借金320万円の返済方法と債務整理による借金問題解決方法

今回は、「借金320万円の返済方法」と、「いますぐに債務整理をすべき理由」について解説します。

320万円の借金は、人によっては年収を超えている可能性もある多額の借金です。

すでに返済に行き詰まっているときには、早急に債務整理する必要があります。

返済できない借金を放置しても利息や地縁損害金が膨らむだけです。

320万円の借金返済を1年放置すれば、遅延損害金だけで60万円以上になります。

現在は何とか返せている場合でも、小口の借入が多数あるときには、利息や返済日の回数といった負担はとても重たいものです。

「余裕を持って完済できる」場合以外は、低金利での借換えや債務整理で「借金を減らす」、「返済しやすい条件に変える」ことが必要でしょう。

また、『今の会社の給料では返済が厳しいことは分かっているけど、放置してしまっている。』

『1年以上借金の残高が減っていないもしくは増えている。』

このような状態の方は、既にその借金を返済できる見込みはほぼありません。

手遅れになる前に、弁護士や司法書士に相談を行ってください。

法律事務所は匿名で利用できる、無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

借金320万円を返済する方法

多額の借金が返せなくなったときには、債務整理で解決するのが最善の方法です。

最もよく知られている債務整理の方法は「自己破産」です。

自己破産することには抵抗を感じる人も少なくないと思いますが、債務整理の方法は自己破産だけではありません。

180万円の借金であれば、自己破産以外の債務整理で解決することも十分可能です。

借金320万円を任意整理するのは簡単ではない

「任意整理」は最も多く利用されている債務整理です。

任意整理が成功すれば将来発生する利息が免除されるので、借金の負担がかなり軽くなります。

また、裁判所を用いずに債権者と個別に交渉する方法で行うため手続きも簡単で費用も抑えられます。

その他方で、裁判所を用いないため「借金それ自体の金額」を減らすことはできない、「相手方が同意しなければ成功しない」といった限界があります。

任意整理では、借金の残額を36回~60回の分割払いで支払い直す交渉(和解)をします。

320万円の借金を任意整理したときの毎月の支払額は、36回で89,000円、60回で54,000円です。

「消費者金融や銀行カードローンから小口の借金の積み重ね」で320万円の借金になっているときには、毎月の支払額は7~10万円ほどになります。

したがって、3年で分割返済する任意整理では、毎月の返済額を減らすことができないことが多いでしょう。

しかし、返済回数が伸びるほど債権者から任意整理を拒否される可能性も高くなります。

また、毎月54,000円という返済額も決して少ない額ではありません。

借金320万円を任意整理で解決するのは「不可能ではないが簡単ではない」といえます。

任意整理については下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒任意整理のメリットとデメリット?債務整理で1番多い手続きの注意点

「おまとめローン」で借り換えるときの注意点

小口の借金がたくさんあるときには、いわゆる「おまとめローン」を利用して「借金の一本化」を検討する人もいると思います。

たしかに、現状よりも低い利率で借金をまとめて借り換えることができれば、「毎月の返済額が減り」、「返済回数も1回」にまとめることができます。

多額の借金を抱えている人にとって「毎月の返済日が1回限り」になるのは、とても魅力的です。

しかし、おまとめローンを利用するときには、次の点に注意が必要です。

必ずしも希望額を借りられるとは限らない
思ったよりも金利が低くならないことがある(審査後でないと適用金利はわからない)
金利を下げるためにいまよりも多額の借金を抱えることがある
長期間の返済となるため「支払総額」が現状よりも増えることがある

公的金融機関やろうきんで借り換えをできるのであれば、現状よりも大幅に金利は下がります。

しかし、銀行や消費者金融などのおまとめローンでは、思ったよりも金利が下がらないことがあります。

金利の低下が少ないときには、支払い回数が伸びることで逆に支払総額が増えることの方が多いです。

「返済のシミュレート」が不十分なままに、「安易におまとめローン利用」することは、逆に自己破産に追い込まれるきっかけとなることもあります。おまとめローンの利用は、債務整理した場合とも比較をした上で、慎重に判断しましょう。

おまとめローンと債務整理については下記ページで詳しく解説をしています。

債務整理とおまとめローンどっちがいい?任意整理や自己破産との違い

所有している財産が少なければ個人再生で大幅に借金を減らせる

借金が多額なために任意整理が難しいときには、個人再生を利用することが考えられます。

個人再生が認められれば裁判所の決定によって「借金の一部が免除」されるため、自己破産を回避することも可能です。

個人再生で減額される借金の額は民事再生法という法律で決められています。

320万円の借金の場合には、①100万円、②清算価値のいずれかの多い方の金額を「3年の分割」で返済することになります。

「清算価値」とは、「個人再生のときに自己破産すれば債権者に配当できる金額」のことです。

清算価値は、「アンダーローンやローン完済済みの不動産」や「自動車」、「預貯金」といった「20万円を超える所有財産の総額」で算出されます。

つまり、「自己破産したときに差押えの対象となる財産が320万円を超えているとき」には、個人再生しても「借金は1円も減額されない」ことになります。

320万円の借金がある人は、「全く財産がない」ということは珍しいと思われます。資産の全くない(収入が少ない)人が320万円の借金をすることは簡単ではないからです。

他方で、オーバーローンのマイホーム以外にめぼしい財産がないときには、個人再生は非常に有効な方法です。

「住宅ローン特則付き個人再生」を利用すれば、住宅ローンの支払い条件を見直したり、支払いの猶予、失った期限の利益の回復が可能な場合もあるからです。

個人再生は、「住宅ローンと消費者金融などの借金が重なった場合にマイホームを失わずに借金を整理できる」手続きを用意するために創設された制度でもあります。

住宅ローンの支払いと消費者金融・銀行カードローンの二重・三重の返済で苦しい人は、利用を検討してみる価値があります。

個人再生については下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒個人再生は家を残せる大きなメリットがあるが2つのデメリットもある

毎月返済できるだけの収入がなければ自己破産で解決

収入不足や家計の負担が小さくないことなどを理由に、毎月の返済額を確保することが難しいときには、自己破産で解決するほかありません。「借金を返さずに解決する」方法は自己破産しかないからです。

特に銀行カードローンからの借金が多いときには、年収以上の借金を抱えてしまっていることも珍しくありません。

銀行には「貸金業法」の適用がないため「総量規制」がなく、年収以上の貸付を行っていることも少なくないからです。

「返しきれない借金」を抱えてしまったときには、できるだけ早く自己破産して解決しましょう。

自己破産すれば、手続きが開始された後に得た収入はすべて自由に使うことができます。

さらに、自己破産をしても家財道具や生活に必要な現金など(99万円までの財産)は手元に残すことができます。

また、浪費やギャンブルを原因とする借金であっても、裁判所の裁量で免責を受けることも可能です。

自己破産については下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒自己破産はメリットしかない?家族や子供、仕事にデメリットはないの?

320万円の借金をいますぐ債務整理すべき4つの理由

「自己破産はデメリットが多いからしたくない」、「債務整理は体裁が悪い」、「債務整理すると借金を返せないことが誰かに知られてしまうのではないか」といった理由から、債務整理に踏み切れない人も少なくありません。

しかし、180万円の借金返済が苦しくなったときには、すぐに債務整理をすべきでしょう。

返せなくなった320万円の借金を放置しても利息が膨らむだけ

320万円の借金は「ちょっとした借金」ではありません。年10%の利息だとしても、年32万円の利息が発生します。

延滞があればさらに高額な遅延損害金が発生します。

ところで、320万円の借金返済に苦しんでいる人は、大口の借金ではなく50万円までの小口の借金が積み重なっていることが多いと思います。

小口の借金は利息の面でも不利です。320万円を1カ所から借りているときの上限利率は10%ですが、50万円の借金の上限利率は18%になるからです。

320万円の借金を年18%で計算すれば年間の利息は576,000円になります。

利息は、借金解決のための対応が遅くなるほど膨らんでいきます。

「返済が苦しい」と感じたときには、手遅れになる前に弁護士・司法書士に相談しましょう。

320万円の借金があるときには「自転車操業」も難しい

借金の返済日に手元にお金がないときには、「返済のための借金」をする人も少なくありません。

このような借金のために借金を重ねることを「まわし」とか「自転車操業」と呼びます。

320万円の借金があるときには、自転車操業やまわしも難しいことが少なくありません。

総量規制にひっかかってしまったり、すでに借入件数が多いことで融資の審査に通らないからです。

そもそも、自転車操業・まわしは、借金を膨らませるだけの危険な行為なのでお勧めできません。

したがって、借金320万円のすでに返済に行き詰まっているときには、「延滞」するほか選択肢がない場合が少なくありません。

数日程度の返済遅れは「遅延」として軽微な問題として処理してもらえます。

しかし、61日以上の滞納は、「延滞」として信用事故となり信用情報に登録されます。

「延滞」の事故情報は完済から5年は消去されません。

実は、債務整理をしなくても、ブラックリストに掲載されてしまうのです。

また、「返済できるアテのない自転車操業」は、後に債務整理することになった場合にも悪い影響を及ぼします。

借入直後の借金は、任意整理をしても債権者に拒否されてしまいます。

また、借りて全く返していない借金があるときには、自己破産できない場合もあります。

「踏み倒し目的の自己破産」は、「詐欺破産」として認められないからです。

詐欺破産とならなくても、「自己破産の1年前までに、返済能力がないことを偽ってした借金」があるときには、免責不許可となることがあります。

ヤミ金と関われば一生が台無しになることも

320万円の借金があるときには、これ以上の借金をできない状態にあることが一般的です。

1,000万円を超える収入や担保の提供(不動産・連帯保証人)がない限り、正規の金融機関から追加の借金をすることは難しいといえるでしょう。

多額の借金を抱えた人がお金を工面するために最後にたどり着くのは「ヤミ金」です。

ヤミ金は、マンガや映画の世界だけでなく、私たちの身近にもたくさん存在しています。

たとえば、ネットで検索することのできる090金融や個人間融資(掲示板サイトでの融資)は、そのすべてがヤミ金といっても良いでしょう。

ヤミ金のおそろしさは、「トイチ」という言葉に代表される法外な利息だけではありません(実際のヤミ金はトイチよりも遙かに高い利息を要求します)。

女性であれば、ヤミ金から性的な行為を要求されたり、身分証明書や銀行口座の売買、違法薬物の運び屋、詐欺の出し子といった犯罪行為への荷担をそそのかされることもあります。

つまり、犯罪被害者になるだけでなく、犯罪者にさせられてしまう可能性もあるのです。

最も典型的な手口は銀行口座の譲渡を持ちかけられることです。

しかし、銀行口座の売買は法律で禁止されています。

ヤミ金に譲渡した銀行口座が犯罪行為に利用されれば、その名義人の口座はすべて(他銀行の口座も含めて)凍結されてしまいます。

また、犯罪行為に荷担した口座の名義人の氏名は全銀行で共有されるので、一生銀行口座を持てなくなる可能性があります。

銀行口座を失ったことで、職を失うこともあり得ます(犯罪行為に荷担したことが職場に知れる可能性がある)。

ヤミ金とは絶対に関わらないようにしましょう。

関連記事⇒闇金の借金は債務整理できる?弁護士や警察に相談をする前の注意点

「借金320万を返済する方法」のまとめ

320万円の借金はかなり危険な金額です。

「毎月の返済が大変」と感じているときには、些細な出来事で返済が頓挫してしまう可能性が高いです。

さらに、320万円の借金が多重借入による場合には、一度頓挫した返済を建て直すことはかなり難しいといえます。

つまり、「自己破産するしかない状況」と紙一重にあるといってよいでしょう。

毎月の返済に余裕がある状況でない限り、早急に必要な対策を講じる必要があります。

いまでは、多くの弁護士・司法書士事務所が無料で借金の相談を受け付けています。

「自分の借金を債務整理するとどうなるか」ということを知っていることは非常に大切なことです。まずは気軽に相談してみるとよいでしょう。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。