自営業者の借金は債務整理することができる?

『自営業者が債務整理をすると、仕事や生活にどんな影響が出てしまうのだろうか・・・。』

『債務整理をすることで、自営業を続けることが出来なくなってしまうのではないか。』

このように、自営業者の方の借金問題はサラリーマン以上に慎重になるものです。

自営業者の収入は、時期によって大きく左右されるので会社員と比べて安定しづらい傾向にあります。

ギャンブルや生活費だけではなく事業の影響で、返済が困難な借金を抱える自営業者の方も増えています。

そんな時に考える債務整理ですが、自営業者が債務整理によって借金問題を解決することは可能なのでしょうか。

自営業者であっても、個人的な借金・事業資金に関わらず債務整理をする事はもちろん可能です。

ただし、自営業者の方の場合サラリーマンのケースとは状況も変わってきます。

消費者金融や事業者向けのビジネスローン会社から事業資金を借り入れているケースも多いので、金額も比較的大きくなることが珍しくありません。

借り入れ先も消費者金融だけでなく、銀行や日本政策金融公庫など、公的な機関による融資まで多岐に上ることが多いのが特徴です。

自営業者の場合、サラリーマンよりも慎重に早く正しい方法で手続きを進める必要があります。

結論、自営業者の借金問題は先送りにして取り返しがつかなくなる前に1日も早く専門家に相談することが鉄則です。

借金問題は時間の経過とともに状況は悪くなるだけで、問題が好転することは絶対にありません。

実際に、早い段階であれば比較的簡単に問題を解決できたのに放置した結果、最悪の結末を迎えてしまった方は少なくはありません。

『頭の中では現実的に自力で借金を返済するのは厳しいと分かっているけど、一歩が踏み出せない。』

『借金を返しては、借金をするような自転車操業状態がずっと続いている。』

このような状況が続いているのであれば、その借金問題を自力で解決する事はほぼ不可能です。

手遅れになる前に、1日でも早く今すぐ法律事務所に相談をしてください。

法律事務所選びは匿名で利用できる無料シミュレーションサイトが便利です。

それでは、自営業と債務整理について解説をしていきます。参考にしてください。

自営業者が債務整理をすると事業はどうなる?

債務整理を行うと個人信用情報機関に登録され、俗にいうブラックリストに名前が載ります。

ブラックリストに載ると、消費者金融や銀行から新規の借り入れを行うことが難しくなります。

ただし、日本政策金融公庫など公的な融資では、債務整理後も融資が通ったという事例も。

ブラックリストについては債務整理をするとブラックリストに名前や住所が載るの?で詳しく解説しています。

事業資金が必要な仕事をしている人にとっては死活問題なのは間違いありません。

最悪の場合、事業の継続を諦めるという選択をしなければならない可能性もあります。

また、個人的な住宅ローンやマイカーローンもブラックリストに登録されている5-10年間は難しいでしょう。

自営業者がする債務整理の種類と費用

事業によっては、運転資金を銀行からの借り入れに頼っている方もいます。

そのような個人事業主の場合、債務整理の手続きも慎重に行いましょう。

債務整理には利息や遅延利息の免除をしてもらう、「任意整理」、借金の元本も5分の1程度に免除してもらう「個人再生」、借金全額の免除をしてもらう「自己破産」の3種類があります。

自営業者の場合、個人に比べ借り入れの金額も高額になるケースが多いでしょう。

個人の債務整理とは違い、取引先の数や債権者数によって費用は異なるので一概には算出できません。

その為、任意整理ではなく個人再生や自己破産を選択する方も多いです。

個人再生により長期の再生計画を、実行していくことも選択肢に入れる必要があります。

それぞれの手続きに関しては以下の記事で解説していますのでご参考ください。

個人再生についてとメリット・デメリット
自己破産についてとメリット・デメリット
任意整理についてとメリット・デメリット

いずれにしても、自営業者の場合1人で考えてもどの手続きが最善か判断する事は無理です。

必ず、弁護士に相談を行い、現在の状況を説明した上で最善の対策を行ってください。

個人事業主は自己破産しても復活できる

『事業そのものが好転する見込みがなく、借金返済の見込みが非常に低い』

このような場合には、個人再生ではなく自己破産を選択するという方法もあります。

『自己破産なんてしたら人生終わり・・・』などと考える必要はありません。

アメリカでは成功者の多くは自己破産を経験しているといいます。

また、ブラックカード所持者のほとんどは過去に事故歴があるという話も有名です。

精神的に追い詰められている状況でも、絶対に諦めてしまってはいけません。

毎日、厳しい取り立てや督促を受けている状況で、安心して事業に専念することは難しいです。

事業の運転資金が自転車操業になりキャッシュフローに明らかに、影響を及ぼしている。

このような状況であるならば、早急に弁護士や司法書士に相談をするべきです。

債務整理を法律事務所に依頼すれば、取り立てや督促はすべてストップします。

まずは、安心して事業をおこなえる環境を作る事が重要です。

自営業者の借金は債務整理することができる?まとめ

自営業者の借金は事業資金でも、個人的な借り入れでも債務整理をする事ができます。

個人事業主にとって、資金繰りは非常に重要な問題です。

自転車操業では本業に向けるべきエネルギーも奪われてしまいます。

キャッシュフローが良く収益性が高い事業が出来れば、お金の心配をする事なく仕事に専念する事ができるでしょう。

しかし、そのような甘いビジネスは少ないのが現実です。

いずれにしても、借金問題は放置していても何も解決しませんし、状況は悪くなるだけです。

今すぐに、法律事務所に現状と不安に思っている事をすべて伝え解決策を提案してもらってください。

実際に、多くの人が債務整理によって問題を解決し事業の再起を成功させています。

1人で悩むのではなく、まずは借金問題解決の第一歩を踏み出すことをおすすめします。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。