任意整理のメリットとデメリット

『任意整理ってどんな手続きなの?』

『任意整理という仕組みは聞いた事あるけどどんなメリットやデメリットがあるの?』

数ある債務整理の手続きの中でも、最も簡単にできる手続きで難易度も低いとされているのが任意整理です。

自己破産や個人再生と違い裁判所を介さずに、消費者金融や銀行、クレジットカード会社と交渉をして借金問題を解決することが出来るのも特徴の1つです。

実際に、多くの方が任意整理を使って合法的に借金問題を解決することに成功しています。

さらに過払い金が発生している場合借金問題が解決するだけでなくお金が戻ってくる可能性もあります。

今回は、任意整理のメリットとデメリットについて詳しく解説をしていきます。

また、結論から言うと借金問題で悩んでいるのであれば早期の段階で任意整理をすることで問題解決してしまうべきです。

借金問題は時間が経過すればするだけ、問題は悪化するだけで状況が良くなることは絶対にありません。

実際に早期の段階であれば任意整理で解決できたのに、問題を後回しにした結果自己破産しか選択肢がなくなってしまった。

このような方は非常に多いです。

『複数社から借入をしていて、借金を借金で返済するような生活が1年以上続いている。』

『現実的に考えて、今の収入で借金を返していくのは厳しいのは分かっているけど放置してしまっている。』

このような方は既に黄色信号が点滅している危険な状態です。

手遅れになる前に、1日でも早く法律事務所に相談をしてください。

法律事務所選びは、チャット相談の利用が便利で簡単です。

それでは、任意整理について解説をしていきます。参考にしてください。

任意整理はどんな手続き?メリットとデメリット

債務整理の1つである「任意整理」は、消費者金融や銀行、クレジットカード会社等の債権者側と、直接交渉を行うことによって、利息や遅延損害金などを免除してもらう方法です。

『借金の金額が比較的少額な人や、家族には絶対に借金の存在を知られたくない。』という方にも適した方法です。

実際に、多くの人が任意整理を選択する事が多く、任意整理によって借金問題を解決しています。

また、後述する過払い金請求と一緒に手続きを行う事が多いのも特徴の一つです。

任意整理=利息や遅延損害金をカットしてもらう方法

任意整理は正確には、借金をまけてもらうのではなく、債権者側と交渉して【新しい契約】を結び直す方法です。

交渉によってこれまでの契約は解消し、【和解契約】として新たに、債権者側と契約を結び直すことになります。

多くの場合は、『これから発生する将来の利息を、免除してもらう。』という形で契約がまとまります。

利息が無くなるだけ?と思う方もいますが、元本だけの支払いになると返済は非常に楽になります。

実際に、『借金を返しても返しても全く減らない!』という人が多いのは利息があるからです。

100万円を借りていたとすると、単純計算で年間18万円も利息を支払っている計算になります。

特別収入が多い人でない限り、元金を減らすのは簡単な事ではないのです。

任意整理とセットで行われる過払い金請求

任意整理と切っても切り離せない関係なのが、過払い金請求です。

テレビやラジオでもよく目にする事が多いので名前をしっている方も多いでしょう。

消費者金融からの借金の場合、過去数年間にわたって、借金の返済をし続けている方は「過払い金」が発生している可能性が非常に高いです。

利息は法律で上限額が定められているため、上限額を超える契約となっている場合には、過去に支払ってしまった余分なお金を「過払い金」として返してもらうことができるのです。

俗にいう、グレーゾーン金利というやつですね。

専門家に任意整理を依頼すると、過払い金の返還請求も同時進行で行ってくれるので特別何かをする必要もありません。

また、長期に渡って借金をしていた方の場合、過払い金の金額が100万円単位の大きな金額になっているケースも少なくないでしょう。

その結果、過払い金との相殺で借金が無くなるどころか、お金が返ってきた。というケースも多いです。

いずれにしても、借金問題は時間がたてばたつだけ事態は深刻化し任意整理での解決は難しくなっていきます。

逆に言えば、任意整理で解決できる段階であれば、問題を解決するのはそれほど難しいことではありません。

事態は深刻化させてしまう前に、1日も早く専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

任意整理のデメリット

任意整理は、裁判所を通さずに債権者と交渉を行います。

個人再生や自己破産など、他の債務整理と比べると簡易な手続きなので、かかる期間も1ヶ月半から長くても3ヶ月程度と短期間で済むというメリットがあります。

しかし、反対にデメリットももちろんあります。

任意整理の主なデメリットは3つあります。順番に見ていきましょう。

任意整理は元本までは減額してもらえない

任意整理のデメリットの1つに、借金の元本までは減額してもらえないことがあげられます。

裁判所が介入しない任意整理は、債権者側の同意がないと成立がしません。

多くの場合は『利息や遅延損害金の免除』という形で、交渉がまとまることが多いのです。

ちなみに、個人再生自己破産では、裁判所が認さえすれば債権者の同意が無くても、借金を減額する事が可能です。

任意整理をするとブラックリストに載る

任意整理をすると、原則として信用情報(ブラックリスト)に事故情報が記録されますので、その覚悟は必要です。

ブラックリストに名前が載ると、5-10年間はクレジットカードを作ったり新しくローンを組む事はできません。

ブラックリストについては債務整理をするとブラックリストに名前や住所が載るの?で詳しく解説しています。

これは、個人再生や自己破産にも言える事ですが、デメリットの一つとして認識しておく必要があります。

専門家でないと債権者との交渉が難しい

任意整理の交渉は、債務者本人が行うのが非常に難しいのもデメリットの一つです。

法律上は自分で任意整理を行ってもいいのですが、法律知識のない人が「お金のプロ」である銀行や消費者金融と対等に交渉するというのは、現実的ではありません。

もちろん、法律上は自分で行うことも可能です。

どうしても自分で手続きを行いたい場合は、必ず裁判所に相談を行ってから手続きをする事をお勧めします。

その際には裁判所が提供している、債務を整理するための裁判所の手続についてが参考になります。

実際には自分で任意整理をするメリットほぼ無く、ほとんどの人が弁護士や司法書士事務所に相談をして任意整理を成功させています。

任意整理の最大のメリットと過払い金請求

任意整理は、『金利や遅延損害金を減額してもらい、返済がしやすくなる』のが一番のメリットです。

また、先述した過払い金請求も人によっては任意整理をする大きなメリットになります。

平成19年以前の借入れをしている場合には、過払金で借金をゼロにできる可能性も十分にあり得るでしょう。

また、過払い金請求で全額完済できる場合には、信用情報に与える影響もありません。

過払い金請求だけではブラックリストに名前が載る事もなく、ほぼ理想の形で借金問題を解決する事が可能です。

任意整理はケースによってはしなくても良い場合も

多くの人の場合、任意整理は、一生に1回やるかどうかという手続きです。

インターネットや本を買って調べても専門的な記述ばかりで、理解できない人も少なくはありません。

『具体的にどのようなことをするのか、債務整理後にどのようなリスクがあるのか、報酬はいくら払えばいいのか。』いろいろ不安な事もあるでしょう。

今は貸金業者に直接話しても、支払い条件の緩和に応じる会社もありますから、無理に任意整理しなくても良いケースもあります。

先述の通り、過払い金請求だけで問題を解決する事もあるでしょう。

しかし、『実際に任意整理をする。しないの判断は一般の人では難しい』のは当然です。

必ず専門家と相談のうえ方向性を決めるようにしてください。

任意整理の具体的な手続きの流れについて

任意整理は手続きの流れも非常にシンプルでスムーズです。

手続きを行うまでは、人生の終わりのような顔をしている方も多いですが、実際に手続きを行うとあまりの簡単さに拍子抜けする方もいます。

法律事務所に相談をする

まず、弁護士や、司法書士が在籍する法律事務所に相談を行います。

多くの法律事務所では相談は無料で、メールや電話での相談を経て実際に法律事務所に足を運ぶ事がほとんどです。

任意整理の依頼をする

弁護士や認定司法書士に相談を行い、『任意整理が最適。』と判断されれば実際に依頼を行います。

この時点で、受任通知が各、債権者に送付され取り立てや督促を受ける事は無くなります。

専門家が債権者と直接交渉を行う

依頼を受けた法律家は、依頼者の取引状況が正確に記録された書面を、債権者から取り寄せ、過払金が出ていないかどうか確認します。

その上で、月々いくらなら返済にあてられるのか、依頼者からヒアリングし、その額を債権額に応じて算出します。

例えば、A社から10万円、B社から20万円借りていて、月々3万円なら返済にあてられるとしましょう。

この場合、A社に月1万円の10回払い、B社に月2万円の10回払いで交渉をします。

更に金利や遅延損害金が発生していれば、債務者が返済しやすいように、減額や撤廃を交渉します。

債権者との調整が終了すると、和解成立ということになり、依頼者に和解書を送付して手続きは完了します。

裁判所も介入しません。

法律事務所に費用を支払う

任意整理には法律事務所に支払う費用が発生します。

債務整理を検討している人の場合、多くのケースで金銭的な余裕が無い事がほとんどです。

このような事情から、ほとんどの法律事務所では、後払いや分割払いが出来るようになっています。

法律事務所と、費用の支払い方法を決めたらそこで手続きは完了となります。

一括払いの場合は費用を支払って終了。

分割払いの場合は、法律事務所に指定された方法で月々の返済をしていくことになります。

また、過払い金請求によって費用を相殺できる。というパターンもあります。

任意整理の基本的なイメージはこのような感じです。

詳しい流れについては、債務整理はどのような流れで行われるの?を参考にしてください。

理不尽な主張をしないかぎり、債権者も専門家もおおむね事務的に対応し、感情的になることはありません。

対応する会社の数にもよりますが、1-3カ月もあれば交渉は簡単にまとまってしまいます。

任意整理の報酬はどのくらいが相場?

任意整理の成功報酬は、法律事務所によってまちまちです。

専門家に現在の借入状況や借入年数を相談の際に、任意整理によってどれだけメリットが得られるのかをヒアリングしましょう。

その金銭的なメリットと、報酬のバランスがとれていれば問題ないでしょう。

債務整理の費用の相場については、債務整理や過払い金請求の着手金や報酬の費用はどれくらい?を参考にしてください。

ポイントとして挙げるのであれば、どれくらまで分割が可能なのか、遅延損害金を負担しなければならないのか、の2点でしょう。

この点は、返済をしていく上で重要なのですが、法律事務所によってかなり差が出るところです。

任意整理の場合、どの法律事務所で債務整理を行っても元金は払うのが通常です。

問題は利息や遅延損害金の免除をしっかりと交渉してくれるのかどうか。という点です。

任意整理をすると一旦、支払いが止まりますが、その分の利息や遅延損害金に関しては発生し続けます。

この遅延損害金を、まるまる元金にのせられ、任意整理をしたら、借入れが増えたというのではメリットは半減してしまいますよね。

また、分割回数によっては、借金の総額は減っても、月々の支払額が増えてしまうことがあります。

以上の2点は見逃してしまいがちなポイントでもあります。

専門家に相談をするときに、事前に確認しておくと予想外の事態を回避することができるので覚えておいて下さい。

また、良い法律事務所を探す事は、意外と難しいものです。

債務整理を全く専門としていなかったり、そもそも交渉力が無い可能性もあります。

法律事務所探しをする時は、債務整理になれた専門家に依頼をするのが間違いありません。

任意整理のメリットとデメリットまとめ

任意整理は、比較的短期間で借金の減額ができ、専門家への費用も他の債務整理に比べて安く済む方法です。

そのため、債務整理の中ではもっとも利用者が多い手続きとなっています。

自分が、どの債務整理の方法を選択するべきか?については、自己判断では思わぬ損失を追ってしまう可能性もあります。

任意整理が良いな。と思っていても個人再生の方がメリットが大きいケースもあれば、そもそも任意整理をする必要がない。事もあります。

いずれにしても、債務整理はどの方法を選んだら良いのか専門家に相談を行い判断してもらうのが一番です。

そして、借金問題は放置してしまうのが最もよくありません。

借金問題は時間と共に、状況は悪化するだけで選択肢は減っていきます。

本来、任意整理で解決できたものが、自己破産しか選択肢が無くなる可能性も十分にあるでしょう。

まずは、1人で悩むのではなく手遅れになる前に弁護士や認定司法書士に相談を行ってください。

1日も借金解決に向けて第一歩を踏み出す事が、非常に重要です。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。