【結論】家族にバレずに債務整理は可能!バレにくい手続き&バレる原因について解説

「家族にバレずに債務整理できるの?」
「債務整理がバレる原因は?隠し通す方法について知りたい!」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

結論からお伝えすると、家族にバレずに債務整理することは可能です。

ただし、バレやすさは債務整理の方法によっても違いますし、確実に隠し通せるという保証はありません。

この記事では、家族にバレずに債務整理したいと考えているあなたに向けて、以下の情報について解説します。

  • 家族に債務整理がバレる原因
  • バレずに債務整理する方法
  • 家族に打ち上げるべきなのか

債務整理に関する不安が解消されますので、ぜひ最後までご覧ください!


アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。
借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください。

24時間対応しており、相談は無料です。
→アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。

家族にバレずに債務整理できるのか

繰り返しになりますが、家族にバレずに債務整理することは可能です。

ただし、状況によっても異なります。家族と同居している場合は厳しいかもしれませんが、別居しているなら隠し通せる可能性は十分あるでしょう。

なお、債務整理には主に以下3つの方法があり、それぞれでバレやすさは異なります。

主な債務整理方法
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

例えば、任意整理は手続きが簡素なので比較的バレにくいのですが、自己破産になると差し押さえもあるため、隠すのは難しいです。

まずは借金額や収入を考え、どの手続きを取るべきか知ることも重要になります。

家族に債務整理がバレる主な原因

家族に債務整理がバレるのには、主に次のような原因が考えられます。

  • 債権者から通知がきた
  • クレジットカードが使えない
  • 財産が差し押さえられた
  • 支払いを延滞した

もう少し具体的に解説します。

1. 債権者から通知がきた

家に督促状が届いたことで、バレてしまうことがあります。

借金を滞納したり、債権者からの督促を無視し続けたりしていると、自宅に郵便物などが届きます。これを家族に見られれば、借金を疑われてしまうでしょう。

なお、債権者からの督促は弁護士・司法書士に相談すれば止まります。したがって、早めに債務整理に着手した方がバレる可能性は低いです。

2. クレジットカードが使えない

債務整理すると信用情報機関に「事故情報」が登録され、クレジットカードが使えなくなります。普段カードを使っていたのに、いきなり使わなくなったら債務整理を疑われてしまうかもしれません。

なお、信用情報に傷がついていても、「デビットカード」なら問題なく使用できます。

デビットカードは使った分がすぐ銀口座から引き落とされるカードで、使用感はクレジットカードとほぼ変わらないため、こちらで誤魔化すのも手です。

クレジットカードを使わない理由を聞かれたら、「浪費癖を抑えるためにデビットカードに変えた」などの言い訳をするしかないでしょう。

3. 財産が差し押さえられた

自己破産を行うと、財産が差し押さえられます。

同居家族がいて家や車、その他貴重品などが差し押さえられてしまった場合、債務整理を隠すことはまずできないでしょう。

自己破産以外の方法を選ぶか、それができないなら正直に打ち明けるしかありません。

4. 支払いを延滞した

任意整理や個人再生を行った場合、手続き後も返済を続ける必要があります。債務整理後、支払いを延滞すると債務整理がバレる可能性があるので注意です。

なぜなら、債務整理後に支払いを滞納すると、一括請求を受けてしまうからです。

一括請求を受けると、借金残高を一括で返済しなければならないため、一気に苦しくなって家族にバレてしまう可能性が高まります。

手続きが完了したからといって、安心とは限らないということも知っておきましょう。

家族にバレず「任意整理」する方法

任意整理とは、借金の利息部分のみを免除する方法です。

クレジットカードのリボ払いやカードローンなど、高金利の債務に対して有効になります。多額の借金には対応できませんが、デメリットが一番小さく、債務整理の対象を選べるのがポイントです。

任意整理が家族にバレないようにするため、手続きの流れについて知っておきましょう。

1. 手続きの流れ

任意整理は以下の流れに沿って行います。

任意整理の流れ
  1. 受任通知の送付
  2. 開示請求と引き直し計算
  3. 債権者との交渉

弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると、債権者に知らせる目的で「受任通知」が送付されます。

その後、債権者に取引履歴の開示請求を行って、借金額の計算や過払い金の有無を確かめた後、和解交渉を行うという流れです。

債権者は任意整理に応じてくれることも多いですが、和解ができない場合は「特定調停」となり、費用や期間が余計にかかってしまいます。

2. 家族にバレずに行う方法

任意整理が家族にバレるのは、次のようなケースです。

任意整理が家族にバレる原因
  • 携帯が止められた
  • 借入やカードの利用ができないことがバレた

携帯を契約している会社の債務を任意整理してしまうと、携帯が止まってしまい、家族にバレる可能性があります。したがって、支払いを債務整理の対象から外しましょう。

また、ブラックリストに載ると借入やカードの利用ができなくなるため、これを悟られないようにすることも重要になります。

任意整理については「任意整理のメリットとデメリット~債務整理で1番多い手続きの注意点」にて解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

家族にバレず「個人再生」する方法

個人再生とは、借金の大部分を減額したのち残りを3年間で返済する手続きです。

任意整理と違って元金が大きく減るため、500万や1,000万など多額の借金であっても解決できます。しかし、すべての債務を清算しなければなりません。

個人再生が家族にバレないようにするため、まずは手続きの流れについて知っておきましょう。

1. 手続きの流れ

個人再生は以下の流れに沿って行います。

個人再生の流れ
  1. 受任通知の送付
  2. 財産の調査
  3. 裁判所に申し立て
  4. 手続き開始決定

まずは任意整理と同じく、債権者に受任通知を送付し、開示請求と借金額の計算を行います。

個人再生は、持っている財産以上は返済しなければならないというルールがあるため、保有する財産についても調査しなければなりません。

借金額と財産が確定したら、裁判所に申し立てを行います。

その後、弁護士や司法書士と共に「再生計画書」を作成し、裁判所に認められれば手続き完了です。

2. 家族にバレずに行う方法

個人再生が家族にバレるのは、次のようなケースです。

個人再生が家族にバレる原因
  • 携帯が止められてしまった
  • 財産の調査でバレた
  • 借入やカードの利用ができないことがバレた

個人再生には差し押さえがないため、基本的には任意整理と変わりません。

しかし、個人再生は財産を調査する必要があるため、必要書類を揃える過程で家族にバレてしまう可能性があります。

なお、住宅ローンが残っていても「住宅ローン特則」によって返済を続けられるため、持ち家については、返済を続けられさえすれば心配しなくても大丈夫です。

個人再生については「個人再生は家を残せる大きなメリットがあるが2つのデメリットもある」にて解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

家族にバレず「自己破産」する方法

自己破産とは、すべての借金が免除される手続きです。

返済義務が一切残らないため、収入がない人でも借金を解決できます。その反面デメリットも大きく、財産が差し押さえられたり資格制限を受けたりする可能性があります。

自己破産が家族にバレないようにするため、まずは手続きの流れについて知っておきましょう。

1. 手続きの流れ

自己破産は以下の流れに沿って行います。

任意整理の流れ
  1. 受任通知の送付
  2. 財産などの調査
  3. 自己破産の申立書類を作成
  4. 裁判所へ自己破産の申し立て
  5. 管財事件または同時廃止事件へ

まずは他の手続きと同様、受任通知を送付後に開示請求し、借金額を計算します。この際、持っている財産についても開示しなければなりません。

申立書類が完成したら、裁判所に申し立てを行います。

自己破産手続きは、大きく分けて「同時廃止」と「管財事件」の2通りです。それぞれの手続きで、バレやすさが大きく異なります。

まずは裁判官と弁護士、破産者で面談して、破産に至った経緯や持っている財産などを説明し、同時廃止、管財事件のどちらになるか決まります。

2. 家族にバレずに行う方法

自己破産が家族にバレるのは、次のようなケースです。

自己破産が家族にバレる原因
  • 携帯が止められてしまった
  • 借入やカードの利用ができないことがバレた
  • 財産が差し押さえられた

自己破産で特に注意すべきは、差し押さえです。

先ほど自己破産には2種類の手続きがあると解説しました。

破産申立時にめぼしい財産がなければ同時廃止となり、差し押さえの手続きもありません。しかし、一定以上の財産を持っていると管財事件となり、財産を処分する工程が必要になります。

管財事件となれば、家族に債務整理がバレる可能性はかなり高くなるでしょう。どうしても隠し通せそうにないなら、素直に打ち明けるのも手です。

自己破産については「旦那の借金で債務整理をするとどうなる?マイホームは処分される?」にて解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

債務整理は家族に相談した方がスムーズ

債務整理は家族に相談した方がスムーズに進められます。

なぜなら、債務整理の際は収入やお金の流れ、そして持っている財産などを説明する必要があるからです。これらの作業は、家族に協力・理解してもらった上で取り組んだ方が楽になるでしょう。

それに、任意整理や個人再生だと手続き後も返済を続けていく必要があるため、家族の支えがないと苦しくなってしまうかもしれません。

打ち明けるには勇気が要ると思いますが、信用を考えれば素直に打ち明けた方が賢明です。

債務整理がバレたくないなら弁護士・司法書士に相談しよう

債務整理がバレたくないなら、弁護士・司法書士に早めに相談しましょう。

債務整理をしなくても、借金を滞納していると債権者から督促を受け、家族にバレてしまう可能性があるからです。

弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると、債権者に「受任通知」という書類が送付されます。この書類を送られた貸金業者などは、債務者への連絡を禁じられるため、即座に督促を止めることができます。

バレたくないなら、早めに専門家に相談する方が得策だと言えるでしょう。

債務整理は家族にバレずにできる!

債務整理は家族にバレずに行うことも可能です。

ただし、一言で債務整理といってもいくつか方法があり、手続きによってバレやすさは異なります。それに、絶対にバレないという保証はありません。

以下は、債務整理が家族にバレる主な原因です。

債務整理がバレる原因
  • 債権者から通知がきた
  • クレジットカードが使えない
  • 財産が差し押さえられた
  • 支払いを延滞した

状況によっては、隠し通すのが難しい場合もあります。手続きに協力してもらうという意味でも、可能なら素直に打ち明けることも検討しましょう。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。