債務整理後も賃貸契約は可能! 保証会社の審査に落ちた場合の対策も解説

『債務整理をしたことがあり、保証会社の審査に通るのか不安』
『債務整理をしたら、賃貸契約の更新ができないのではないか?』

と悩んでいませんか?

債務整理をすると、一定期間、信用情報機関に異動情報が掲載されます。そのため、家を借りたくても契約時の審査にまったく通らなくなると考えるかもしれません。

ただ、債務整理をしても問題なく家を借りられるケースもあります。

この記事では、

  • 債務整理をしても不動産会社や保証会社の審査に通るのか
  • 審査に通らないケースはあるのか
  • 債務整理が原因で入居を断られた場合の対策

などについて解説します。

なお、現在借金の返済に悩んでいる方は、早めに法律事務所へ相談するのをおすすめします。

どの法律事務所に相談をして良いかわからない方は、匿名で利用できる無料シミュレーションサイトが便利です。

債務整理後も賃貸マンションやアパートを借りられる

債務整理をすると、信用情報機関に異動情報が載り、ブラックリストと呼ばれる状態になります。

しかし、不動産会社や物件のオーナーは信用情報機関の情報を閲覧できません。そのため、あなたが債務整理をしたこともバレないので安心してください。

あなたがブラックの状態でも、不動産業者の審査は落ちません。

なお、ブラックリストに自分の名前や住所が載るのか不安な方は、以下の記事も参考にしてみてください。

参考⇒債務整理をするとブラックリストに名前や住所が載るの?

家賃保証会社との契約が必要なケースでも審査に通る可能性はある

マンションやアパートの賃貸契約をする際に、多くの物件では、家賃保証会社との契約を求められます。

家賃保証会社とは、契約者が家賃を滞納した際に、大家さんや管理会社に対して賃料を立て替える会社です。

大家さんにとっては、入居者から賃料を回収できなくても家賃保証会社から支払いを受けられるので、安心して家を貸せます。

また、入居者にとっても、契約時に連帯保証人を用意しなくて済むので、メリットの多い制度です。

保証会社にはいくつか種類がありますが、信販系保証会社以外は、債務整理をしたという理由だけで審査に落ちることはないのでご安心ください。

家賃保証会社の種類
  • 全国賃貸保証業協会(LICC)
  • 賃貸保証機構(LGO)
  • 独立系保証会社
  • 信販系保証会社

なぜなら、これらの保証会社では信用情報の確認ができなかったり、独自の審査を行っていたりするからです。

とはいえ、勤務先や勤続年数、年収などを総合的に考慮した結果、審査に落ちるケースはあります。

基本的には、毎月家賃を滞納せずに支払っていれば、審査には通りやすいでしょう。

信販系保証会社は信用情報がわかるので審査に落ちる

信販系保証会社の審査を受ける場合、債務整理を理由に契約を断られる可能性があります。

信販系保証会社は、クレジットカードの発行会社が運営しているため、CICやJICCなど信用情報機関に登録されている情報をもとに審査できるからです。

代表的な信販系保証会社は以下の5社。

主な信販系保証会社
  • 株式会社アプラス
  • オリエントコーポーレーション
  • 株式会社ジャックス
  • 株式会社セディナ
  • 株式会社エポスカード

債務整理をした後に引っ越す場合、保証会社によっては、審査に落ちるので注意してください。

そのため、引っ越しを先にするか、債務整理を先にするかで悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

その場合、まずは弁護士にご相談ください。弁護士なら、適切な対応についてアドバイスできます。

今すぐ専門家に相談する

債務整理後に賃貸マンションやアパートの審査に通った事例を解説!

債務整理をしている方が保証会社で審査を受けた場合でも、マンションやアパートを借りられる可能性があります。ただ、本当に審査に通るのか不安な方もいるかもしれません。

そこで、自己破産をしたAさんとBさんの事例をもとに、アパートやマンションの審査に通った事例を解説します。

自己破産をしたAさんがマンションの契約更新に成功した事例

Aさんは、もともと信販会社が保証会社になっているマンションに住んでいました。ただ、多額の借金を抱えため、やむなく自己破産をしたそうです。

さらに、自己破産の手続きから数ヵ月後に更新を控えていたため、契約の更新ができないのではないかと心配していました。

しかし、何の問題もなく更新できたそうです。

Aさんが問題なく契約を更新できた要因として、賃貸契約更新時にわざわざ入居中の居住者の個人情報を改めて照会しなかったことが考えられます。

とはいえ、自己破産をした後に引っ越し等で新たに信販系の保証会社の審査を受ける場合は、審査に落ちてしまう可能性が高いため注意が必要です。

自己破産をしたBさんがアパートの審査に通った事例

次に、自己破産をしたBさんが、アパートの審査に通った事例を紹介します。Bさんは、マイホームを持っていましたが、自己破産と同時に家を手放さざるを得なくなりました。

自己破産した当初は、妻方の実家に住んでいたものの、居心地が悪く引っ越しを決意。

Bさんが、新たに希望していた物件は、保証会社の審査が必要でした。ただ、自己破産をした後でも、無事アパートの審査に通ったそうです。

このように、債務整理をした場合でも、保証会社の審査に通る可能性は十分にあります。

債務整理が原因で入居を断られた場合の解決策

入居を希望する物件を借りようとしたら、保証会社の審査に落ちてしまい、残念な思いをされた方もいるかもしれません。

ただ、保証会社の審査に落ちても、家を借りる方法はあります。

債務整理が原因で入居を断られた場合の解決策
  1. 信販系以外の保証会社が審査をする物件を選ぶ
  2. 保証人や保証会社不要の物件を選ぶ
  3. 不動産管理会社へ相談する

順番に見ていきましょう!

1.信販系以外の保証会社が審査をする物件を選ぶ

希望する物件の賃貸契約をする際に、信販系保証会社との契約を求められた場合、審査に通るのは難しくなります。

その場合、信販系以外の保証会社が審査を行う物件を選べば、家を借りられる可能性は高いといえます。

保証会社 審査基準 他社との情報共有
全国賃貸保証業協会(LICC) 勤務先や年収、過去の家賃滞納の情報をもとに審査 あり
賃貸保証機構(LGO) 独自の審査を行っている あまりない
独立系保証会社 独自の審査を行っており、審査は厳しくない なし

特に、賃貸保証機構や独立系保証会社は、独自の審査を行っています。また、他社との情報共有もほとんどありません。

そのため、他社で家賃滞納をしたことがあっても、審査に通る可能性があります。ただし、審査を受ける予定の保証会社で過去に家賃滞納をした場合は、審査に落ちるので注意してください。

100%審査に通るわけではないですが、債務整理後でも家を借りやすい点は安心ですね!

2.保証人や保証会社不要の物件を選ぶ

すべての物件が保証会社の審査を必要としているわけではありません。たとえば、以下のような物件の場合、入居者を埋めたいがために保証会社を不要にしているケースもあります。

保証会社不要の物件の特徴
  1. トイレが共同
  2. 築年数が著しく長い
  3. 駅から遠すぎる

このように、物件の借り手がつかない場合は、大家さんや管理会社が早く空室を埋めるために、保証人や保証会社を不要にしているケースがあります。

3.不動産管理会社へ相談する

債務整理をしている場合は、素直に不動産管理会社に相談するのも一つの手です。

入居希望者が毎月賃料を支払ってくれるのであれば、できるだけ契約の仲介をしたいと考える不動産会社もあります。

例えば、転職をせずに安定した給料を毎月もらっている場合や、任意整理や個人再生をしたが借金の返済が終わっている場合は、きちんと対応してくれるでしょう。

もちろん、不動産管理会社には守秘義務があるので、オーナーに債務整理をしている事実が漏れる危険性はありません。

債務整理後にいきなり賃貸契約をしている家から追い出されることはない

債務整理をしたら、今入居している家から追い出されるのではないかと、不安を感じる方もいるかもしれません。ただ、債務整理をしても、いきなり家を追い出されることはないので安心してください。

なぜなら、家を貸すオーナーや不動産管理会社は、いつでも入居者を追い出せるわけではないからです。

借地借家法第26条に定められているように、契約期間の1年前〜6か月まで前の間に入居者へ連絡をしなければなりません。

さらに、大家や不動産管理会社からの解約申し込みをするためには、正当な事由があると認められる必要があります。

この際、正当な理由かどうかは裁判官が判断しますが、債務整理は正当な理由として認められる可能性は低いです。

ただし、以下の場合は、賃貸契約を解除される可能性があるので注意してください。

オーナーや不動産管理会社から賃貸契約を解除されるケース
  1. 家賃を何か月も連続で滞納した
  2. クレジットカードで家賃の支払いができなくなった

家賃を何か月も連続で滞納するのは、契約違反になる可能性があります。

また、家賃をクレジットカードで支払っている場合、債務整理によりカードが使えなくなることがあるので注意が必要です。

もし、毎月の賃料をカードで支払っている場合は、すぐに不動産管理会社やオーナーに連絡して、支払い方法を変更してもらいましょう。

参考⇒債務整理後に持っている他のクレジットカードを使う事はできる?

まとめ:債務整理をした後でも賃貸マンションやアパートは借りられる

債務整理をした後でも、賃貸マンションやアパートを借りることは可能です。

保証会社との契約を求められても、信販系の会社でなければ、債務整理歴がバレないからです。

また、信販系保証会社の審査に落ちても気落ちする必要はありません。

ほかの保証会社を利用したり、保証会社との契約が必要なかったりする物件もあるからです。

ただし、債務整理した事実がバレなくても、収入が安定していない場合や低い場合は、審査に落ちる可能性があります。

他社で家賃の滞納を繰り返していた場合も、滞納した情報が共有され、審査に落ちるケースもあるでしょう。

なお、現在も借金の返済に苦しんでいる場合は、早めに債務整理をおすすめします。なぜなら、借金は返済期間が長引くほど、多くの利息がかかるからです。

また、債務整理が遅れると、遅れた分だけブラックリストから外れるのに時間がかかり、入居時の審査への影響も長引きます。

借金の悩みは、一人で抱え込んでいても状況が良くなることはほとんどありません。1日でも早く、専門家に相談することをおすすめします。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。