借金もう無理。疲れたと1人で悩まず債務整理をする事で道を開く方法

借金は計画的に返済をしていかないといけませんね。

借りては返す、を繰り返していると思うように借金が減らず、返済に行き詰ってしまうことも少なくありません。

計画性のないままにお金を借りている人は、どこかで借金返済はもう無理だ・・・と思っていることでしょう。

返済できない人、借金に疲れてしまった人は、まず1人で悩むのを辞めましょう。

自分では取り返しがつかないような状況に思えても、債務整理という手段で完済までの道を切り開くことができます。

債務整理をするためには、法律の専門家から知恵を借りることも重要。

1人で解決しようとせず、時にはほかの人の助けを借りながら、借金を乗り越えていきましょう!

今回は、自分では完済は無理だと諦めかけている人へ、債務整理することで新たな人生を切り開く方法をご紹介します。

また、『どう考えても現在の手取り額では、借金を返していくのが厳しいことは分かっているが現実逃避してしまっている。』

『借金の残高が1年以上減っておらず、利息のみ支払う状態が続いている。』

このような状態まで状況が悪化している方は要注意です。

手遅れになる前に今すぐに法律事務所に相談をして下さい。

どこに相談をしたら良いか分からない方は、簡単に利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

借金返済はあきらめないことが肝心!

借りたら返す、これは当然のことですね。

キャッシングやカードローンも、もちろん借りたからには返済をしなくてはいけません。

借金を完済するためには、自分の支払い能力を客観的に判断し、無理な借金をしないということが重要です。

無計画にお金を借りていると、すぐに借金は膨らんでしまうので要注意。

お金を使う時はあっという間でも、返済には長い時間が必要となります。

1回の返済額が少額であったとしても、完済のめどが立たないままでは心も体も疲れてしまいますよね。

借金は完済するまで、根気強く支払いを続けていかないといけないものだと改めて肝に銘じましょう。

借金返済を諦めてしまったとしても、状況が改善したり返済から逃げることはできません。

むしろ、借金を滞納するとその分だけ利息金や遅延損害金が膨れ上がり、高額の返済を請求されてしまうでしょう。

貸金業者からの連絡を無視するといった悪質な場合には、残りの借金を一括返済するように迫られたり、訴えられてしまう可能性も・・・。

借金の返済が無理だと思ったら、放置せずにすぐに借金解決に乗り出さなくてはいけませんね。

借金の解決方法とは?

借金の解決方法と言えば“債務整理”が1番に挙げられます。

任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産の4つの方法の中から、状況に応じて適切な手続きを選ぶことで借金の負担を軽減することができます。

それぞれの手続きの特徴は以下の通り。

・任意整理

貸金業者と直接交渉をおこなう方法です。

利息金や遅延損害金を免除してもらって、借金元金のみを返済するという条件で新たに契約を交わすことが多いようです。

1社ごとに交渉をおこないますので、整理する借金とそのまま残しておく借金を自分で選ぶことができるのが1つの特徴。

自由度の高い反面、借金の減額幅は少ないので、高額な借金の場合には任意整理をしてもあまり意味がないケースも。

任意整理で借金が解決できるかは状況によりますので、弁護士や司法書士にアドバイスをもらった方がいいでしょう。

・過払い金請求

払いすぎた利息金がある場合に、過払い金として貸金業者から返済してもらう方法です。

過去に利息制限法を超えたグレーゾーン金利での借り入れをしていた人がこちらの対象で、長く借り入れていた人ほど多くの過払い金が発生している可能性があるとのこと。

ただし、過払い金は最後の取引から10年経過すると、時効を迎えて請求ができなくなってしまいます。

そのため、過払い金が発生していると思われる人は、すぐにでも調査に乗り出す必要がありますね。

貸金業者から取引履歴を開示してもらい、利息制限法内の正しい金利で計算をし直すことで、すぐに過払い金の有無が分かります。

こちらの計算が間違っていては元も子もありませんので、過払い金請求に関しては借金問題を扱っている弁護士や司法書士へ相談しましょう。

・個人再生

裁判所に再生計画書を提出し、その計画に沿った返済をおこなうという方法です。

借金元金を原則として、5分の1以下に減額し、3年~5年という長期間の分割払いで返済するようになります。

この方法だと、高額な借金をグッと減らすことができるうえに、住宅ローンを除いて手続き可能ですので資産を残しておきたい人におすすめですね。

・自己破産

裁判所へ破産の申し立てをおこない、免責許可を受けることで借金が帳消しになる方法です。

すべての借金に対して効力を発揮しますので、キャッシングやクレジットカードはもちろん、ショッピングローンや知人からの借り入れなどもすべて返済する義務がなくなります。

一方で、高額な資産は返済に充てるために売却処分されてしまうというリスクも。

自己破産の場合、家族や知人に迷惑をかけてしまう可能性もありますので、よく検討してから手続きを開始しなくてはいけません。

債務整理をするなら、法律の専門家へ相談を!

債務整理で借金を解決したいのであれば、まずは弁護士や司法書士へ相談しましょう。

この時に気を付けなくてはいけないのが「どこの法律事務所へ相談をするか」ということ。

相談先を選ぶポイントとして重要なのが以下の2つです。

債務整理を専門とした事務所か
担当者とのコミュニケーションに問題はないか

焦って目についた法律事務所へ相談してしまうのは、失敗のもと。

上の2つのポイントから相談先を吟味しないと、あとで後悔してしまうかも。

弁護士や司法書士がいくら法律のスペシャリストだと言っても、それぞれ得意とする分野があります。

中には個人の借金問題に関してはあまり実績がないというようなところも。

まずは、債務整理案件をどの程度手がけたことがあるのかをチェックしてみましょう。

債務整理に強い法律事務所であれば、過去の判例や自身の経験による実践的な意見をもらうことができます。

ただ借金を解決するだけではなく、今後の生活についても、借金を繰り返さないためのアドバイスをもらえるので、相談するだけでも得るものは大きいですよ。

また、担当する弁護士や司法書士とうまくコミュニケーションをとれるかというのも重要なポイントでしょう。

こちらの話を親身になって聞いてくれたり、共感してもらうだけでも心が軽くなりますよね。

1人で無理な借金を抱えていると、時には心が折れてしまいそうになることも。

そんな時に、弁護士や司法書士が味方になってくれるととても心強く感じるはずです。

ただ債務整理の手続きを淡々とこなすのではなく、依頼人の生活や精神的な部分にも気を配ってくれる担当者が理想ですね。

精神的に支えてもらうだけであれば夫や妻といった配偶者、家族でも問題ないでしょう。

ですが、借金問題の場合、心の支えがあるからと言ってそれだけで問題を解決できるわけではありません。

弁護士や司法書士であれば、精神的な支えになりつつ、実際に問題を解決するための知恵も借りることができるので一石二鳥ですよね。

1人で悩んでいるままでは、いつまでも道は切り開けません。

少しでも早く債務整理をして、新しい人生をスタートさせましょう!

借金がもう無理と思う人の債務整理の方法まとめ

借金に1人で立ち向かおうとすると、もう無理・・・と諦めてしまいたくなる時もあるでしょう。

返済に疲れている人は、たまには借金のことを忘れて普通に生活したいとも思うはず。

そんな時こそ、弁護士や司法書士の力を借りることが重要!

債務整理には4種類あって、借金の状況によって適切な方法を選ばなくては効果がありません。

まずは、弁護士や司法書士とよく相談をして、どの方法が自分に合っているのかを見極めましょう。

専門家へ相談したり債務整理をおこなうことは、借金を乗り越えるための有効な手段です。

頼れる担当者を見つけて、完済までの道を切り開きましょう!

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。