ブランド品や海外旅行で作った借金を特定調停で解決した体験談

債務整理は、弁護士や司法書士に依頼せずに自分で行う事も可能です。

今回は、特定調停という形で借金問題を解決した大島さんの体験談を紹介します。

自分で債務整理を行いたいと考えている方は、参考にしてみてください。

また、重要な事なので結論から先にお伝えします。

確かに、自分でも特定調停をすることで借金問題は解決することは可能です。

しかし、法律を学んでいた方ならまだしも一般の方が自分で特定調停を進めていくことは現実的ではありません。

準備から交渉までの時間も長引きますし、結果として専門家に丸投げしてしまった方が金銭的にも良かったというケースは非常に多いです。

借金問題は時間がたてばたつだけ事態は深刻化し、取れる対応策も減っていきます。

手遅れになる前に今すぐ、専門家に相談することをおすすめします。

とくに、『給料が出ても支払いや返済をするとお金が足りず、結局お金をまた借りたりカードでその場をしのいでいる。』

『現実的に、借金を自力で完済するのは厳しいと分かりながらも問題を先送りにしてしまっている。』

このような状態まで状況が悪化している方は、黄色信号が点滅している危険な状態です。

1人で悩むのではなく、1日でも早い段階で専門家に相談することをおすすめします。

法律事務所は、匿名で利用できる無料シミュレーションサイト⇒が便利で簡単です。

それでは解説をしていきます。

特定調停で300万円もあった借金問題を解決した体験談

若いころの私はブランド物の洋服やバッグなどの小物を買ったり海外旅行に行ったりして、全部カード払いやキャッシングで済ませていました。

その結果、気がついた時には借金が300万円以上にもなっていまい、貸してくれる消費者金融やクレジットカード会社も無くなりました。

借金を初めてする時には抵抗があったのですが、一度借りだすと借金が増えるのは一瞬でした。

やっと我に返って、何とかしないとと思ったのですが、月給の半分以上が利息の支払いで消えているという現状になっていて、さすがにどうしようもい状態でした。

ですが、自己破産はしたくないし、親にも借金のことがばれてしまうのは絶対に嫌でした。

実は私の場合は、二度目の借金で、一度目は親が全額負担をしてくれていたので、もうこれ以上は迷惑はかけられないと思ったのです。

また借金をしているというのを知られるのも嫌でした。

もう、自分でどうにかするしかないので、ネットで情報を収集した時に、債務整理の事を知りました。

そのブログは私と同じように、やはり借金が溜まってしまい自分1人で、債務整理の手続きをした人の体験記が書かれていたのです。

その債務整理ブログを読んで、これしかないと思い至った私は、自分で必要な資料を全部集めて手続きをする事にしました。

結論から言うと、その手続きは思っていた以上に大変で、もう二度としたくありません。

私の場合は、自分で全部やるとは言ってみても、若い女性が一人で乗り込んで、消費者金融と交渉する事が可能だろうかといえば、それは限りなく不可能だろうと思っていました。

しかし、かといって弁護士や司法書士に頼む余裕もなかったので、簡易裁判所に間に入ってもらう特定調停という方法を使いました。

特定調停は、現在の収入や借金の総額や今までの返済金額などを提出します。

すると裁判所の方で、金融機関の方に支払額と方法を提示してくれます。

借金をしていた消費者金融とクレジットカード会社は6社で、1回の出廷で2社の特定調停を行い、手続等含めると5回ほど裁判所に通うこととなりました。

裁判所が間に入ってくれるとはいっても、今思い出しただけでもかなり面倒な手続きで、相当な時間がとられたのを覚えています。

当然、通知等は私の手元に届くわけですが、当時から郵便物の管理は親ではなくて私がしていた事が功を奏して、親に知られる事なく借金を減らす事が出来ました。

ですが、全部支払いを済ませるのには3年という月日が掛かってしまいました。

当然、特定調停がうまく成立しなかったら、裁判になってしまいますから親にも知られてしまったと思うので、全部すべて調停で済んだのは不幸中の幸いでした。

さすがに、この事があって以降は借金も作らず5年経ってカードが作れるようになっても一切クレジットカードは持たずに生活しています。

クレジットカードを持ったら、また借金してしまう自分の弱さをしっかりと認識して、もう二度と足を踏み外すまいと心に誓う毎日です。

特定調停で自分1人でも借金を減らす事はできる

大島さんは自分で債務整理の事をしらべ、特定調停で借金問題を解決する事ができました。

ですが、今回のケースは相当上手くいったケースと言えます。

一般的には、債務整理の交渉に馴れた消費者金融の専門弁護士を相手に話し合う事は簡単な事ではありません。

また、過払い金が発生している場合、正しい金額を算出できず結果として損をしてしまう可能性もあります。

そして、時間的な問題もあります。

確かに、法律的には自分で特定調停をする事は可能とされています。

しかし、総合的に考えた時に弁護士や司法書士に依頼をする方が金銭的にも時間的にもメリットが大きいことは間違いありません。

いずれにしろ一番良くないのは、借金を放置してしまう事。

まずは1人で悩むのではなく今すぐに法律事務所に相談をすることをおすすめします。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。