借金詰んだと諦めないで!債務整理をする事で人生はやり直せる

キャッシングやクレジットカードを利用している人は、毎月決められた日に返済をする必要があります。

ですが、中には借金を繰り返してしまい、なかなか返済ができないという人も。

借金が原因で精神的に弱ってくると、『借金詰んだ』と人生が終わったと感じてしまう人も多いです。

どうしても借金がやめられず、返済も困難で、何もかも諦めてしまいたい。

このように思っていたとしても借金が原因で人生を終わらせてしまうのは絶対にやめてください。

まずは根本的な原因を知って内面から改善をしていくのと同時に、金銭面については債務整理をすることで人生は必ずやり直す事ができます。

今回は、借金詰んだと感じてしまっている人へ、債務整理をすることで合法的に借金問題を解決する方法を解説していきます。

また、『給料が出ても返済やその他の支払いをすると、結局お金が足りず月末になるとまた借りてしまう。』

『借金返済の為に、他の会社からお金を借りているような状態が続いている。』

このような状態に陥っている方は、既に黄色信号が点滅している状態です。手遅れになる前に今すぐに法律事務所に相談をしてください。

法律事務所選びは、無料で利用できるチャット相談の利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

なぜ?借金をしてしまう原因を知る事から問題解決の第一歩は始まる

ちょっとお金がなくてキャッシングを利用してしまうということは、誰にでも起こり得るでしょう。

社会人であればある程度の借金はボーナスなどでも返済することはできます。

そうでなくても、分割で返済していけばそこまで苦労することなく完済できるのでは?とも思えますよね。

でも、実際に借金の返済に苦しむ人は多いのです。

取り返しのつかないほどの借金を抱えてしまう人は、経済的な問題だけでなく心の問題を抱えていることも。

借金を繰り返してしまう原因には、以下のようなものがあります。

ギャンブル依存症による借金問題

パチンコやスロット、競馬などのギャンブルが好きでやめられない人が陥りやすいのがこの病気。

とくに最初に大勝ちしてしまうと、それが忘れられず、どんどんのめり込んでしまうのだとか。

ギャンブル依存症の怖い点は、自分がギャンブルでお金を失っていることに気が付かないということ。

「トータルでは勝っている」、「次は勝てる」このような発言をしている人は要注意です。

趣味で楽しんでいるうちはいいですが、ギャンブルでお金を稼ごうという思考に陥っている時点で自分を客観的に見れず、ギャンブルにハマっている証拠でしょう。

ギャンブル依存症は自分ではなかなか治せません。

専門的な病院で治療しつつ周囲の人にも助けてもらいながら、長い時間をかけて症状を改善していくようにしましょう。

浪費癖による借金問題

自分の収入に見合わないブランド物や高級品を買うために、借金をしてしまう人も非常に多いです。

このような人は見栄っ張りな傾向があり、知り合いが持っているものより良いものを買おうとしたり、店員に進められて衝動買いしてしまう、というような無計画な買い物をしてしまいがち。

最初はクレジットカードの高額利用から始まって、クレジットカードの支払いができないとなるとキャッシングなどにも手を出すようになります。

人間は一度生活水準を上げると、これを維持しようとしてしまいます。

生活水準を下げるために自分の支出を見直すというのは、見栄っ張りな人にはなかなかできません。

家族や親しい人に注意されても、素直に聞き入れられない人が多いでしょう。

浪費癖を治すには、自分でしっかりと反省し、借金問題やお金の専門家に指導してもらう必要がありますね。

いずれにしても、借金問題は時間との勝負です。

1人で辛く悩み続けるのではなく、今すぐに専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

借金依存症による問題

これはそのまま、借金をするのがクセになってしまっている人のことです。

借金をしていると、あまりにも簡単にお金を手にすることができるため、お金の価値が分からなくなってしまいます。

借入限度額を自分の貯金残高と混合してしまって、まるで自分のお金を使っているかのような感覚に陥ってしまうのでしょう。

借金は繰り返していくうちに、お金を借りることへの抵抗感が薄れていきます。

少し前であれば、お金がないときは外食を我慢したり給料日まで待ってから買い物をしていたのに、借金がクセになってしまったがために、給料日までの数日ですら我慢することができなくなってしまうのです。

借金依存症は立派な精神病です。

こちらも専門の医療機関などで、長い期間、治療を受ける必要があるでしょう。

これらの依存症・クセは、同時に患ってしまうことも少なくありません。

複数の症状が出ている場合には、さらに事態は深刻。

一刻も早く、治療を開始する必要があるでしょう。

繰り返す借金は、治療と債務整理を同時に進めるのが一番

借金を繰り返してしまう人は、ただ借金を整理しても意味がありません。

重要なのは、“借金を繰り返すこと”と“借金を抱えていること”、この2つを同時に解決することです。

自分が依存症であることを認め、治療を開始する段階に進むことができれば、現実的に借金解決にも乗り出せます。

依存症のまま債務整理をしたとしても、またすぐに同じような状況に陥ってしまう可能性は高いでしょう。

むしろ、債務整理をしたことで消費者金融や銀行カードローンを利用できなくなってしまい、違法な貸金業者から借り入れをする、なんて最悪の事態も十分に考えられます。

借金を繰り返して、借入額が高額になってしまったり多重債務を抱えてしまった場合は、借金クセを治療しながら借金解決をするようにしてください。

じつは、依存症の治療にも債務整理は一役買っていると言われています。

その理由は“借金ができない状況になるから”です。

債務整理をすることで、信用情報に事故情報と言うものが登録されます。

この事故情報は、キャッシングやクレジットカードの審査の際にチェックされ、返済能力にマイナスの影響を与えるもの。

これによって、ほとんどの貸金業者から「融資不可」と判断されるはずです。

借金したくても貸してくれるところがない。

物理的にこのような状況に陥ってしまえば、借金漬けの生活に戻るリスクが低くなりますね。

一度、依存症を治療しよう!と自分で決意できたのであれば、必ずこの状況を乗り越えることはできます。

借金できないことをデメリットと受け止めず、依存症克服のチャンスだと思うようにしましょう。

債務整理の手続きを進めるうえでの注意点

では、実際に債務整理をするうえで注意すべきポイントをまとめてみましょう。

まずは専門家へ相談する

借金問題に関しては、弁護士などの専門家に依頼することが大切。

借金の返済が苦しくなってくると、つい貸金業者へ相談してしまったりするのですが、焦って行動しないように気を付けてください。

債務整理は「必ずこのような結果になる」と保証されている手続きではありません。

手続き方法を間違えてしまうと、債務整理じたいができなくなってしまうことも。

必ず専門家の指示に従って手続きを進めるようにしましょう。

借金の原因・状況についてウソをつかない

借金の原因や状況などを説明する際に、後ろめたさを感じたり恥ずかしく思うこともあるでしょう。

ですが、だからと言ってウソをついてしまってはいけません。

専門家に正しい情報をつたえないと、適切ではない判断や間違ったアドバイスを受けてしまう原因になります。

とくにギャンブルや浪費による借金と言うのは、簡単に債務整理を認めてもらえないこともあるので、必ず正しい説明をするようにしましょう。

自分は治療に専念する

債務整理を専門家に依頼したら、基本的にはすべての手続きをお任せしてしまって問題ありません。

どのような結果になるのかヤキモキするかもしれませんが、気にしていたところで結果は変わらないでしょう。

それよりも、自分は治療に専念して、少しでも早く依存症を改善できるように努めた方が建設的です。

専門家も必要であればきちんと途中報告や相談をしてくれますので、安心して手続きを任せてしまいましょう。

借金詰んだと思っている人の対策方法まとめ

借金が返済できず人生を諦めてしまいたいこともあるかもしれません。

ですが、諦める前になぜそんな状況に陥ったのかを良く考えてみましょう。

例え、現状がとても辛く厳しくても人生はやり直す事は可能です。

借金癖を根本的に解決し、二度と同じことを繰り返さない為には精神的な部分と金銭的な部分の両方を改善する必要があります。

まずは、自分自身の原因を見つめ直し改善すると同時に債務整理をすることによって金銭的な負担を無くしてください。

いずれにしても、借金問題は放置していても何も変わりませんし状況は悪化するだけ。

1人で悩むのではなく、まずは今すぐに法律事務所に相談をすることをおすすめします。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。