アルコール依存症に陥って600万円の借金を債務整理した体験談

今回は大阪府箕面市在住の清水さんです。

清水さんは人生で2度の自己破産を経験しています。

飲み歩く毎日で高級クラブなどでお金を使ってしまい多額の借金を抱えます。

親の年金にも手を出す始末のうえ、借金から目を背けてアルコールに逃げる毎日。

しかし、ひょんなことがきっかけで自己破産をすることになるのです。

借金をすることになったきっかけの根本にあるのはご自身の病。

病とお金の向き合い方について、自己破産を通して清水さんはどのように変化していくのでしょうか。

それでは清水さんよろしくお願いいたします。

大阪府箕面市の法律事務所で600万円以上の借金を債務整理した体験談

私は大阪府に住んでいる53歳男性です。

自己破産をしたのは2015年前後と1998年前後だったと思います。

つまり二度、自己破産をしました。

金額は2件で600万前後だと思います。

免責がおりたので、2件とも、一円も支払っていません。

自己破産手続きを知ったのは不当解雇で法テラスの弁護士さんに相談した際、「借金はないか?」と尋ねられて初めて知りました。

返す当てもないのでお願いして手続きをしてもらいました。

借金をした、きっかけは今考えると持病の双極性障害1型の発症が、きっかけだったと思います。

カードローン、銀行ローン、クレジットカード、あらゆるところから借りていました。

2回目もそうです。

躁病が発症しているのに気づかず(当時は自分が精神疾患を患っていることを認識していませんでした。)

最初の自己破産から7年を経過したから大丈夫だと、クレジットカードを作りまくりました。

実際に作れたことに驚きました。

アルコールを浴びるように飲み続ける日々

僕の病気は「絶対にアルコールをやめて下さい」と今の主治医に言われるくらい、アルコールを好きなだけ飲んでいました。

身分違いの高級クラブでお金を使いまくってました。

挙句に高齢の母親の年金まであてにする始末。

今考えるとぞっとします。

自己破産の手続きをして日常も変わりました。

自己破産と共にお金の考え方が変わる

アルコールを完全に抜いて落ち着いている今は、物事を冷静に判断できるので、お金の使い方は慎重に考えることが出来ています。

冷静に判断が出来ていないと又、元のもくあみになるでしょう。

今借金に苦しんでいるなら、あるいは借金に苦しんでいる人を知っているなら、「自己破産」というキーワードを教えてあげてほしいです。

そして、お住いの近くの法テラス及び無料の弁護士さんによる無料相談を受けるように言ってあげてください。

例えば、仮に自己破産が出来なかったとしても、お金を借りての借金なら元金だけの支払いで良くなったりします。

それが大幅な返済の減額になったりするのです。

相談後は自己破産の手続きが始まったら借金の支払いは中断されますし、債務整理なら支払い計画を含め弁護士さんが間に入ってくれます。

僕が2度の自己破産をして変わったとしたら、自分を見つめなおす事に気が付いた事です。

お金との付き合い方・自分自身を見つめなおす事・借金に至った経緯・原因を理解していなければ僕のように、2度も自己破産を繰り返す事になってしまいます。

原因がなんなのか、わかれば必ず改善することが出来ます。

あなたの原因も、自分を見つめなおす事から借金問題は解決に向かいます。

弁護士さんに相談の際は、借金の額や借金はどこからで、それぞれがいくらの借金になっているのか?のリストを作り、通帳のコピーやカードを預ける事位だったと思います。

僕がやった事は、そんなに面倒だと感じる手続きはありませんでした。

何度でも言いたいですが、借金を作った原因と自分を見つめなおす事が出来れば、あなたの借金に関する問題は解決するのです。

自己破産をしても、これまでのあなたの生活は何も変わりません。

7年間はクレジットカードやローンが作れない、組めないぐらいです何も心配は入りません。

※ただし、車や持ち家などの資産があると、取り上げられてしまいますので注意を。

車を取られたくない、ここは払いたいけど他は払いたくないはダメですので、そこは注意が必要です。

自分の患っていた病気について

僕は思います、そもそも借金問題に悩む人の大部分は、「双極性障害1型」を実は、患っているのではないか?と。

双極性障害1型の症状として

1、取り返しのつかない人間関係の破綻、
2、取り返しのつかないお金の散財(高額の商品を買ったり⇒カードを使いまくる等)
3、事件、事故に巻き込まれる

これが双極性障害1型の症状です。

自己破産を考えると同時に、原因であるお金の管理が出来ないという根本を解決するには精神科を受診しなければなりません。

自己破産の手続きと並行して、精神科の受診をおすすめします。

僕の現状は、落ち着いていてお金に対する見方もバランスが取れています。

どこのサイトをみても、根本から、問題解決に精神科の受診をすすめているサイトはありません。

借金の原因が自分自身にあるのなら迷わず受診をするべきです。

僕も、もっと早く双極性障害1型の症状だとわかっていれば、自己破産を2度もしなかったと思います。

親友の一人を失い、人間関係を破綻させることはなかったと思います。

一度自分を省みて周りに相談を

あなたの根本原因は自身の問題ではなく、病気によるものではないですか?

大部分の(自分が原因で作った借金は)借金は病気によるものだと確信しています。

法テラスに行くこと(弁護士の無料相談)、精神科に行って散財してお金を管理出来ないこと。

この2点を実行することです。

あなたは大丈夫です!

この情報に出会えたのですから。

僕が命の恩人である今の主治医に、勇気と、元気をもらった一言をあなたにプレゼントします。

「人生何度でもやりなおせますやん!」あなたの抱えている問題が、解決すると信じています。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。