遊びたい金欲しさに借金280万円!新宿区の法律事務所で債務整理をした体験談

今回は福岡市に在住の中山さんです。

当時中山さんが東京に住んでいたときのお話です。

専門学校を卒業後は、契約社員として働いていました。

しかし、まだ遊びたい盛りだった当時は生活費以外のお金が必要でキャッシングやカードローンを利用するようになりました。

気が付けば借金は280万円にも膨れ上がり、毎月の返済と生活費でギリギリでした。

そんな時、彼女が東京に上京することとなり、同棲の費用やデート代などで更に出費がかさんでいく一方。

どうにもならない状況となり、テレビCMで債務整理について流れてきました。

それをきっかけに債務整理とは何かを調べ、新宿の法律事務所に相談することとなりました。

しかし、債務整理できるまではよかったのですが、債務整理をしたことで後悔もあるようです。

それでは中山さんの体験談をお願いします。

新宿区の法律事務所で280万円の借金を債務整理した体験談

私は福岡県に住む29歳男です。

昨年の8月まで東京で9年間生活しておりました。

航空関係の専門学校を卒業し、空港で契約社員として2年間働いたのち、営業会社に転職しました。

その転職理由がまさに借金でした。

20歳当時、自分で稼いだお金は自分が好きなように使い、給料も少なかったので夜遊びに足りないお金はキャッシングやカードローン。

更にクレジットカードを上限まで使い、気づいたときには消費者金融3社から280万円の借り入れをし、毎月手取り20万円の給料は8万円の返済と食費光熱費、家賃の支払いですっからかん。

自由に使えるお金がないばかりか、1か月の生活費も足りないくらいになっておりました。

更に出費がかさみ首が回らない状態に

そんな生活から抜け出すために転職し、営業で花を咲かせることも出来ました。

しかしそのタイミングで、地元に残してきた彼女(現妻)が東京に上京してきたのです。

一緒に住むことになり、同棲するとなるとお金がかかります。

毎日飲み歩くわけにもいかず、デートにも連れて行かないといけない。

しかし会社の付き合いでお金も飛んでいく。

いつしか気づけばまたお金は足りなくなり、首が回らないようになっておりました。

CMがきっかけで自分も債務整理しようと相談

24歳の時、たまたまお笑い芸人のナイツが債務整理を題材にしたCMに出ておりました。

借金が楽になる!そんなはなしあるのかと、ネットで調べてみると信用情報は今後使えないものになるが、毎月の返済額を減らせるうえに返済スピードも速くなるということが分かりました。

会社の先輩や上司にも相談したところ、意外や意外にも債務整理をした人が近しい人で2人もいました。

類は友を呼ぶとはこういうことかとも思いましたが、二人とも返済しながら結婚もして、貯金もしっかりしているとのこと。

この話を聞いて、私は迷わず新宿の某法律事務所に足を運びました。

まず、電話で予約の電話を入れます。

予約した日に訪問し、個室に通されました。

その後はアシスタントの方とお話し。

借入社数、クレジットカード枚数、何年返済にしたいかなどカウンセリングを受け、その後カウンセリングをもとに弁護士の先生とお話をしました。

そこからは具体的なお話で何年返済にするのか、計画的な返済をしていくために現在の生活費の割合をライフプランナーのようにヒアリングしてもらい、月々3万円を5年間で返済していこうという話になりました。

8万円返済していたものが月々3万円になるということで、生活はぐっと楽になりました。

債務整理をしたことでのデメリットを後で実感する

しかし、問題はその後発生しました。

債務整理をしてしまうとローンを組むことが出来ません。

現妻との結婚を控えており、貯金もなし。

ただし、妻の結婚に対する夢は大きくハワイウエディングをして、ハネムーンもハワイで。

日本に帰ってきたら一流ホテルで披露宴もしたいとなりました。

妻に債務整理をしたことを言ってなかった私は、なかなか言い出すことが出来ず、プロポーズ後に入籍をしてから報告することとなったのです。

そんなことは夢にも思わなかったであろう妻は狂ったように怒っており、離婚の話が上がったほどでした。

ただし、そこはこれまで培った営業力で説得。

許してもらうことはできてないかと思いますが、一旦の怒りはおさめてもらえました。

結婚式はどうしたかというと、親に200万円借金し、妻がブライダルローンを100万円、そして50万円のカードローンを組むことで賄いました。

家族に相談せずに債務整理したことを後悔

借金を返済するために行った債務整理が自分の首を絞め、妻にも辛い思いをさせることになり、本当に20代前半に遊びすぎたことを後悔しました。

今思えば、債務整理をする前に先に妻にも両親にも相談し、自身の借金を返済。

そして私の名前でブライダルローンなどを組めれば、気持ちも楽になったのではないかと思います。

今現在、私の債務整理したお金は返済中で、月々3万円。

妻のブライダルローン、カードローンの返済で3万円を返済しております。

夫婦で6万円の返済費。

毎月だとかなりきつい状況です。

そこに車を母の名前で購入したため、毎月3万円のローン返済費が乗っかってきます。

妻と合わせて700万円くらいの年収はありますが、まだまだ返済も続くため子供も作れない状況です。

妻には本当に申し訳ないと思っております。

お金の大切さを今一度知っておくべき

私のような友人を3人ほど知ってますが、やはり同じように30代を目前に苦しい状況が続いているようです。

これから社会人になる方にはぜひ伝えておきたいのは、自分の身の丈に合った生活をしようということです。

背伸びする必要なんてないです。

お金は制限がある。

湧き水のようにどんどんわいてくるようなものではないです。

借金問題が話題になっており、消費者金融に関しても利子が返ってこなくなるということで、もうけもなくなってしまう。

借金なんて誰もハッピーになれないものだと今更ながら痛感しております。

私の債務整理分の返済は今年の11月で終わります。

それから5年間はカードも作れず、ローンも通ることはないでしょう。

これからの5年間私は現金主義で、貯蓄を目標に生きていきます。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。