『債務整理をすると、どれくらいの期間、ブラックリストにその情報が掲載されるのでしょうか。』

掲載される期間は、債務整理の手続き内容や個人信用情報機関によっても異なります。

一般的には5-10年ブラックリストに載る事になっています。

今回は、手続き別ブラックリストに載る機関とその間の対策について解説をしていきます。

ブラックリストは債務整理をする上でも絶対に知っておくべき、重要なことです。

参考にしてください。

また、『複数社から借入があって、毎月利息だけ返済しているような状態が1年以上続いている。』

『現実的に考えて、自力で借金を返済するのは厳しいのは頭の中では分かっているけど問題を先送りしてしまっている。』

このような状態まで状況が悪化している方は、既に黄色信号が点滅している危険な状態です。

1人で悩んで、手遅れになる前に今すぐに法律事務所に相談をして下さい。

法律事務所は、簡単に利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

債務整理の事故情報は何年間ブラックリストに掲載されるの?

債務整理をするとJICCやCICの場合は5年間、その情報が掲載されます。

消費者金融や銀行を相手に債務整理をすると、任意整理の場合は5年間情報が消えません。

期間がたてば情報は消えるので、新しくクレジットカードを作ったりローンを組む事も可能です。

詳しくは債務整理とクレジットカードの記事を参考にしてください。

次に、自己破産や個人再生について見ていきましょう。

自己破産や個人再生の場合は、任意整理のように5年と決められているわけではなく『10年を超えない期間』とされています。

7年の場合もありますし、8年、9年のケースもあります。

一般的には7年と言われていますが、自己破産のケースでは10年と考えていた方が良いでしょう。

ブラックリストから名前が消えるのはいつから換算するの?

名前が掲載される期間については5-10年と解説をしてきました。

次に気になるのは、『いつから5年なの?』という問題でしょう。

これは登録される個人信用情報機関によって、それぞれ異なります。

JICCは「発生日」、つまり破産手続きを始めた時から5年間。

CICは「契約終了」、これは破産手続きで免責をえてから5年という事です。

銀行の場合は、破産手続開始決定の日、つまり裁判所が正式に破産手続きを始めると決めてから10年とされています。

JICCよりは遅く、CICよりは早く期間のカウントが始まります。

それぞれ、微妙に期間の開始日が異なりますが、一番遅いのはCICといえるでしょう。

任意整理の場合で言えば、「完済から5年」という事になります。

厳密にいえば、その前にJICCの情報は消えている可能性があるのですが、JICCとCICは情報交換をしています。

自分の信用情報がどのように登録されているのか、気になる方は多いでしょう。

今では、比較的簡単に開示請求をすることができるようになっているので、債務整理をする前に一度取得する事もできます。

開示請求の仕方は、それぞれの機関のホームページに詳しく掲載されているのでそちらを参考にしてください。

JICC公式ホームページ
CIC公式ホームページ

いずれにしても、債務整理後の影響については専門家に現在の状態を話した上で実際に説明してもらうのが1番の方法です。

1人で悩み続けるのではなく、まずは1日も早く相談することから始めて下さい。

今すぐ専門家に相談する⇒

どの信用情報機関に登録されているか分からない方は借金の種類を目安に

ブラックリストの種類は、銀行系とそれ以外に大きく分かれます。

「それ以外」の代表格が、日本信用情報機構(略称:JICC)とシー・アイ・シー(略称:C・I・C)です。

JICCは消費者金融業者が中心として発展してきた組織。

C・I・Cはクレジット・信販会社が中心となって発展した組織ですが、現在では両方に加盟している会社も多く、両者の区別は曖昧になってきています。

また、相互に情報交換を行っており、一方しか加盟していないクレジットカード会社でも、他方の情報の一部を閲覧する事ができるようになっています。

もちろんいずれに登録されていても、住宅や車のローンは組む事は難しいでしょう。

ローンだけでなく、プロミスやアイフル、アコム、レイクといった消費者金融。

エポスカードや楽天カード、パルコカードなどクレジットカードを作る事も難しいのが実情です。

自分が持っているカード会社がどちらのブラックリストに加盟しているかはネットで簡単に調べることができます。

『カード会社名 約款(ヤッカン)』などで検索してみましょう。

また、相談時に弁護士や司法書士に直接聞けば把握している事が多いので教えてくれます。

消費者金融やクレジットカード会社だけではなく、銀行にもブラックリストがあります。

全国銀行協会(全銀協)と呼ばれる組織が、その役割を担っています。

全銀協は、銀行が加盟する一般社団法人です。

JICCやCICと異なり、信用情報の管理を主な目的としているわけではありませんが、下部組織に「全国銀行個人信用情報センター」という機関があり、ここで信用情報の管理を行っています。

債務整理をしてブラックリストに登録されている期間まとめ

ブラックリストに名前が載っている期間は、債務整理の手続きや個人信用情報機関によって異なります。

任意整理の場合は5年。

個人再生や自己破産の場合には7-10年と考えておきましょう。

ここで重要なのが解消、もしくは手続きの開始から期間が換算される。という事。

つまり、放置したままにしているといつまでたってもブラックリストに名前が乗り続けている事になります。

ちなみに、延滞の場合でも解消するまで1年ほど事故情報は掲載されます。

すでに延滞をしている人は事故情報は登録されている。と考えて間違いありません。

いずれにしても、借金問題は問題を先送りにしてしまうのが1番よくありません。

『返済が厳しいな・・・。』

『毎月、返済だけで給料がほとんど終わってまた借りてしまう。』

このような状態になっている方は、すでに黄色信号が点滅している危険な状態です。

今すぐ、弁護士や認定司法書士に相談を行い、借金問題解決の第一歩を踏み出してください。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。