もう嫌だ・・・。借金が辛いと悩むなら今すぐに債務整理を考える理由とその方法

借金の返済がきつく、つらい思いをしている人は非常に多いです。

そして、借金問題の現実を受け入れられずに、後回しにしてしまいがちな方も少なくはありません。

苦しみから解放されるためには、今の借金が自分の返済能力を超えているのか見極めることが重要です。

もし、返済能力を超えた借金を抱えてしまっている場合には、1日でも早く借金問題解決に乗り出さなくてはいけません。

ずばり、借金問題を解決するのであれば、すぐにでも債務整理を検討するべきです。

債務整理とは、借金の負担を軽減するための合法的な方法。

高額の借金に悩んでいたけれど、債務整理のおかげで自力で完済までこぎつけた!という人はたくさんいます。

また、手続きによっては借金そのものをチャラにする事も可能です。

ですが、どうせ借金を減額できるのであれば、そんなに急がなくても良いのでは?

このように思う方もいますが、借金問題は1日でも早く対策するべき大きな理由があります。

今回は、つらい借金を抱えている人が債務整理を急いだほうが良い理由と、具体的な手続き方法について解説していきます。

参考にしてください。

また、『現在の収入や環境では、借金を完済するのは厳しいと理解しながらも放置してしまっている。』

『利息を払ってばかりいるだけで、元金が1年以上全く減っていない。』

このような状態まで状況が悪化している方は既に黄色信号が点滅している危険な状態です。

1人で悩み続け、手遅れになる前に今すぐに法律事務所に相談をして下さい。

法律事務所は、簡単に利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

借金返済ができていればいい、というワケではない

高額な借金を抱えていたり、多重債務に陥ってしまうと、借金問題そのものと向き合うことをやめてしまう人が多いのが実情です。

特に、リボ方式の返済などは1回の最小返済額の設定も低くなっているので、自分が抱えている借金の大きさを実感しにくいということもありますね。

とりあえずは自転車操業でも毎回の返済ができているため、借金完済について真剣に考えない事も原因の一つかもしれません。

このようなケースで1番問題なのが、いくら毎回の返済をこなせていたとしても、そのほとんどは利息金の支払いであって、借金の総額は減っていないということ。

いつまでたっても減らない借金の利息を律儀に支払う人は、貸金業者からしてみるといいお客さんと言えるでしょう。

このような人は、どんどん融資上限が引き上がったり、さらに借金を繰り返しやすいような状況に陥ってしまう傾向があります。

毎回の返済金額しか気にしてないという人は、一度、自分の借金そのものに目を向けてみましょう。

実は、思った以上に高額に膨れ上がっていて、今のままのペースでは完済までに何年もかかってしまう事は間違いありません。

借金がつらい人が債務整理を急いだほうが良い理由とは?

すでに借金の返済がつらいという場合、少しでも早く債務整理を検討することをおすすめします。

債務整理を急いだほうがいい理由は以下の5つ。

1日ごとに利息金が発生するから
借金滞納すると遅延損害金が発生するから
過払い金は10年で消滅してしまうから
手続きを開始すれば返済はストップするから
解決方法の選択肢が減っていくから

1つ目が、利息金の存在です。

キャッシングやカードローンは、金利が高めに設定されていることがデメリットの1つでもあります。

そのため、1日長く借りるとその分余計なお金を支払う羽目に。

借金問題を早く解決できれば、支払う総額も少なくて済むということです。

2つ目は、万が一滞納してしまった場合のリスクです。

借金を滞納してしまうと、利息金とは別に遅延損害金を請求されることに。

遅延損害金は金利の1.46倍を上限に設定可能となっていますので、利息金よりもかなり高額です。

1日返済が遅れただけでも支払う金額は、膨れ上がってしまうので注意しなくてはいけませんね。

いずれにしても、借金問題は時間がたてばそれだけ事態は深刻化していきます。

1人で悩んでいても状況が好転することはありませんし、今すぐ専門家と相談の上、問題解決に向け動き出して下さい。

今すぐ専門家に相談する⇒

3つ目は、過払い金の存在です。

もし過払い金が発生していたとすると、早めに請求をしなくてはお金を返還してもらう権利が消滅してしまう自体になりかねません。

参考⇒過払い金と時効について

過払い金とは、グレーゾーン金利で借り入れをしていた場合に、上限金利を超えた分は払いすぎた利息として返還してもらうことができるというものですね。

グレーゾーン金利での借り入れは貸金業法が改正・完全施行される前の話ですので、2010年より前の借り入れに関しては過払い金が発生している可能性があります。

過払い金請求の時効は10年です。

時効を迎えてしまった場合には、請求自体ができませんので、長い期間にわたってキャッシングを利用している人は、過払い金の有無を早めに調査し貸金業者へ請求しなくてはいけません。

詳しくは、過払い金と債務整理についての記事で解説をしています。

4つ目は、返済がストップするということ。

債務整理の手続きを開始すると、新たな返済条件が決定するまでは返済そのものがストップします。

そのため、一時的にですが返済を全くしなくてもいい期間が生じることになります。

もちろん、手続きが完了して新たな返済条件が決まれば、その条件に基づいた返済が開始されるのですが、数か月の間、まったく返済をしなくていいため、精神的にも金銭的にも大きな余裕が生まれますよね。

さらに、債務整理を弁護士や司法書士へ依頼した場合には、専門家が手続中の消費者金融やクレジットカード会社との連絡窓口になってくれます。

受任通知を受け取った後に債権者から債務者へ直接連絡をすることは禁止されているので、返済の催促や取り立て行為も止まります。

これは、返済がつらくて貸金業者の電話に出るのもいやだ・・・と言う人からすると、非常にありがたいことでしょう。

詳しくは、債務整理と借金の取り立て・督促の記事で解説をしています。

そして5つ目が、解決方法の選択肢がどんどん減っていくということ。

借金の状況が悪化する前に債務整理に着手できれば、その分手続き方法を選ぶことができます。

債務整理には任意整理、過払い金請求、個人再生、事故破産の4つの手続きがありますが、高額な借金や多重債務を解決しようと思うと、自己破産などの訴訟を起こさなくてはいけなくなってきます。

早い段階で借金解決の乗り出すことで、場合によっては債務整理をせずに借金解決できる可能性もあるのです。

いずれにしても、借金問題は早期での対応が全てです。

早い段階であれば、借金問題は思っているよりも簡単に解決することが可能です。

問題を先送りにするのではなく、まずは今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

債務整理はどうやって手続きを開始する?

辛い借金問題を解決するための債務整理はどのように手続きを開始すればいいのでしょうか。

基本的には“弁護士や司法書士に依頼する”ことが一番の近道です。

債務整理は一度依頼をしてしまえば細かい手続きはすべて専門家へお任せしてしまってOKなのでほんとど自分でする事はありません。

することと言えば、『債務整理に強い法律事務所を見つけること』、『自分の借金の状況をしっかり説明すること』の2つ。

自分に合った債務整理に強い法律事務所を見つけるには、まずは情報収集から開始しましょう。

目星をつけるのは「債務整理の実績が多い法律事務所」です。

何個か候補を見つけたら、無料相談などを利用し、担当者の対応や人柄をチェックします。

話しやすい、親身になってくれる、と感じることができたら、そのまま依頼をしましょう。

また、無料のマッチングサービスを利用するのも一つの手です。

簡単な質問に答えるだけで、条件に合った法律事務所を紹介してくれるので非常に便利です。

無料相談の際には、なるべく自分の借金の状況を詳しく説明しましょう。

何社からいくら借り入れをしているのか、いつから利用しているのか、毎月の収支はどのようになっているのか。

さらに資産の状況などを紙にまとめていくと説明の漏れがなくていいですね。

ここでしっかりと説明ができないと、正しい専門家のアドバイスが聞けない可能性があるので、契約書や利用明細書も必要と言われたら用意したほうが良いでしょう。

つらい借金を解決する債務整理の方法と注意点まとめ

いくら借金の返済がきつくても放置していては何も問題は解決しません。

借金問題を解決するには、早めの段階で債務整理の検討をすることが重要なのは間違いありません。

そして、債務整理は専門知識を必要とし手続きの方法は人それぞれ違います。

必ず、債務整理の実績がある法律事務所で相談を行い最善の対策をアドバイスしてもらって下さい。

借金問題は時間との勝負。遅くなればなるだけ状況は悪化し取れる対策は減っていきます。

1人で悩むのではなく、今すぐに法律事務所に相談を開始して下さい。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。