パチンコ依存で金銭感覚が狂った!川越市の法律事務所で借金155万円を債務整理した体験談

今回は川越市にお住いの佐川さんです。

佐川さんはパチンコにハマり人生が狂ってしまいました。

給料が出れば1週間でパチンコに消えてしまうようになっていました。

それでもいつか勝ったときのお金で生活を賄えばいいやという軽い考えでいたのです。

しかし当然手持ちのお金は無くなるので消費者金融から借り入れを行っていくのでした。

1社目はあれよあれよと限度額の50万円まで借入てパチンコに費やすも全部失います。

そして2社目からも50万円を借り入れるも、またすべて失いました。

そうなると次から次へと借りられるところを手当たり次第申し込みをするようになりました。

合計6社から借り入れをし、総額155万円。

後半は信用も少ない為借入額は5万円までとなっていました。

返済が滞るようになり、会社に督促の連絡が来て借金がバレて、社長から弁護士に相談をしようと促されることとなるのでした。

それでは佐川さんの体験談をお聞きしましょう。

川越市の法律事務所で借金155万円を債務整理した体験談

しかしそこまで膨らんだ借金の返済は到底厳しく、払っても利息しか返せず、返してはまたすぐに借り入れをしてと借金地獄に陥っていたのでした。

僕が23歳の時、僕は恐らく人生のどん底にいました。

1年前にパチンコにハマり、そこから毎日のようにパチンコにのめりこんでいました。

初めの方は月に2万から3万円ほど負けで収まっていたのですが、日が経つにつれ月に15万から30万負けまで普通になりました。

当時、僕は1人暮らしだったのですが給料は安く、生活はぎりぎりでした。

ですが、パチンコに勝てば簡単に家賃の支払いなどができたので調子が良いときは、パチンコで生活費を賄えば良いと言う甘い考えを持っていました。

もちろん勝ち続けることなどなく、給料日から1週間もすれば全額を使う。

そんな日々が続いていました。

有り金すべてを使ってしまう為消費者金融に手を出してしまう

当然お金もなく、消費者金融に申し込み借入を行いました。

最初は、10万円ですぐになくなりました。

パチンコです。

そしてまた10万円、次に20万円、あっという間に50万円です。

カードの限度額は、50万円でした。

そして、お金がなくなったのでパチンコもできなくなった僕は、新たに消費者金融に申し込みました。

完全に僕はギャンブル依存症でした。

そして2社目の消費者金融もあっさりと審査に受かり、50万円まで貸してくれることになりました。

当時の僕は、ラッキーと思いました。

今思えば、ただの馬鹿です。

簡単に現金が手に入り金銭感覚が狂っていく

そして僕はまた借りたお金で、パチンコをしました。

10万円、20万円と当然のようにお金を借りて普通に使っていました。

今思えば、かなり金銭感覚がくるっていたと思います。

そして2ヶ月も持たないうちに50万円はなくなりました。

この時で、始めて消費者金融に申し込んでからまだ3ヶ月ぐらいでした。

僕は、たった3ヶ月で100万円をパチンコに使ってしまいました。

それでも僕は、まだパチンコで取り返せると思っていました。

これがギャンブル依存症の怖さです。

全然冷静な考えができなくなっていました。

手当たり次第消費者金融から借り入れを行い多重債務地獄

そして、僕はまた消費者金融にお金を借りようと思い、3社目に申し込みました。

3社目は、審査は受かったのですが20万までしか借りれませんでした。

そこで僕は、4社目に借入を申し込みました。

そこでも、20万円まででした。

そして5社目で10万円、6社目で5万円。

もう、インターネット広告などに載っている消費者金融会社はほぼ借り入れをしました。

計55万円です。

僕は、このお金でパチプロになるという非常に馬鹿な考えを持っていました。

そして2ヶ月後、55万円はパチンコで全て使ってしまいました。

勝った時もありましたが、ほとんどがパチンコ屋に行く度にお金が減って行きました。

あっという間に55万円はなくなってしまったのです。

僕は、半年足らずで155万円をパチンコで使ってしまいました。

借金が滞り会社にバレてしまった

この地獄の状況でようやく、自分の馬鹿さに気付きました。

ですが気付いた時には、借金155万円です。

ここからが地獄でした。

155万円借り入れで大体月に、5万円ほど返済していたのですが、利子が高すぎて全然元金が減りません。

当然、安月給の僕は5万円の返済もきつく返済しては借り入れ、返済しては借り入れを繰り返していました。

結局、1年経ってもまったく元金が減っておらず利子を払い続けると言う地獄のループに陥っていました。

ついには、返済もできなくなりしばらく放っていました。

そして僕が務めている会社に、いくつもの消費者金融会社から連絡が来ました。

そして、会社に多額の借金があることがバレました。

僕は正直に、パチンコ中毒で155万円を使ってしまったと社長に伝えました。

社長の勧めで弁護士に相談をすることに

はじめは、社長に激怒されましたが「解雇したら借金も返せないだろうし、知り合いの弁護士に相談してみて返済計画を立てよう」と言われました。

僕は正直、解雇だと思っていたのですが救われました。

そして社長と一緒に弁護士に相談しました。

パチンコで借金したこと。

利子が高くて元金が全然減らないこと。

最近返済出来ていない事も。

弁護士は、「自己破産も申請出来ると思うが、頑張れるなら頑張って返済した方が良いよ。まずは、いくつもの借金をまとめて利子軽減に努めましょう。これで、きちんと返済していけますか?」と聞かれました。

僕は、必ず返済することを約束しました。

債務整理をしたおかげで利息は半分まで減額

そして、債務整理をしてもらい結果、利子が半分近くになりました。

そして、真面目に働き返済していきました。

利子が半分になったので、元金が徐々に徐々に減っていきました。

正直、高い利子のままだと全然返せれていないと思います。

そこから、3年が経ち地道に返済した結果、今では借金が残り30万まで減っています。

債務整理をしてから、1回も借金をしていません。

本当にお金は、使うのはあっという間ですが、稼ぐのは大変だということを実感しています。

お金への向き合い方も変わりました。

それと、ギャンブル依存症の治療も受けてそれ以来1回もパチンコに行っていません。

残り30万ありますが、もう少し頑張りたいと思っています。

この経験から僕は、借金をしてのギャンブルは絶対にやめた方が良いと周りの人間に伝えています。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。