奨学金は債務整理の対象?

大学や専門学校に進学時に奨学金を借りたけれど、社会人になって返済をするのが難しくなってしまった。

給料が昔と比べて下がっている近年では、卒業と同時に多額の借金を抱える人が、お金を返しずらくなってきています。

そんな時に債務整理を検討する方もいるでしょう。ただ、奨学金は債務整理の対象になるのでしょうか。

結論から言うと奨学金も債務整理の対象となります。

今回は奨学金をスムーズに債務整理する方法について解説していきます。

奨学金も債務整理の対象となります

奨学金といってもたくさんの種類がありますので、ここでは日本学生支援機構の奨学金に限って話をすすめていきます。

日本学生支援機構の奨学金に限っていえば、同機構から借り入れた奨学金を債務整理の対象とすることができます。

任意整理はもちろん民事再生、破産の手続きで処理することができます。

もっとも、奨学金はもともと利子が安いですから、過払金がでる可能性もまずありません。

単純な任意整理の案件となりますが、利子の安さを考えると任意整理をするメリットというのは少ないといえるでしょう。

実際、奨学金だけを任意整理したいというケースは少なく、他にも借入れがあり、そのついでに奨学金も任意整理するという方がほとんどです。

奨学金の任意整理はできますが、全体的に見るとそれ単体で手続きにまでいたるのはごく少数です。

他の借入れも任意整理するからついでにといった流れで手続きしてしまうのは好ましくないでしょう。

借金全体のシミュレーションをしてみて、報酬以上のメリットがあるかどうか慎重に考える必要があります。

余談になってしまいますが、最近は債務整理を専門に取り扱っている事務所の中には営利志向が極めて強いところもあります。

メリットがあまりないのに、顧客を説得して手続きに持ち込んでしまう悪質な法律事務所も中には存在しますので注意が必要です。

奨学金の債務整理は破産が比較的多い

奨学金の額は百万単位の高額になることが一般的です。

数年間、毎月まとまった金額を駆り続けるわけですから、ときには500万円くらいの金額になっていることも多いです。

返済条件はかなりゆるいとはいえ、期待していたボーナスがでなかったり、就職先が倒産してしまったなどの事情により、返済が難しくなることもあります。

奨学金を返済するため、消費者金融からお金を借りなければならないといったケースも増えています。

こうなると奨学金と消費者金融への返済が重複し、くわえて消費者金融の利息は奨学金とは比べものにならないくらい高いという悪条件が加わります。

そこで、さらに返済が厳しくなり、多重債務におちいってしまう可能性もあります。

奨学金を返済するのは通常は20-30代であることを考えると、生活するだけで精一杯の収入しか得られないのが通常でしょう。

そこで、手続きとしては破産を検討する場合もでてきます。

奨学金の返済が滞ったからといって、消費者金融からお金を借りるのはリスクの高いことだという認識が必要です。

奨学金の返済に困ったら、安易に他からお金を借りるのではなく、まずは日本学生支援機構に相談してみましょう。

必ず功を奏するわけではありませんが、お金を借りなくて済む努力はしてみたほうがいいでしょう。

といってもすでに消費者金融等からの借り入れが出来てしまっている方は早めに対応をする事で傷口が浅くsみますので早期の対応が重要です。

奨学金は債務整理の対象?まとめ

奨学金単体の債務整理の案件は、他の案件に比べると少数です。

ですが、奨学金の返済に追われて、自分で自由に使えるお金もない。何のために仕事もしているのかわからない。

と思うこともあるでしょう。そういった際は放置するのではなく早い段階で専門家に相談を行い対策をとりましょう。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。