銀行からの借金やローンは債務整理をする事ができる?

最近では、住宅ローン以外にも気軽に借りやすいカードローンを扱っている銀行が増えました。

また、総量規制により消費者金融では、年収の3分の1までしか借り入れができなくなり、銀行から借り入れる方が急激に増えた影響も大きいでしょう。

銀行からの借金は、消費者金融に比べると金利も安いし、安心かもあります。

しかし、そんな安心感からついついお金を借りすぎてしまい返済が出来なくなる人は多いです。

そんな時に考える債務整理ですが、銀行からの住宅ローンやおまとめローン、カードローンは債務整理をする事はできるのでしょうか。

結論から言うと、銀行を相手として債務整理をする事は可能です。

しかし、正しい方法で債務整理手続きをしないと状況が悪くなってしまう可能性も否定できません。

今回は、銀行からの借金を正しく債務整理する方法を解説していきます。

また、『借金を返済するため、他の銀行や消費者金融からお金を借りている。』

『給料が出ても返済でほぼ消えてしまい、月末になると結局、また借りてしまう。』

このような状態まで状況が悪化している方は既に黄色信号が点滅している状態で、その借金を完済するのはまず無理です。

手遅れになる前に今すぐ、1日でも早く法律事務所に相談をしてください。

どこの法律事務所に相談をしたら良いか分からない方は、無料シミュレーションサイトの利用が便利で簡単です。

それでは解説をしていきます。

銀行からの借金を債務整理するデメリットと注意点

消費者金融からの借金とは違い、銀行から借入をしている場合気を付けておかなければならない事があります。

銀行を対象に債務整理を行うと、銀行口座を凍結される可能性があります。

これは、みずほ銀行や三菱東京銀行UFJ銀行などのメガバンクだけでなく、横浜銀行や静岡銀行などの地方銀行でも同様です。

また、ジャパンネット銀行や楽天銀行、オリックス銀行などネット取引を中心としている銀行にも同じことが言えます。

いわゆる【口座凍結】という事態が生じ、自分の都合で口座からお金を引き出したり、電気、ガス水道光熱費など、生活に必要な支払いの口座振替もが出来なくなります。

もし、債務整理を行う予定の銀行口座に残高が残っているのであれば、手続き前に対象の口座からお金を引き出しをしておきましょう。

これは、任意整理、自己破産、個人再生どの手続きを選択した場合も同様です。

ちなみに、これを「口座調整」と言います。

また、勤めている会社の給料の振込先が対象の場合は、給料が振り込まれると同時に銀行にお金を差し押さえられてしまう可能性が高いので、事前に変更をしておきましょう。

ですが、勤務先の会社から銀行を指定されている場合がある方も多いでしょう。

ここで銀行への債務整理と、給与の振り込み問題が生じます。

会社から銀行を指定されているのに急に、『振込先を変更してください。』とはなかなか会社に言いづらいですよね。

この場合、依頼した弁護士や司法書士から銀行に直接交渉をしてもらう方法があります。

大抵の場合、給与先を指定している会社はその銀行が、メインバンクとなっているケースが多いので、支店長に専門家から事情を説明すれば相談に乗ってもらえるケースが多いでしょう。

銀行も勤務先の会社との関係があるので、簡単に給料の差し押さえはできません。

自分で銀行窓口に相談に行ったところで、まず話を聞いてもらうのは難しいので、必ず専門家へお願いしてください。

また、借金問題は時間がたてばたつだけ状況は悪化するだけです。

『借金の返済が厳しいかな?』と思った段階で、多くのケースでは自力で借金を完済するのはほぼ不可能と言っても過言ではありません。

手遅れになる前に1日でも早く法律事務所に相談をして下さい。

匿名で利用できる無料シミュレーションサイト⇒

債務整理後は他の銀行で新しい口座は作れなくなる?

銀行を相手に債務整理をすると、他の銀行の口座を作ることが難しくなったり、他行が発行しているカードローンの審査には影響が出るのか。

このように、他銀行への影響を不安に思う方も多いです。

まず、特定の銀行を相手に債務整理をしても、他銀行の口座への影響は全くありません。

例えば、りそな銀行を債務整理の対象としても、みずほ銀行や、三井住友銀行などメガバンクでも新規口座は問題無く開設する事ができます。

また、ゆうちょ銀行やJAバンクなど公共性の強い銀行の口座も問題なく開設できます。

すでに他の銀行口座を持っていても凍結される事はなく、そのまま使い続けることができます。

債務整理後、他銀行のカードローンや住宅ローンへの影響は?

債務整理をすると、一定期間ブラックリストに名前が登録されることになります。

ブラックリストに名前が載ると、銀行だけではなく消費者金融やクレジットカード会社から新規借入をする事は難しくなります。

しかし、一生、銀行と取引が出来なくなるわけではありません。

5-10年経過すれば、個人信用情報機関の情報は消え、ブラックリストからも名前は無くなります。

そうなれば、新しく住宅ローンやマイカーローンを組んだり、カードローンを利用する事も可能になります。

万が一、名前が消える前にどうしてもお金が必要になった場合には、2つの方法を利用する事で解決する事ができます。

配偶者や両親の名義でローンを組む
アメックスなど審査が通る可能性があるクレジットカードを申し込む

債務整理をした後、数年間は自分への戒めとしてなるべく借金はしない方が良いのは間違いありません。

しかし、どうしてもお金が必要になる事もあるでしょう。

そんな時には、この2つの方法で一先ずお金を用意できる可能性もあるので覚えておくと良いでしょう。

また、アメックスに関しては私の身近な人で、債務整理後5年が経過する前に審査に通った人がいますが、確実な方法ではありません。

あくまで、最後の手段として考えておきましょう。

銀行の借金と債務整理まとめ

メガバンクや地方銀行に関わらず銀行からの借金は債務整理をする事が可能です。

また、消費者金融やローン会社と同じようにデメリットも他の金融機関と変わりません。

『将来の住宅ローンやマイカーローンに影響が出てしまうのでは。』という不安から、銀行は除外して債務整理をしたい。という方がいらっしゃいます。

ですが、メリットとデメリットのバランスを総合的に考慮すると、銀行を対象外にする意味はありません。

しかし、現在借金をしている銀行との関連性が高い方は別です。

その場合には、勤めている会社や将来への影響も考慮して対策を考える必要性があります。

借金は『厳しいけど、まだ何とかなるかな?』と思っている時には、すでに完済は不可能になっているケースがほとんどです。

1人で悩んでいても何も始まりませんし、状況は悪化するだけ。

手遅れになってしまうその前に、今すぐ弁護士や認定司法書士に相談を行い、借金問題解決の第一歩を踏み出しましょう。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。