30代女性が借金する理由と債務整理のポイント

今回は、30代男性の借金の原因や債務整理に着手すべきタイミングについて解説します。

30代女性の借金の理由は、既婚者と単身者で大きな違いがあるようです。

既婚者の場合には、住宅ローンのペアローンや子どものための出費を原因とする借金が多く見受けられます。

他方で、単身者の場合には、衣服やアクセサリー、化粧品の購入やエステ費用といった「自分のための出費」を原因とする借金が多いようです。

30代になると、20代よりも1度に使う金額も多くなりがちです。

他方で、女性の場合には、男性と比べ収入増加のペース・程度が悪いことも珍しくないため、支出増に収入増が追いついていないケースも見受けられます。

また、『給料が上がる見込みもないし、現在の収入で完済は厳しいと分かっていながら放置している。』

『借金の返済をする為に、お金を借りるという状況が1年以上続いている。』

このような状態の方は、既にその借金を返済できる見込みはほぼありません。

手遅れになる前に、弁護士や司法書士に相談を行ってください。

法律事務所は匿名で利用できる、無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

30代女性が借金する理由

30代女性の借金は、既婚者と単身者で理由に大きな違いがあるのがひとつの特徴です。

既婚者の場合には、結婚生活や子どものための借金が多く、単身者は自分のための借金が増えていきます。

既婚者の場合には住宅ローンのペアローンや子どものための出費が多い

最近では共働きの夫婦が増えています。

そのため、マイホームを購入するときにも、夫婦でペアローンを組むケースが増えています。

既婚30代女性の借金で最も多いのが、住宅ローン(ペアローン)の負担です。

また、子どものいる方の場合には、子どものための出費、特に子どもの衣類の購入費用として借金(クレジットカードでの分割払い)をする方が多いようです。

特に「はじめてできた子ども」はかわいくて仕方がないものです。

「あの服も着せたい」、「この服もかわいい」とたくさんの服を購入した結果、クレジットカードの利用限度額になってしまったという人も少なくないようです。

クレジットカードでのショッピング

単身の30代女性の借金は、20代の場合と同様にクレジットカードでのショッピングが最も多いようです。

いまでは30代でもお勤めを続ける女性が増えています。そのためお勤めに着ていく衣服にかかる費用がかさむことも少なくありません。

また、仕事や家事、夫の家族(舅・姑・義兄弟)との関係によるストレスで「買い物依存」になってしまう人も見受けられます。

特に、クレジットカードの支払いを「リボ払い」に設定している人は注意が必要です。

リボ払いは、毎月の返済額が低めに設定されるため、きちんと管理していなければ、「利用額が膨らみやすい」危険性をもっています。「リボ払い」は借金とほとんど変わりません。

リボ払いと債務整理については下記ページで詳しく解説をしています。

参考記事⇒リボ払いと債務整理?クレジットカードのショッピング枠は対象なの?

「高額エステ」や「ホスト通い」で借金が膨らむことも

30代単身女性には、エステやホスト通いが原因で借金が膨らんでしまう人も少なくありません。

職場で管理職などに就いたことでストレスが増え、エステやホスト依存になってしまうこともよくあるようです。

30代になると、20代のときよりも収入が増えることから、一度に使えるお金やカードの限度額も増えることが多いため、借金問題はより深刻化しやすくなります。

ホストクラブの借金と債務整理については下記ページで詳しく解説をしています。

参考記事⇒ホストクラブの借金は債務整理することができる?ホストのツケと債務整理

奨学金の返済や生活のための借金

女性の場合は、男性よりも収入の増加が緩やかであることも少なくなく、奨学金の繰り上げ返済が難しい場合が多いといえます。

収入の伸びが遅いことが原因で奨学金の返済負担が軽くならず、生活費を補填するために借金をしてしまう人も見受けられます。

関連記事⇒奨学金が返せない!返済がキツイ方が債務整理を検討する理由と方法

30代女性が債務整理するときのポイント

30代女性の借金は、20代のとき以上に高額に膨らみやすいことに注意が必要です。

借金問題は、借金額が増えるほど解決のための選択肢が減っていきます。

20代の頃よりも収入が増えているとはいえ、女性の場合には年収200万円台という方も決して少なくありません。

借金問題は「早期着手」が何よりも大切です。返済が苦しいと感じたときには、自転車操業などで先延ばししたりせず、すぐに弁護士・司法書士に相談しましょう。

クレジットカード利用分は任意整理で解決できる場合が多い

クレジットカードの利用額だけが問題であるときには、任意整理で解決できる場合が多いでしょう。

任意整理に成功すれば、「リボ払いで発生する手数料」や「キャッシングの利息」はすべて免除されます。

また、クレジットカードの利用限度額は、いわゆる「総量規制」で年収の1/3までに制限されています。

したがって、手数料・利息が免除され返済回数を伸ばせば、完済できる場合が少なくありません。

なお、任意整理は裁判所を用いず、弁護士・司法書士が「借金の返済条件を見直す交渉」を債権者と個別にしてくれます。

そのため、家族や勤務先に知られるリスクがほとんどありません。

任意整理については下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒任意整理のメリットとデメリット?債務整理で1番多い手続きの注意点

銀行カードローンの借金が膨らんだときには、個人再生や自己破産

女性の場合には、消費者金融よりも銀行カードローンで借金する方の方が多いと思われます。

「消費者金融はなんだか怖いけど、銀行なら安心」と考える人が多いためです。

しかし、借金に関しては「銀行の方が安心」とは必ずしも言い切れません。

銀行カードローンでの借金には、消費者金融やクレジットカードにある「総量規制」がありません。

そのため、銀行カードローンでの借入が複数になると「年収を超える借金」となっている場合も少なくないからです。

さらに、最終的に支払う利息額も消費者金融の借金よりも銀行カードローンの方が多い場合が少なくありません。

利息は銀行カードローンの方が低いのですが、毎月の最低返済額が低い(返済回数が多い)ため、最終的に支払う利息額は多くなってしまうのです。

また、銀行カードローンのほとんどは、消費者金融が保証会社となっています。

銀行カードローンを2ヶ月延滞すると保証会社の代位弁済によって債権者は銀行から保証会社である消費者金融に代わります。

最近の銀行カードローンは「消費者金融から借金していることとほとんど変わらない」ことは知っておいた方がよいでしょう。

「年収に匹敵する金額」、「年収を超える額」の借金を抱えてしまったときには、任意整理では対応できない場合が少なくありません。

その場合には、個人再生や自己破産で、借金の一部もしくは全部を免除してもらうことで解決します。

関連記事⇒債務整理は銀行カードローンも対象?任意整理や自己破産はできるの?

ペアローンがあるときには慎重な対応が必要

ペアローンの返済が行き詰まったときには、特に慎重な対応が必要です。

ペアローンを債務整理すると配偶者に迷惑をかけることが避けられません。

「住宅ローンが払えないことを配偶者に知られるのはマズイ」と思っている人もいるかもしれませんが、延滞が続けば競売を申し立てられ必ず配偶者に知られてしまいます。

また、住宅ローンの返済を消費者金融や銀行カードローンからの借金で対応すれば、いつか必ず破綻します。

住宅ローン返済の自転車操業は、高い利息での借換えなので、抜け出すことはかなり難しいです。

「ペアローンを抱えたまま自己破産」ということになれば、確実にマイホームを失うことになります。

そのような事態になる前に、配偶者に事情を打ち明けた上で弁護士・司法書士に債務整理の相談をすべきです。

住宅ローンを抱えた借金問題は、個人再生を利用することで、マイホームを処分することなく解決できる場合があります。

ただし、ペアローンのときには、夫婦揃って個人再生の申し立てをする必要があります。

配偶者の理解と協力が必須です。

関連記事⇒債務整理とペアローン?自己破産や個人再生をする前の9つの注意点

奨学金の返済は、「返済猶予制度」などの救済措置の活用も

30代の方の奨学金には必ず連帯保証人がついています。奨学金を債務整理すれば、残額の支払いが連帯保証人に請求されてしまいます。

30代までコツコツと返済を続けていれば、「奨学金は残り僅か」という場合も少なくないと思います。

奨学金には、「返済猶予」などの救済措置が必ず用意されています。

また、他の借金を解決すれば奨学金の返済が可能となる場合も少なくないでしょう。

奨学金の債務整理で連帯保証人に迷惑をかけないためにも、できるだけ早い段階で債務整理を検討することが大切です。

奨学金の返済を消費者金融などの借金で自転車操業することは、「問題を深刻化させるだけ」なので絶対にいけません。

「30代女性の借金」まとめ

30代の借金問題は、20代の借金問題よりも深刻化しやすいものです。

買い物依存やエステ・ホスト通いを原因とした借金であっても債務整理で解決することができます。

またペアローンの問題も、早期に対応すれば、マイホームを手放すことなく解決することは十分可能です。

借金問題は1人で抱え込むことが最もよくありません。

借金の返済が苦しいと感じたときは、自転車操業などで対応せずに、弁護士・司法書士にできるだけ早く相談するようにしましょう。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。