奨学金が返せない人は考えよう!「債務整理」という検討すべき方法

奨学金は学生生活を助けてくれる大切な資金源です。

現在では大学生の50%以上の人が奨学金を借りていて、平均312万円もの借金を卒業と同時に背負うと言われています。

人によって返済額は異なりますが、平均して1万5000円~3万円程度毎月返済しています。

しかし、奨学金を借りた多くの人はその返済に苦しめられ社会問題にもなっています。

大学を卒業しても絶対に就職できるとは限らない時代ですし、有名大学を卒業しても高給取りの仕事に就けるとも限りません。

スマートフォン代に食費、家賃といった生活に必要なお金を払ったらほとんどお給料が残らず、奨学金の返済に充てるお金が足りないということも。

実際に、奨学金の返済を放置してしまう人も多く、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)に訴訟を起こされ、給与の差し押さえをくらったというケースも報告されています。

そんな奨学金ですが、実は債務整理をすることで返済の負担を減らすことが可能です。

今回は、奨学金の現状と現実。債務整理によって奨学金の返済を減らす方法を解説します。

また、『現実問題として、借金を完済するのは収入から考えて無理だと頭では分かっている。』

『利息を支払うだけで精一杯で、元金が1年以上全く減っていない。』

このような状況に陥っている方は既に黄色信号が点滅している、非常に危険な状態です。

1人で悩み続けて手遅れになる前に今すぐ、法律事務所に相談をしてください。

どこの法律事務所に相談をしたら良いか分からない方は、無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

奨学金が返せない若者が増えている!その理由と現実

まず、奨学金返済の現状について考えてみましょう。

皆さんは時々ニュースで、若者が奨学金を滞納してしまっているという特集を目にすることはないでしょうか?

『奨学金を借りたけれど返済が苦しく、せっかく大学を卒業しても返済で行き詰り、思うような生活を送ることができていない。』という方は多いです。

日本の奨学金は「学費をあげますね」というタイプではなく、ローンに近い性質を持っています。

奨学金といっても借金である事に変わりはありませんので、借りた分はきちんと返済しなければいけません。

また、奨学金の返済は大学卒業後からすぐに始まります。

金融機関のローンには返済額を自分で設定できるものが多くあります。

お金が苦しい月は返済をスキップするという方法を選択できるものもあります。

しかし、奨学金には、このような柔軟な返済方法はありません。

ひたすら「決まった額を毎月きっちり返済する」のが奨学金の返済方法なのです。

また、大学卒業後の給料は一般的に低いですよね。会社で出世すれば給料は上がることでしょう。

しかし、大学を卒業したばかりの新社会人の給料は、生活をしていくだけで手一杯な額ということも少なくありません。

今月は苦しいなと感じても、金融機関のローンほど返済方法に柔軟性がなく、少ないお給料の中から返済を頑張らなければいけない。

だからこそ、奨学金が返済できず苦しむ若者は増えているのです。皆、返したくても生活するだけで精一杯なのです。

借金問題は時間がたてばたつだけ事態は深刻化し、対応策も減っていきます。

問題を後回しにし、最悪の結末を迎えてしまうその前に今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

奨学金の借入平均額と返済額ってどれくらい?

奨学金は主に大学の学費や生活費をまかなうために借り入れることが多いです。

4年間大学に通うと、学費はもちろん食費や交際費等の生活費は相当な額になります。

一般的に4年生大学に入学してから卒業するまでに必要なお金は、私立の文系で1000万円以上と言われています。

4年制大学に通う4年間学費や生活費をまかなうとしたら、それぞれどれくらいの額を借りなければいけないのでしょう。

労働者福祉中央協議会の調査によると、奨学金の一人当たりの借り入れ平均額は300万円以上であり、月あたりの平均返済額は約1万7千円でした。

これはあくまで借入の平均額になります。人によってはもっとたくさん借り入れているケースもあります。

また、奨学金には利息のつかない第一種と、利息のつく第二種があり、どちらを借りているのかによっても変わります。

日本学生支援機構以外にも奨学金がありますので、どこから借りたのかも重要になります。

また、自宅から通うのか?何年間借りるのか?どんな学部に通うのか?によって奨学金の借入額は変わってくるのです。

中には1千万円近くの借り入れをする人もいます。調査報告によると、100人のうち10人は500万円以上借りているとも言われています。

奨学金が返せないとどうなるの?親や保証人にも迷惑が

社会人になってすぐ、平均300万円もの借金を背負うのですから大変です。

返済も15-20年と長期に渡りますので、結婚やマイホーム購入の時期にもまだ奨学金の返済が続いていることも珍しくないのです。

家族の生活費にマイホーム購入のために使った住宅ローンへの支払い。そこに奨学金の返済が加わるわけですから、とても大変です。

だからといって『大変なので払いません』とは言えません。

先述の通り、生活が大変だからと滞納を続けてしまうと、強制執行や差し押さえの可能性があります。

『貸した分をきちんと返してくれないなら、あなたの財産を手続きに則って強制的にいただきます』ということです。

また、奨学金を支払わないと、保証人にも迷惑がかかる事にもつながります。

奨学金を借りる時には保証人を決めます。

この保証人というのは、本人が返済を滞納してしまったり、支払わなかったりする時に「本人が返してくれません。あなたが返してください」と請求される人です。

奨学金を借りる時の保証人は、両親や親族にお願いすることが多いです。

返済が苦しいという理由で支払いをしないと、今度は保証人が頭を抱えてしまうことになってしまいます。

あえて繰り返しますが、借金問題は早期の段階で問題解決に向けて動き出すのが鉄則です。

早い段階であれば、それだけ取れる対策もありますし問題を解決するのはそれほど難しいことではありません。

後回しにして、事態を深刻化させてしまう前に今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

終わりの見えない奨学金返済は専門家に相談をするのが一番

奨学金は、返せないからといって放置するのではなく、中長期的な視点から対策を考えていく必要があります。

放置してしまうと最悪の事態を招きかねませんし、保証人にも迷惑をかけることになります。

『奨学金の返済がきつく、返せるあてもない。』『消費者金融から生活費を借りている』『毎月、支払いを済ませたらお金が残らない』

このような状況に追い込まれているのであれば、債務整理を検討しても良いサインかもしれません。

債務整理には、自己破産や個人再生、任意整理といったいくつかの方法があります。

テレビCMでよく見かける過払い金請求も債務整理の一種です。

どれくらいの借金があるのか?収入の状況はどうなのか?マイホームを所有しているのか?によってどの手続きがその人に向くのかは変わってきます。

例えば、自己破産をしなくても利息がなくなれば返済が可能。と判断されれば任意整理をすることで、奨学金の利息や遅延損害金を無しにすることが可能です。

奨学金だけではなく、消費者金融や銀行、クレジットカード会社からの借入も多く、利息をカットしても返済が困難と判断されれば破産により借金を清算する事も可能です。

マイホームを所有していて家を残したい。と考えているのであれば、家は手放さずに奨学金だけを清算する事も可能です。

いずれにしても、打つ手なしという状況に追い詰められる前に専門家に相談することが重要です。

弁護士や認定司法書士に現在の状況を相談すれば、あなたに合った解決方法を教えてくれます。

奨学金のことで悩んでいても解決策は必ずありますし、心配することはないのです。

奨学金を返せないのは甘えではない!新しい人生をスタートさせよう!

世の中、奨学金を返済できないのは甘えという風潮があります。

しかし、決してそんなことはありません。

社会に出てすぐの新社会人がいきなり300万円以上の高額な借金を背負うのです。

日本の奨学金システムはすでに崩壊しているとも言われており、その制度自体が疑問だと唱える専門家も多いです。

確かに、借りたお金ですので返すのは当然と言われてしまえばそれまでです。

また、奨学金によって学ぶことができ、大学を卒業できたのですから感謝しなければならないのは当然です。

しかし、現実的に返せないものは返せないですし、返済ができないのであれば法律に則って対策をする事は甘えではありません。

重要なのは、借金に悩み放置してしまうのではなく対策を講じていくことなのです。

奨学金と債務整理まとめ

奨学金で困っていても、債務整理をすることで返済に苦しんでいる現状は変えることができます。

まずは弁護士や認定司法書士に相談し、奨学金の返済について改めて考えてみましょう。

奨学金が返せないことは甘えでも恥ずかしいことでもありません。

悩んでいても借金が減る事はありませんし、奨学金は返済をするまで一生ついて回る問題です。

借金問題は1日でも早く行動する事が非常に重要です。悩んでいる間にも利息や遅延損害金は増え続けます。

まずはいち早く、専門家に相談することをおすすめします。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。