旦那の借金は債務整理をするべき?マイホームは無くなる?

『旦那の借金を債務整理したら、自分や子供に何か影響が出るんじゃ・・・』

このように、夫の借金問題で悩み、自分や家族への影響を不安に思う方は多いです。

いくら、夫婦や家族といえども、法律上は別の人間として扱われます。

結論から言うと、旦那の借金を債務整理しても直接的な影響はほぼ無いといえます。

ですが、マイホームを所有している場合、夫が債務整理を行うことで家族にとって大きなデメリットとなってしまう可能性もあります。

しかし、早めの対応をとる事と、手続きの種類によっては家を手放さずに借金問題を解決する事は可能です。

今回は、『債務整理とマイホームの問題』について解説をしていきます。

また、『何度言っても借金癖がぬけず、借りては返す生活を続けている。』

『旦那の現在の収入では、借金完済は不可能なことは現実的に考えて明らかだと分かっている。』

このような状態まで状況が悪化している方は、既に黄色信号が点滅している状態です。

借金をしている本人というのはどこか現実を直視できず、後回しにしてなかなか行動しないものです。

本人が動かないのであれば、周りにいる人が無理矢理にでも動かざるおえない状況を作るのもまた一つの手かもしれません。

借金問題は時間がたてばたつだけ、取れる対応策も減っていき状況は悪化します。

借金問題を解決した後の生活への影響も大きくなる可能性も高まります。

手遅れになる前に今すぐに法律事務所に相談をして下さい。

どの法律事務所に相談をしたら良いか分からない方は、簡単に利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

旦那の借金を債務整理したら家族にはどんな影響がある?

旦那さんが債務整理を行うことによって、奥さんや家族へ生じる影響で一番大きいのが家の問題です。

夫名義で所有するマイホームに家族で住んでいる場合、家が没収されてしまう可能性があります。

自己破産を行うと、持っている財産は基本的にすべて手放す必要があります。

任意売却を行うか、競売にかけられ現金化し債権者に分配される事は、自己破産の場合避けられません。

そのため、自己破産後には一定期間が経過すると、法律によって自宅を立ち退きしなければならない必要が生じます。

しかし、債務整理を行ったからと言って必ず自宅を手放す必要はなく、手続きによってはマイホームを守りながら借金問題を解決する事も可能です。

マイホームを手放すことなく債務整理を行うことはできる?

先述の通り、「自己破産」を行った場合には、マイホームは手放す必要があります。

しかし、家を手放すことなく借金の減額を行ってもらう方法はあります。

・任意整理を使う場合
借金の残高が現在の収入と比較して、返済不能なほどの金額ではない場合「任意整理」を選択する事でマイホームを残す事は可能です。

任意整理は債権者(消費者金融や銀行)と交渉を行い、将来発生する分の利息や遅延損害金を免除してもらう方法です。

裁判所を通さずに手続きを行うため、比較的簡単に手続きを完了できます。

その一方で、債権者側の同意を得られないと任意整理をは成立しない。というデメリットがあります。

しかし、実際は任意整理はそれほど難しい交渉ではありません。

弁護士や司法書士が交渉を行えば、多くの場合で利息や遅延損害金は免除されます。

利息が免除されれば、借金は非常に返しやすくなります。

その結果、自己破産をする必要がなくなる可能性は十分にあるでしょう。

任意整理のメリットとデメリットについてはこちらの記事で、詳しく解説をしています。

・個人再生を使う場合
マイホームを手放さずに、借金問題を解決する方法の2つ目は「個人再生」です。

個人再生は任意整理とは違って、借金の利息や遅延損害金だけではなく、元本部分の減額もしてもらえます。

借金の金額が大きくなりすぎている方にとって、大きなメリットのある方法です。

具体的に、個人再生は裁判所に申し立てを行うことによって、借金の元本を5分の1程度まで減額してもらう方法です。

裁判所を通した手続きなので、債権者側の同意を得なくても成立するというメリットがあります。

また、マイホームを手放す事なく、借金問題を解決したい方が最も多く利用しているのが個人再生です。

借金の金額が、任意整理では解決できないくらいになっていてもまだまだ諦める必要はありません。

いずれにしても、借金問題は1日でも早い段階で対応をとることが非常に重要です。

1人で悩み続けていても状況は悪くなるだけで何も変わりません。

今すぐ専門家と解決に向けて話を進めていくことをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

個人再生は、任意整理よりも手続きが複雑なため、専門家に支払う費用も高額になるというデメリットがあります。

しかし、借金残高の減少額が大きいので、専門家への費用を差し引いても負担額は少なくなります。

『1,000万円借金があったとすると、単純計算で借金が200万円程度になる。』という事なのでこれなら現実的に返済できる可能性はありますよね。

個人再生のメリットとデメリットについてはこちらで解説しています。

旦那の債務整理とマイホームの問題まとめ

旦那さんの借金を債務整理したときに、家族にとって1番大きなデメリットとなるのは、マイホームの問題です。

自己破産の場合には残念ながら、自宅を手放すのは避けられません。

しかし、今回紹介した通り、債務整理には、任意整理や個人再生など「自宅を手放さなくてもできる方法」が用意されています。

『どうしてもマイホームを残したい』

こう思ったら、すぐにでも弁護士や司法書士に相談をすることをおすすめします。

借金問題は時間が経過するにつれ、状況がどんどんと悪化していき好転する事は絶対にありません。

自己破産以外の選択肢をとれなくなる確率もあがっていきます。

実際に、『早く専門家に相談を行った結果、過払い金の発生が見つかり、自己破産をせずに任意整理で借金問題が解決できた。』

このように、自己破産を選択せずに別の手続きですんだ人も多いのは事実です。

まずは、専門家に状況や要望を説明して対策を行いましょう。

マイホームが絡む債務整理の場合には特に早急な対応が重要となります。

取り返しがつかない状況に陥る前に、今すぐ行動することをおすすめします。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。