山口県で債務整理~300万円の借金を債務整理した田村さんの体験談

今回は、山口県で債務整理をした田村さんの体験談を紹介します。

田村さんのケースでは3年以上元金が減らない金利のみの支払いをしていました。

元金が全く減らない返済を続けている方は非常に多いです。

それではよろしくお願いします。

山口県で減らない借金300万円を債務整理をした体験談

債務整理をした当時、私は山口県の下関市に住んでおりました。

山口県というのは交通がそれほど発達していないので、隣の市に移動するにしても車がないと非常に不便な土地なのです。

宇部市や山口市、周南市に行くにも基本車での移動です。

私の場合も例外ではなく、自動車ローンを組んで自動車を所有しておりました。

順調に仕事をして自動車ローンを払っていければよかったのですが、事情により仕事を失った事により収入が途絶えてしまいました。

その為、自動車ローンの支払いや携帯電話の料金を滞納する事は当たり前になりました。

また、仕事が見つかるまでの生活費として借りた消費者金融からの借金もなかなか返せない状態になってしまいました。

その額は積もり積もって気がついた時には300万円ほどになっていました。

早く返さなければ・・・。と思いつつ就職活動をし、なんとか仕事を見つける事は出来ました。

しかし、残念ながら返済出来るような給料ではなかったので、これはもうどうにもならないと頭を抱えていました。

返済をする事でその場しのぎは出来るのですが、毎月の引き落としがきついので生活費がないギリギリの状態でした。

そんな生活を3年以上続けていました。

30歳過ぎの男が一体何をやっているのかと自己嫌悪に陥った事もあります。

このままでは結婚や、生活の充実を考えられないまま人生終了することにもなり兼ねない。

毎日、そんな事ばかりを考えていると仕事も全く捗りませんでした。

自分は一体何の為に働いているのだろうか?と悩み、ストレスで体調を崩すようにもなりました。

人生このままではいけない!と思い債務整理をする事に

このままではいけないと、どういった解決法があって、どうすればいいかを調べたところ、債務整理という手段があることを知りました。

当時は債務整理をする事によって凄いデメリットがあるように感じており、制度は知っていても行動をする事を躊躇していました。

しかし、周りの勧めもあって法律事務所に相談をする運びになったのです。

あの時、周りからの勧めがなかったら私は今、廃人状態で返済を続けていたかもしれません。

数日後、法律事務所に行って弁護士との面談を行いました。

私の場合は、住宅も所有しておらず、失うものは車以外ほとんど無い為、自己破産という選択肢をとりました。

実際の手続きは殆ど弁護士の方でやって頂いたので自分でした事はほとんどありません。

唯一した事と言えば、借金の総額と借入先や数ヶ月分の支出などを提出する必要があり、簡単な書類を作った事くらいです。

最初の打ち合わせと必要な書類を作成してから1,2か月がたった頃弁護士さんから連絡が来ました。

指定の日時に裁判所に行って、自己破産の手続きは無事完了しました。

裁判官から借金をした経緯や今後はどのように生活をしていくのか問われます。

この辺も、弁護士にアドバイスされた通りに受け答えをする事で難なくこなす事ができました。

他にも数人ほど私と同じように自己破産の申請をしている方が集まっており、手続きをする人は意外に多いんだなと感じました。

自己破産をして借金が0に。人生の再スタートを開始

こうして自己破産をする事で、私の借金は全て0円となりました。

今まで借金の返済で苦労していた重い気持ちが一気に軽くなり、裁判所を出た時の外はとても眩しかったのを覚えています。

心なしか体がとても軽くなりました。

それぐらい借金というのは人の体調を崩すものだと思います。

百害あって一利なしとは正にこのことではないでしょうか。

弁護士さんに手続きの費用を払う必要はありますが、先払いではなく後払いの分割なので無理なく支払う事ができました。

今は、弁護士への支払い以外にはお金も出ていかないので僅かですが貯金も出来ています。

自己破産後の生活として変わった事といえば、持っていた車が無くなった事くらいです。

少々不便ではありますが、車がなくても職場には行ける範囲に住んでいたので特に困る事はありませんでした。

自己破産をしたからといって所有している全ての資産を没収されるわけではありません。

私も最初は、テレビドラマのように家財道具に紙をペタペタ貼られ没収されるのかと思っていました。

ですが、実際にはベッドや冷蔵庫、洗濯機など生活に必要な物は没収されずに残っています。

特に職場にもバレることなく、解決することができました。

しかし、ローンやクレジットカードが使用できなくなり、全てを現金で支払わなければならなくなったのは少々不便ではあります。

その点は、プリペイド型クレジットとか、デビットカードで対応しています。

私は今自分に、絶対に新たな借金をしてはいけないと言い聞かせて生活をしています。

自己破産手後から怪しいローンの案内やハガキが届くようになりました。

弁護士に言われた通り、届いたら即破り捨てるようにしています。絶対に見てはいけません。

もし今、借金を抱えて苦しいのであれば自分で悩むよりも弁護士や相談窓口に相談をして下さい。

勿論、借りた物は返すのが当たり前ではあります。

しかし、現実的に考えて返せない借金を抱えたままでは状況は悪くなる一方です。

私の場合もそうでしたが、当たり前のように返済を続けていても借金が全く減らず金利だけをひたすらに払っている方は少なくはありません。

こうなると蟻地獄のようなもので、一生無駄な金利を支払い続けるだけの生活になってしまいます。

私はこの事に気がつかず3年以上、元金が減らない金利を支払い続けるだけの生活を送っていました。

現在よりも収入が多くなる見込みがあれば完済出来る見込みはあるでしょう。

しかし、いくら働いても収入が上がらない状態では返済しようがありません。

私は今回、自己破産をする事で人生をやりなおす事ができました。

今回の事を教訓に二度と借金はしません。

これからは少しづつですが、貯金を増やし人間らしい充実した生活をしていきたいと思います。

債務整理なら横山法律事務所

横山法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計2000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

横山法律事務所の無料相談はこちらです。