいたいがこのパターンになっています(そういう人の多くは、利用明細の確認もしていないようです)。

「返済額が少ない」ことは、リボ払いがやばい最大の理由

「返済額が少ない」ということは、リボ払いが「やばい返済方法」である最大の理由といえます。

返済額が少ないことは、利用残額がなかなか減らない(むしろ、返済しても増えてしまう)だけでなく、次の点でも、利用者にとって不利だからです。

完済までの期間がない

毎月の手数料(利息)が高額

返済額が少なければ、完済までの期間が長く、その間はずっと手数料(利息)を支払うことになることは、当たり前のことといえます。

しかし、実際には、その当たり前のことを「大きな問題・デメリット」として捉えられている人が少ないのです。

借金やカードの返済に行き詰まってしまう人には、「自分が支払っている利息・手数料の負担」に無頓着な人が多いからです。

リボ払いにすると負担が大きいことは、具体例を出して計算してみるとわかりやすくなります。

ここでは、20万円の買い物(借金)を5回分割、10回分割、毎月1万円のリボ払いでそれぞれ返済した場合で比較してみると下の表のようになります。

返済方法 毎月の返済額(返済回数) 完済までの手数料(利息)総額
5回分割 4万円+手数料(5回) 9,450円
10回分割 2万円+手数料(10回) 15,661円
リボ払い 1万円+手数料(20回) 28,188円

※手数料(利息)は、年15%で計算

5回分割とリボ払いでは、完済までに支払う手数料(利息)の総額は、3倍も違うのです。

上記の例は、途中での追加利用がまったくない場合を想定しています。

毎月一定額以上の利用があれば、リボ払いの完済は、さらに遅くなり、手数料を支払い続けなければなりません。

リボ払いは、返済をし続けるだけでなく、手数料(利息)を打たれ続ける仕組みでもあるのです。

いずれにしても、借金問題は早期の段階で解決してしまうのが1番です。

1人で悩み続けていても状況が好転することは絶対になく、事態は深刻化するだけです。

後から取り返しのつかない状況になる前に、今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

「元利方式」が採用されると手数料・利息の負担はさらに増える

「リボ払い」というとクレジットカードを連想する人が多いと思いますが、消費者金融・銀行のカードローンの返済方式にも「リボ払い」が採用されています。

カードローンのほとんどすべては「極度額方式」なので、追加の借入を念頭においているからです(自動車ローンのような「目的額を1回貸し付けるだけ」の借金の方法のことを「証書貸付」と呼びます)。

カードローンのリボ払いでは、「元利方式」が採用されているため、利息の負担はさらに重くなってしまいます。

「元利方式」とは、毎月の支払額の中から利息を差し引く方法のことをいいます。これに対して、上の表で紹介した「返済額とは別に手数料(利息)を請求される方法」を「元金方式」と呼びます。

元利方式は、毎月の支払額を抑えることができますが、その分だけ、借金が減りづらく、返済期間も長くなります(支払う利息・手数料の総額が増えます)。

クレジットカードのリボ払いは、元利方式・元金方式の会社の両方が存在します(大手カード会社は元金方式のところが多いようです)。

「リボ払いの利用額が減らない」と感じたときには、支払方式を確認してみるのもよいかもしれません。

「リボ地獄」を陥ったときの解決方法

リボ払いは、便利な方法であると同時に、とてもリスクの高い支払い方法であるともいえます。

カード会社がやたらとリボ払いを勧めてくるのは、「お客さんの負担を減らしたい」からではなく、「自社の利益を大きくするため」です。

カード会社の利益が大きくなるということは、それだけカード利用者の負担が大きくなっているということを、絶対に忘れるべきではありません。

「リボ払いがいつまでも終わらないリボ地獄」の原因は、利用(残)額に対して「返済額が少なすぎる」ことが原因のほとんどです。

したがって、リボ地獄に陥ってしまったときには、「返済額を増やす」ことで対応するのが最も基本的な対処法となります。

関連記事⇒借金地獄から抜け出したい!債務整理で現状を逆転する方法まとめ

リボ払いの返済額を増やす方法

リボ払いの返済額を増やすには、次の2つの方法があります。

リボ払いの支払い設定額を高くする

約定返済とは別に繰り上げ返済を実施する

金融機関によっては、予め契約で設定した返済額を事後に返済できる場合があります。

この設定額をいまよりも高く変更すれば、当然借金・カード利用残額を早く減らすことができます。

特に、毎月コンスタントにクレジットカードを利用している人の場合には、毎月の平均的な利用額合計よりも、返済額が大きくなるように設定しておくべきでしょう。

利用額よりも返済額が少なければ、「絶対に完済できない(永遠に手数料を支払わされる)」からです。

また、設定額の変更が難しいときには、約定返済(決められた支払い日の返済)とは別に、追加の返済を行うことができます。これを「繰り上げ返済」とよんでいます(金融機関によっては、随時返済などの別の呼び方をしている場合もあります)。

繰り上げ返済の効果は、一般の人が思っているよりもかなり大きいです。

消費者金融のプロミスから年17.8%で50万円借金した場合を例に説明してみましょう。

年17.8%の借金の返済額は、月13,000円に設定されています。リボ払いの返済額は、適用利率(手数料率)に応じて決まるのが一般的だからです。

この場合に完済まで支払う利息の総額は、246,000円です(返済期間58ヶ月)。

これを毎月7,000円の繰り上げ返済を実施して、月2万円ずつ返済すれば、利息の総額は、129,000円まで圧縮することができます(返済期間32ヶ月)。

月7,000円の繰り上げ返済を実施するだけで、支払う利息(手数料)は、半分近くになるのです。

返済額を増やせないときには債務整理することも考えましょう

「リボ払いの支払いは辛いけど、繰り上げ返済もできない」という状況は、とても危険です。

毎月5,000円、1万円の繰り上げ返済も実施できないほど家計に余裕がないことは、すでに借金やカードの返済が行き詰まっている可能性が高いからです。

多額の借金やクレジットカードの残額は、返済に行き詰まると、自力で解決することは難しい場合がほとんどです。

短期的に収入を増やす、支出を減らすことは、実際には簡単ではないからです。

繰り上げ返済が実施できないときには、「債務整理」で、借金やクレジットカードの残額を解決することも検討しましょう。

債務整理を行えば、いま抱えているやばいリボ払いの返済負担を必ず軽くすることができるからです。

とはいえ、「債務整理する」ことには抵抗を感じる人も多いでしょう。

しかし、借金やカードの返済を滞納してしまえば、債務整理をした場合以上に大きなデメリットが生じてしまう可能性があります。

また、返済が出来ないことで、精神的に追い詰められることで、より危険な取引に手を出してしまうリスクも高くなります。

たとえば、自転車操業やヤミ金、クレジットカードの現金化といった問題のある対応のほとんどは、「目前に迫った返済日を何とか乗り切りたい」という焦った気持ちが原因となっている場合が少なくありません。

「債務整理を弁護士・司法書士に頼めるだけのお金がない」という場合でも問題はありません。

債務整理の相談は、ほとんどの事務所では無料相談が実施され、費用も分割で支払うことができるからです。

弁護士・司法書士に債務整理を依頼すれば、「借金の取り立て」も完全にストップし、毎月の支払いも一時的にストップさせることができます。

辛くてやばいリボ払いから1日も早く解放されるには、債務整理にがベストな対応です。

まとめ

リボ払いは、便利さと「やばさ」が混同した仕組みです。

多くの人は、「リボ払いがやばい」ということに気づかないまま、「支払い額が一定だから」とついカードで多くの買い物をしてしまいます。

「毎月支払っているのにちっともリボ払いが終わらない」と感じたときには、利用残額が膨らんでいる可能性がかなり高いといえます。

多くの選択肢を残すためにも、コストやデメリットを最小限にしてリボ払いを解決するためにも、「返済が苦しい」と感じたときには、できるだけ早く弁護士・司法書士に債務整理の相談をしましょう。

債務整理なら横山法律事務所

横山法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、数百件の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

横山法律事務所の無料相談はこちらです。