借金300万円の返済方法と債務整理を今すぐすべき理由

返済しきれない借金を抱えてしまったら、普通に返済することは難しくなります。

仮に返済できるとしても、支出を圧迫して家計は火の車になります。

返済期間が長くなれば収入がアップすることも、逆に減少することもあり得ます。

収入が減少すれば、300万円もの借金を返済することはさらに難しくなります。

この記事では、300万円の借金を返済することに困っている人にとって有益な情報を掲載しています。

借金300万円で支払う利息は?

借金300万円を任意整理で返済できるか?

借金300万円を個人再生で返済できるか?

借金300万円、もう自己破産しか方法はない?

債務整理は最終手段とは言え、借金300万円だと債務整理しか方法がないという人も少なくありません。

この記事を読んで、今後の対応の指標にしてください。

また、『借金返済の為に、他の消費者金融からもお金を借りている。』

『給料日前になると、お金が無くなりまた借り入れをしてしまう。』

このような状態まで状況が悪化している方はすでに、黄色信号が点滅している状態です。

手遅れになる前に今すぐに法律事務所に相談をしてください。

どの法律事務所に相談をしたら良いか分からない方は、匿名で利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

借金300万円の支払い利息

100万円以上の借金の利息の上限は「年15%」です。

実際に利息は毎月の返済時に発生するため、これを12分割すれば1ヶ月あたりの利息は元金の1.25%に相当します。

300万円の1.25%、つまり借金300万円の年利15%における1ヶ月あたりの利息は37,500円となります。

借金300万円の返済シミュレーション

実際の利息は利息計算時の元金残高に応じた金額であるため、返済を続ければ毎月の利息は徐々に減少します。

年利15%の借金300万円を「60ヶ月完済」および「80ヶ月完済」する場合の毎月の返済について見ていきましょう。

返済回数返済額元金利息
1回目71,369円33,869円37,500円
2回目71,369円34,293円37,076円
3回目71,369円34,722円36,647円
58回目71,369円68,758円2,611円
59回目71,369円69,618円1,751円
合計71,396円70,515円881円
返済回数返済額元金利息
回目59,539円22,039円37,500円
回目59,539円22,315円37,224円
回目59,539円22,594円36,945円
回目59,539円57,361円2,178円
回目59,539円58,078円1,461円
回目59,539円58,811円735円
合計4,763,127円3,000,000円1,763,127円

どちらの場合でも利息だけで100万円以上支払い、元金を合わせた総返済額は400万円を軽く超えています。

毎月の返済額も6~7万円を負担しなければならず、収入が少ない人は相当な負担になります。その負担に自信が無ければ、早めに債務整理を決断しましょう。

任意整理で300万円の借金は返済できる?

借金300万円を任意整理で完済したい場合、最低でも毎月50,000円を返済用に確保しなければなりません。

これが不可能な場合、任意整理は諦めて個人再生や自己破産を選択するしかありません。

任意整理は本人や弁護士が債権者と交渉し、返済計画を見直します。

この時、多くのケースで「今後は元金のみ返済(利息が発生しない)」「最長5年で完済する」ことを条件に返済計画を見直すことになります。
つまり、300万円の元金を60ヶ月で完済するので、毎月50,000円を返済することになります。

先程のシミュレーションと比較すれば、毎月2万円ほど負担が少なくなります。

任意整理については任意整理のメリットとデメリットの記事で詳しく解説をしています。

個人再生で300万円の借金は返済できる?

個人再生の場合であれば、毎月の返済は約17,000円まで抑えることができます。

個人再生では、100万円以上500万円未満の借金は、100万円まで減額できることが多いです。

これを3年から5年で完済する返済計画を立案します。そのため、100万円÷60ヶ月≒毎月17,000円の確保が必要になります。

5年での返済が認められれば、任意整理よりも大幅に負担を減らすことが出来ます。

返済に充てられるお金が少ない場合であれば、任意整理よりも個人再生を選択するほうが現実的です。

個人再生の場合、除外する借金を選べないことがネックになります。

任意整理は裁判外の交渉なので債務整理しない債権者を選ぶことができますが、個人再生では不可能です。

そのため「保証人付きの借金」「担保が付いている借金」なども債務整理の対象になり、自分や周囲への悪影響が発生します。

個人再生については、個人再生のメリットとデメリットの記事で詳しく解説をしています。

債務整理の奥の手「自己破産」

個人再生の返済額も負担できない場合は、自己破産をするしかありません。

自己破産は「免責」を受けられれば借金を返済しなくて良くなります。

免責には「免責不許可事由」という、免責を受けられなく条件がいくつか規定されています。主な不許可事由は以下のとおりです。

債権者の不利益のために財産を隠したり意図的に財産の価値を下げた

破産手続きの開始を遅らせるために不利益な条件で借金を背負った

複数の借金を背負っている場合に、その中の特定の債権者に対してのみ返済などの有利な行為をした

借金の原因が「浪費」や「賭博」である

業務や財産に関する帳簿や書類を隠蔽したり偽造した

自己破産の申し立ての時に、債権者名簿に虚偽の内容があった

破産手続きで裁判所が行う調査に対して説明を拒否または嘘をついた

参考記事⇒自己破産のメリットとデメリット

しかし、免責不許可事由があっても悪質でなければ裁判所がこれを許可する場合もあります。

これを「裁量免責」と言います。弁護士を味方につけていれば、裁量免責も受けやすくなります。

もし、免責不許可に該当する事情がある場合は、弁護士に相談することをお勧めします。

借金300万円と債務整理まとめ

借金300万円を普通に返済しようとする場合、利息だけでも相当な負担になります。

短期間で返済しようとすれば毎月の負担は大きく、毎月の負担を少なくしようとすれば最終的な利息の負担が増加します。

綿密かつ安定した返済計画を組めない場合は、負担が大きくなる前に債務整理を考えるべきです。

その際、最初から専門家に相談するのではなく、まずはオンラインで提供されている無料サービスを利用しましょう。

各金融機関の公式サイトにある「返済シミュレーション」や、債務整理の効果を見積もる「減額シミュレーション」の利用をお勧めします。

これにより自分の借金の現状を知ることができ、専門家との相談にも役立つはずです。

いずれにしても借金問題は放置していても何も始まりませんし、状況は悪化するだけ。1日も早い対応を心がけてください。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。