電話連絡なしで債務整理をする事はできる?

借金をしている人の多くが、家族や友人に借金の存在を秘密にしています。

借り入れをする時はもちろんのこと、返済もバレないようにこっそりと行っている場合がほとんどでしょう。

しっかりと返済できているうちはいいですが、返済期日に間に合わないようになると借金の存在を隠しているのも難しくなってしまいますよね。

そんな時に考える債務整理もできれば家族に内緒で進めたいという人は大多数。

しかし、『法律事務所や債権者から電話連絡がきてバレてしまうのではないか。』

このように、電話での対応に不安を持っている人も多いのが実情です。

結論から言ってしまえば、手続き後に債権者から電話連絡が来ることはありません。

また、事前に法律事務所に電話をしないでほしい旨を伝えておけば連絡が来ることもありません。

結果、家族に内緒で債務整理の手続きを進めることは可能です。

ただし、債務整理についての知識のない状態で焦って手続きを開始すると、バレるリスクも高くなってしまうので要注意。

今回は、債務整理でとくに気になる「電話連絡」についてスポットを当てながら、バレずに手続きを進める方法をご紹介します。

また、『給料が出ても返済や支払いで消えてしまい、月末を迎えると結局またお金を借りてしまう。』

『利息を支払うのが精一杯で、元金が全く減らない状態が1年以上続いている。』

このような状態まで状況が悪化している方は、既に黄色信号が点滅している危険な状態です。

1人で悩むのではなく、手遅れになる前に今すぐ法律事務所に相談をして下さい。

どこに相談をしたら良いか分からない方は、簡単に利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

周囲の人にバレずに債務整理できる?

そもそも、債務整理って家族や友人、会社の人に秘密でできるのものなのでしょうか?

債務整理には以下の4つの方法があり、手続きによっては周囲の人に知られずにおこなえるものもあります。

任意整理

債務者本人や依頼を受けた弁護士が、貸金業者と直接交渉して借金返済の負担を軽減させるものです。

家族に内緒で手続きできる可能性が高いおすすめの方法です。

過払い金請求

払いすぎた利息金を、任意整理同様、直接交渉して返してもらうものです。

こちらも家族に内緒でできる可能性が高いでしょう。

個人再生

裁判所を通して、借金元本の大幅な減額をおこなう手続きです。

特徴としては、住宅ローンなどを残したまま債務整理できるということがあります。

整理する借金を選べないという点において、場合によっては、家族にバレてしまう可能性もあります。

自己破産

裁判所に認められれば、すべての借金を帳消しにできる手続きです。

その代わり、一部の資格を所持している人は手続きが終了するまで仕事ができなかったり、高額な資産を処分する必要があったりと、生活に制限を受ける場合があります。

このような条件に当てはまっていると、家族や会社の人にも債務整理の事実を知られてしまうでしょう。

自分がどのようなケースに当てはまるかによって、債務整理がバレるリスクも変わってきます。

家族に秘密で債務整理をしたい場合には、一度、弁護士などの専門家に相談するといいですね。

債務整理がバレてしまう原因とは

債務整理がバレてしまう原因をいくつか挙げてみましょう。

まず、すべての手続きに共通のものとして、以下の2つがあります。

郵送物を見られてしまう
自宅に電話がかかってくる

債務整理をおこなう場合には、借金や収入についての細かい書類が必要になります。

さらに、弁護士事務所に依頼すると契約書なども発生するため、このような書類を郵送でやり取りすることもあるでしょう。

郵送物の送り主や中身を家族に見られてしまうと、借金の存在を問い詰められてしまう可能性が高くなります。

債務整理を秘密で進めたい場合には、重要書類などは郵送ではなく手渡しで受け取り、家族に見つからない場所や会社の引き出しなどで保存しておきましょう。

また、債務整理開始前に借金を滞納してしまっていると、貸金業者が連絡をしてくる可能性がゼロではありません。

さらに、債務整理の手続きを開始してからも、途中報告や状況確認のために、弁護士から電話連絡が入ることもあるでしょう。

この際に、自宅の電話番号に電話がかかってきてしまうと、家族が代わりに出る可能性もあります。

なぜ電話がかかってきたのか聞かれても平気なように、うまい言い訳を考えておく必要があるでしょう。

自宅の電話でなくても、携帯電話にかかってきた電話に出られる、着信の登録名を見られる、といったところから借金や債務整理がバレてしまうこともあります。

電話連絡の回数はなるべく減らしてリスクを防ぎたいところですね。

次に、一部の手続きで注意すべきものが以下の3つです。

家族共有のクレジットカードがある
住宅ローンや自動車ローンを組んでいる
自分以外の家族に収入がある

クレジットカードを債務整理してしまうと、すぐにそのカードは利用停止となります。

家族で共有しているクレジットカードがある場合には、任意整理でそのカードを整理対象外とするようにしましょう。

ちなみに、共有ではなくても家賃や光熱費などを支払うのに自分のクレジットカードを利用しているという場合には、債務整理をする前に支払い方法を変更しておきましょう。

そのままにしているとクレジットカード払いができず、債務整理したことがバレてしまう可能性が高くなります。

また、住宅ローンや自動車ローンを組んでいる場合も要注意です。

自己破産をしてしまうと住宅ローンや自動車ローンも対象となり、ローン返済がなくなる代わりに、資産を処分しなくてはいけません。

返済中のローンがある人は任意整理や個人再生を選択して、資産売却をしなくてすむようにしましょう。

最後に、自分以外の家族に収入がある場合にも要注意です。

債務整理では、収入に関する書類の提出が必要となる場合があり、この際に家族に収入があるとそちらに関しても用意しなくてはいけません。

そのため、配偶者に源泉徴収票などを準備してもらうための言い訳などを考えておく必要がありますね。

債務整理をする場合には、事前に必要書類は何か確認してするようにしましょう。

いずれにしても、借金問題は時間がたつにつれ取れる対応策も減っていき状況は悪化していきます。

実際に、早い段階であれば比較的簡単に問題を解決できたのに後回しにした結果、取り返しのつかない状況に追い込まれてしまった方は少なくはありません。

1人で悩み続けていても現状が良くなることは絶対にありません。

今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

電話連絡なしで債務整理を進める具体的な方法

債務整理をする場合、気を付けないと貸金業者からの返済の催促や事実確認の電話がかかってくる可能性があります。

上でも説明したように、電話連絡は借金の存在や債務整理することが家族にバレてしまうリスクの高い行為でもあります。

家族に秘密で債務整理をするために、電話連絡なしで手続きを進めるための方法を3つご紹介しましょう。

必ず弁護士や認定司法書士に依頼する

債務整理をする場合には、絶対に弁護士などの専門家へ依頼するようにしましょう。

弁護士を代理人とすることで、貸金業者は債務者へ直接連絡をせずに、すべてのやり取りを弁護士を介しておこなうことになります。

さらに返済行為も手続き完了までストップしますので、借金を滞納していたとしても催促の連絡もすることができません。

弁護士に依頼することで、まず貸金業者からの電話連絡が一切なくなるということを覚えておきましょう。

債務整理に強い弁護士事務所に依頼する

依頼する弁護士は、必ず債務整理の案件を多く扱っているような、借金問題に慣れているところにしましょう。

債務整理に対しての知識や経験が豊富なため、手続きをスムーズに進めてくれるうえ、不必要なやり取りなどを省いてくれます。

弁護士や認定司法書士との接触回数も少なくて済みますので、その分、家族にバレる可能性も低くなります。

弁護士にメールで連絡するように伝える

実際に依頼をしたら、「今後のやり取りはすべてメールでおこないたい」と伝えましょう。

家族などに秘密にしたいので電話連絡は不要ですと言えば、ほとんどの事務所がメールで対応してくれるはずです。

借金や債務整理を家族に秘密にしておきたいという人は多数いますので、債務整理を専門にしている法律事務所であればこのような場合にも柔軟に対応してくれます。遠慮せずに要望を伝えましょう。

電話連絡なしで債務整理をする方法まとめ

家族に内緒で債務整理をしたい場合、気を付けるポイントは“書類の郵送”と“電話連絡”の2つです。

弁護士事務所にきちんと要望を伝えれば、柔軟な対応をしてくれますので、まずは弁護士に相談してみましょう。

弁護士に相談する場合には、債務整理に強い法律事務所に的を絞ることをおすすめします。

債務整理の案件が多ければ、その分、依頼人の要望に応えてくれる可能性も高くなるでしょう。

弁護士事務所を探す場合には、無料シミュレーションサイトなどを利用するのも1つの手です。

いずれにしても、1人で悩み続けていても状況は変わりませんし悪化するだけなのは間違いありません。

今すぐ専門家に相談をし、借金問題解決の第一歩を踏み出すことをおすすめします。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。