レイクの取り立ては厳しい?滞納時の3つのデメリットと返済が厳しい場合の対処法

「レイクの取り立てが精神的にきつい」
「怖い取り立てを受けないか心配…」
「滞納している借金を解消したい」

こんな悩みを抱えていないでしょうか?

レイクは1ヶ月利息無料が魅力のカードローンサービスですが、長期間のローンで支払日までに返済できず、毎月のように悩んでいる人も多いでしょう。

実は、借金を滞納してしまったときは、その直後の対応がとても重要です。

もし対応を間違えれば、状況がさらに悪化してしまうことも考えられます。

この記事ではレイクの取り立てに悩む人に向けて、滞納した時のデメリットや取り立ての方法についてまとめました。

この記事でわかること
  • 取り立ての電話が来たときの対応
  • レイクの借金を滞納するデメリット
  • 借金が返せない時の対処法

この記事を読めば、レイクの取り立てへの対処法がわかり、借金問題も解決できる可能性があります。

「もう自力で返済できないかも…」と感じているなら、手遅れになる前に法律相談事務所への相談をおすすめします。

どの法律相談事務所に相談していいかわからない人は、匿名で利用できる無料シミュレーションサイトが便利です。

レイクの取り立ての電話が来たときの対応

借金を滞納してしまって電話で催促された場合は、必ず応じるようにしましょう。

もし電話に対応しなかった場合は、自宅や勤務先に電話がかかってくることもあります。

返済が期日までに間に合わなかったとしても、誠実に対応していれば厳しい対応をされることもありません。

取り立ての電話がかかってきても、無視せず応じることが大切です。

レイクの取り立ては厳しい?怖い思いをすることはあるのか

レイクでは暴力的な取り立てが行われることはありません。

漫画や映画などの影響で、取り立てに怖いイメージを持っている人も多いと思いますが、債務者を脅すような取り立て行為は法律で禁止されています。

レイクは金融庁に届け出を行っているまっとうな企業です。

闇金とは違い、法に背いた取り立てをされることはないので安心してください。

レイクの借金を滞納しているとどうなるか?

レイクでは闇金のような怖い取り立てはありません。

だからといって、借金を滞納してもデメリットしかないので早期に対応することが大切です。

レイクの借金を滞納していると、具体的には以下のようなデメリットが生じます。

レイクの借金を滞納するデメリット
  • 遅延損害金が発生する
  • 期限の利益を喪失する
  • サービサーに債務の回収が委託される

それぞれ順番に見ていきましょう。

遅延損害金が発生する

借金を延滞するデメリットの1つ目が、遅延損害金です。

レイクでは返済せずに一定期間滞納を続けると、年率20.0%の遅延損害金を請求されてしまいます。

もし100万円の借金を半年間滞納すると、遅延損害金は以下のとおりです。

100万円を半年間滞納した場合

100万円×0.2×(180日÷365日)=98,600円

たった半年で遅延損害金は98,600円にもなります。

借金を滞納していても、より返済額が大きくなるだけでメリットがありません。

期限の利益を喪失する

借金を延滞するデメリットの2つ目が、期限の利益の喪失です。

レイクのカードローン契約では、返済を怠ったときに期限の利益を喪失すると記載されていますレイクALSAカードローン規約9条レイクカードローン規約10条

期限の利益を失うと、借金の残額すべてを即座に一括返済しなければならなくなるのです。

さらに、ローンが強制解約されるとブラックリストに登録されてしまいます。

期限の利益を喪失しないためにも、債権者からの連絡に応じることが大切です。

サービサーに債務の回収が委託される

借金を延滞するデメリットの3つ目が、サービサーに債権回収が委託されることです。

滞納期間が長くなったり、債務者の対応が悪くなったりした時には、債権の回収がサービサー(債権回収業者)に委託されます。

サービサーは債権回収のプロなので、レイクよりも厳しい取り立てになる可能性も考えられるでしょう。

借金を滞納したり、連絡の電話を無視したりしていると、取り立ても厳しくなる可能性があるのです。

延滞を解消するための借り入れはNG

レイクの延滞を解消するための借り入れはやってはいけません。

なぜなら、借金返済のために借り入れを繰り返しても、最終的に破綻してしまう可能性が高いからです。

借り入れ件数が増えると翌月の返済額は増え続けます。

新規借り入れを繰り返せばいつか審査落ちして、ブラックリスト入りすることもあるでしょう。

自転車操業はいずれ破綻してしまうだけなので、おすすめできない方法です。

借金が返せない時は「債務整理」で対応する

自力でレイクの滞納を解消できない場合は、借金ではなく弁護士・司法書士に債務整理を依頼すべきでしょう。

債務整理を依頼するメリットは以下のとおりです。

債務整理のメリット
  • 取り立てがなくなる
  • 借金を減額できる

それぞれ順番に見ていきましょう。

取り立てがなくなる

債務整理のメリットの1つ目は、取り立てがなくなることです。

弁護士・司法書士に債務整理を依頼すると、金融機関が債権者へ直接連絡を取ることを禁止されます。

取り立てがなくなれば、精神的に落ち着きを取り戻せるでしょう。

さらに、取り立てによって周囲の人に借金が知られてしまうこともなくなります。

債務整理と取り立ての関係性についてはこちらで解説しています。

関連記事⇒受任通知と債務整理の関係?支払いや督促が止まる流れとメリット

借金を減額できる

債務整理のメリットの2つ目は、借金を減額できることです。

債務整理には任意整理と個人再生、自己破産の3つの方法がありますが、いずれの方法でも返済総額を減らせます。

「自力では返せない…」と思っていた借金でも、債務整理によって自力で返済できるようになることも珍しくありません。

借金がどのくらい減額されるかは、弁護士事務所などが無償で提供している「借金減額シミュレーター」で試算することができます。

関連記事⇒債務整理すると具体的にどのくらい借金が減る?減額できる金額とは

まとめ

レイクからの取り立てには必ず対応するべきです。

もし滞納しても漫画や映画のような「怖い取り立て」を受けることはありませんが、以下のようなデメリットがあります。

レイクの借金を滞納するデメリット
  • 遅延損害金が発生する
  • 期限の利益を喪失する
  • サービサーに債務の回収が委託される

借金問題は放置しても悪化するだけです。

「自力ではもう返済できない…」と感じているなら、1日でも早く弁護士・司法書士に相談して債務整理を図りましょう。

返済不可能だと思っていた借金でも、債務整理によって返済できる可能性があります。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。