個人再生と自己破産それぞれのメリットとデメリットは?

債務整理の中でも、個人再生と自己破産はよく比較の対象となる事が多い手続きです。

個人の場合、民事再生は個人再生のことを指し、破産宣告は、自己破産のことを意味します。
どちらの手続きも、裁判所を通して借金残高を減らしてもらう事が可能ですが、それぞれメリットもデメリットも違います。

結論から先に言うと、『自宅を手放す事なく、借金問題を解決したい方は個人再生』

『借金の金額が大きすぎて、個人再生では対応する事が困難』な方は自己破産を選択する方が多いです。

また、重要なことなので先にお伝えをします。

借金問題は後回しにすればするだけ状況は悪くなり、取れる選択肢は減っていきます。

今、借金問題に悩んでいるのであれば1日でも早く専門家に相談をしてください。

実際に、借金問題を放置してしまった結果、最悪の結末を迎えてしまった方は少なくありません。

法律事務所選びは、匿名で使える無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

今回は、個人再生と自己破産の違いについて解説していきます。

個人再生は借金残高を5分の1程度まで減らしてもらう手続き

個人再生は、裁判所に申し立てを行うことによって、利息や遅延損害金だけではなく、借金の元本も減らしてもらう事が出来る手続きです。

現在の借金の残高によっていくらまで、減額してもらえるかは異なりますがおおむね、5分の1程度まで減らしてもらえるケースが多いです。

あくまでも例ですが、借金が1,000万円ある場合は、800万円を減額して200万円にしてもらえます。

自己破産と比較した個人再生のメリット

個人再生の最大のメリットは、『マイホームを手放さずに借金の減額ができること』です。

もともと個人再生は、住宅ローン返済中のサラリーマンの方を想定した制度として誕生しました。

マイホームの所有権を失うことなく、借金問題を解決する事ができるのが最大の特徴です。

自宅を手放す事なく、借金を5分の1程度まで減らす事ができるので、マイホームを持っている世帯を中心に利用されている手続きです。

ただし、住宅ローンは減額の対象外なので注意しておきましょう。

自己破産と比較した個人再生のデメリット

個人再生のデメリットとしては、自己破産が借金全額を免除してもらえるのと比べると、金額的には小さいということが挙げられます。

この点はマイホームなどの自己所有財産を手放す必要がないこととのトレードオフの関係にあるといえます。

個人再生のメリットとデメリットについてはこちらの記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

自己破産をすると借金が全額免除になる

自己破産を行うと、税金を除くすべての借金を0円にしてもらう事が可能です。

消費者金融のキャッシングや、クレジットカードのショッピング枠、知人や友人からの借入も全て対象です。

ただし、ギャンブルや風俗、パチンコやスロット、競馬などの自分に大きな原因がある借金は対象外と定義されています。

また、FXや株、不動産投資での借金も自己破産の対象にはなりません。

しかし、実際にはこれらの借金であっても、本人が反省をしていて今後同じような過ちはしない。と判断されれば免除されています。

※2019年7月25日現在

いずれにしても、繰り返しとなりますが借金問題は時間との勝負です。

原因が何であったにせよ後回しにして状況が好転することは絶対にありません。

1人で悩むのではなく、まずは今すぐに専門家に相談をすることをおすすめします。

匿名で利用できる無料シミュレーションサイトはこちら⇒

自己破産のメリット

自己破産は現在の収入と比較して、借金の残高が大きくなりすぎている人にとって非常に大きなメリットのある方法だと言えます。

例え、1000万円単位や、億単位の借金であっても自己破産を行えば、全額を免除してもらう事が可能です。

国民年金保険料や、住民税、所得税、被害者がいる慰謝料や養育費は認められませんが、それ以外は基本的に免除してもらえます。

債務整理の中でも、最も金銭的なメリットが大きいのは自己破産です。

自己破産のデメリット

金銭的なメリットの大きな自己破産ですが、もちろんデメリットもあります。

主なデメリットは2つです。

1つ目は全ての借金に対して破産をしなければならない。という点。

『この人にはお世話になったし、自己破産の対象外にしよう』『迷惑をかけたくない人にはしっかりと返済したい!』

上記のように、借金を返済する人としない人を選ぶことはできません。

自己破産は、すべての債権に対して手続きを行わなければならないので、この手続きをとる事によって、本当にお世話になった人も裏切る事になる。可能性はあります。

自己破産後も、人間関係を継続したい場合は、個別に誠心誠意お詫びをする等、対応が必要です。

2つ目のデメリットはすべての自宅や車など財産を残す事ができない。という点です。

個人再生のメリットでもありますが、自己破産の場合、生活をする上で最低限必要な物、現金を残しすべての財産を処分する必要があります。

仕事や、生活をする上で車がどうしても必要な場合、許可が降りる。というケースもあるようですが、一般的には家も車も没収されると考えた方が良いでしょう。

自己破産のメリットとデメリットについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

個人再生と自己破産の費用の違い

同じ債務整理ですが、個人再生と自己破産では、弁護士に支払う法律費用も異なります。

個人再生では、住宅ありの場合でおよそ、30-40万円程度必要になります。

住宅がない場合は、25-35万円程度と、住宅ローンを抱えている人にくらべて5万円程安くなるケースが多いようです。

自己破産の場合は、借入者数によって費用も異なりますが、およそ15-35万円必要になります。

一般的に、債務整理を検討する人は手持ちが無い事が多いですよね。

その為、分割払いや後払いにも対応してくれる法律事務所が多いので費用を工面出来るか心配という方も安心です。

個人再生と自己破産はどっちがいい?まとめ

個人再生と自己破産の大きな違いは、ずばり、家を手放さないですむかどうか。です。

『自宅は手放したくないけれど、借金が5分の1程度に減額されれば完済する事は出来る』という場合には個人再生。

『借金が減ったところで、現在の収入を考えても完済できる可能性は無い。』というケースでは自己破産。

このように、考えても良いでしょう。

また、家や車など特に財産がなく、返済の見込みがないケースでは自己破産を選択するメリットが大きいのも事実。

極論ですが、個人再生と自己破産どっちが良いのかを自分で考えても正しい選択をする事は難しいでしょう。

実際に、家を残したいから個人再生をしたい。と専門家に相談に行ったが、その時には既に減額しても返済できる金額ではなかった人。

自己破産をするつもりで、相談に行ったら、多額の過払い金が発生している事が分かり、任意整理をするだけで借金問題が解決した人。

人によって収入や持ち家の有無、借金の総額も違うのでどちらの方法がベストなのかは一概には言えません。

いずれにしても、重要な事は後回しにせず1日も早く弁護士や司法書士に相談をする。という事です。

借金問題は放置や後回しが一番よくありません。

時間が経過すればそれだけ、利息や遅延損害金といった形で借金は増え続け選択肢が減るだけです。

早く相談をしていれば、家を手放さなくて済んだのに、放置してしまったばかりに自己破産をする以外に方法が無くなった人は非常に多いです。

1人で悩んでいても何も解決しませんし、状況が好転する事は絶対にありません。

まずは、今すぐ法律事務所に相談をし、借金問題解決への第一歩を踏み出してください。

債務整理なら横山法律事務所

横山法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計2000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

横山法律事務所の無料相談はこちらです。