20代男性による借金の5つの原因と、債務整理による早期解決方法を解説!

「20代なのに借金があってつらい…」
「毎月の返済金額をなんとかできないかな?」
「会社にバレたらやばい!」

こんなお悩みを抱えていませんか?

結論から言うと、借金問題を解決するためには、1日も早く専門家に相談するのがベストです。

20代はまだ若いので、やり直しをする時間は充分にあります。

逆に言えば、20代での借金を適切に対応しなかったがために、30〜40代になっても利息を返し続ける悲惨な生活を送っている方も。

現在、借金問題に悩んでいるのであれば、1日も早く専門家に相談しましょう。

借金問題は、問題を先送りにすればするだけ深刻化するリスクが高いです。

この記事では、20代の男性が債務整理をする際のポイントと注意点について解説します。

この記事で解説すること
  • 20代の男性が借金をする5つの原因
  • 債務整理のポイント
  • 20代の債務整理の流れ

なお、

  • 現在の収入から考えて、返済できる見込みがないのはわかっているけれど放置してしまっている
  • 自転車操業のような状態で、借りては返す生活が1年以上続いている
  • 現在の収入から考えて、もっと仕事を増やしたりリスクを伴う仕事に手を出さないと返済は厳しそう

このような状態の方は、既に黄色信号が点滅している危険な状態です。

手遅れになる前に、1日でも早く弁護士や司法書士に相談しましょう。

法律事務所は匿名で利用できる、無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

20代男性が借金する5つの原因

近年、ネットショッピングやオンライン決済が広く普及したことから、20代の人でもクレジットカードを持つことが当たり前になりました。

20代は、やりたいことや欲しいものがたくさんありますよね。

趣味や車・洋服などを多岐にわたり買いすぎて、支払いが行き詰まってしまうケースも少なくないです。

しかし、就職して間もない20代では収入が十分ではないため、ちょっとした借金でも返済に行き詰まってしまう可能性があります。

実際に、20代で借金問題に悩む人は非常に多いです。

例えば、

  • 病気やケガによる思わぬ出費と収入減少
  • 住宅・自動車などの高額な資産の購入
  • 急な出費への対応

など借金にはさまざまな理由があります。

20代男性の借金の理由には、どのようなものが多いのでしょうか。

こちらでは20代男性の借金に多い5つの原因をまとめました。

20代男性が借金をする5つの原因
  1. 交際費に関係する出費
  2. 奨学金の返済
  3. 自動車・バイクのローン
  4. スマホの課金
  5. パチンコや競馬・キャバクラの借金

20代男性は単身者が多いことから、「自分の趣味・遊びのための借金」が多い傾向にあります。

それぞれ解説していきます。

①交際費に関係する出費

20代の男性が借金をする原因のひとつに交際費があります。

  • 飲み会代
  • 彼女とのデート代やプレゼント代
  • 友人の結婚式でのご祝儀やお祝い
  • 合コンのための出費

恋人や友人との交際費のための借金も少なくありません。

中には「交際費をクレジットカードで支払っていたら、いつのまにか支払いきれない金額になっていた」なんて人も。

特に、クレジットカードのリボ払いは油断をすると利息が膨れあがってしまう怖さがあります。

リボ払いは、返済額が定額に設定されているので、毎月の利用状況をきちんと把握しないとついつい使いすぎてしまうこともあるでしょう。

また、一般的に20代の人が使えるクレジットカードの限度額は、上の年代よりも低いです。

そのため、クレジットカードが使えないから足りないお金を借金で対応したというケースも報告されています。

借金を新たな借金で返済する自転車操業に足を踏み入れてしまうと、借金の完済はより難しくなるでしょう。

関連記事⇒クレジットカードの限度額を貯金と勘違いして債務整理をした体験談

②奨学金の返済

性別を問わず、20代の借金の理由で最近増えているのが奨学金の返済です。

現在、大学生の2人に1人が奨学金を借りているといわれています。

奨学金の返済は、卒業後に始まります。

奨学金を借りたときの将来の見込みと、実際の卒業後の状況が異なることは珍しくありません。

奨学金を借りたときには「社会人になれば返せる」と思っていても、実際に就職したら、

  • 想定より給料が安かった
  • 税金が思いのほか高い
  • 支出が多くて奨学金の返済が苦しい

という方は決して少なくありません。

なお、奨学金は親に連帯保証人となってもらっている人もいます。

奨学金を債務整理すると、連帯保証人である両親に請求がいくことになるでしょう。

最近では奨学金のために親子揃って自己破産するケースも増えています。

奨学金制度には、返済猶予の制度が必ず用意されているはず。

奨学金の返済が苦しいと感じたときには、奨学金支給期間(日本学生支援機構など)に直接相談してみると良いでしょう。

関連記事⇒奨学金が返せない!返済がキツイ方が債務整理を検討する理由と方法

③スマホの課金

3つ目の原因はスマホの課金です。

「歩きスマホ」や「スマホ依存」という言葉が一般的に聞かれるように、スマホはなくてはならないツールになりました。

通勤・通学の時間や帰宅後もスマホは肌身離さないという人も多いでしょう。

ついうっかり使いすぎて

  • 音楽・アプリ・ゲーム課金といったスマホ関連の出費のために借金をしている人
  • 請求額が高額になってしまった人
  • スマホ料金やクレジットカード利用料を延滞してしまっている人

なども少なくないです。

関連記事⇒オンラインゲームやスマホアプリの課金で作った借金は債務整理できる?

④自動車・バイクのローン

自動車やバイクが好きな20代男性も借金に苦しむ場合があります。

就職して自分で稼げるようになれば、「あこがれていた自動車・バイクが欲しい!」と思うもの。

自動車やバイクの車体購入費用だけでなく、オプションのパーツ代、改造費用などに多額の費用をかけている人は請求額が高額になりやすいでしょう。

⑤パチンコや競馬・キャバクラの借金

パチンコや競馬といったギャンブルやキャバクラなどの風俗通いは、借金の理由としてよく挙げられます。

遊びたい盛りの20代男性の中には、ストレス解消のためギャンブルや風俗のために借金をする人も少なくありません。

関連記事⇒ギャンブルの借金は債務整理できる?賭け事での負けを自己破産する方法

20代男性が借金問題を解決するときの3つのポイント

20代男性が債務整理をする場合、「いつ」「どのような方法」で着手すべきなのでしょうか。

20代男性の債務整理を考える上で重要なポイントは、次のとおりです。

借金問題を解決する3つのポイント
  1. 返済が苦しいと思ったらすぐに債務整理の検討を
  2. 自転車操業は避ける
  3. 任意整理で負担を少なくすれば借金は返せる

①返済が苦しいと感じたらすぐに債務整理の検討を

20代の方は、仕事を始めて間もない場合が多いため、一般的に上の世代と比べて収入が低いです。

また、20代男性は単身者が多いので、1人暮らしの方は生活費の負担も決して小さくありません。

また、友人のとのつきあいなど、お金を使わなくてはならない場面もたくさんある時期です。

20代の男性の特徴を以下にまとめたので参考にしてください。

20代男性の特徴
  • 現在は収入が少ない
  • 付き合いが多く支出は多い傾向
  • これから収入が増えていくことが期待できる
  • マイホームなどの高額な資産を持っているケースは少ない
  • 将来、結婚などを控えている

毎月の借金の返済にまわせるお金は、自分で考えているよりも少なくなりやすいです。

自分の収入だけで借金を完済できる自信がないときは、債務整理で解決しましょう。

借金の問題は早期に対応すれば、デメリットを最小限に抑えながら解決できる可能性もあります。

逆に問題を先送りにすれば、利息がどんどん膨らむリスクが高まる傾向に。

借金問題は時間との勝負、まずは1日でも早い段階で専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する

②自転車操業は避ける

借金返済のために借金することを「自転車操業」といいます。

たとえば、消費者金融や銀行のカードローンの返済日が間近に迫ったけどお金がないとき、クレジットカードでキャッシングして返済する場合などです。

一時的には窮地を脱せるように思えるかもしれませんが、根本的な解決策ではないので、自転車操業は借金の返済に効果的ではありません。

消費者金融やクレジットカード会社には「顧客の年収額の1/3を超える上限額を設定する契約をしてはいけない」という総量規制があります。

年収額の少ない20代の人は、消費者金融やクレジットカードから借りられる金額が高くはありません。

自転車操業は借金を増やす行為なので、借金問題の解決どころか破綻のきっかけになる場合の方が多いでしょう。

自転車操業をするくらいなら、債務整理をして早期に解決すべきです。

関連記事⇒借金が自転車操業になっている人が債務整理を検討すべき5つの理由と方法

③任意整理で返済負担を少なくすれば借金は返せる

債務整理には、自己破産のほかにも「任意整理」や「個人再生」といった方法があります。

債務整理は、大きく分けて以下の4つの方法があるので参考にしてください。

債務整理の4つの方法
  1. 任意整理…借金の減額や金利の引き下げなどを、債権者と交渉する
  2. 特定調停…返済条件の軽減などを安価で簡易裁判所に仲裁してもらい、債権者と交渉する
  3. 民事再生(個人再生)…裁判所に認めてもらい、減額された借金を3〜5年かけて返済する
  4. 自己破産…裁判所に認められれば、借金の支払い義務が免除される

関連記事⇒債務整理の種類~任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の特徴と選び方

20代は収入が少ないけれど、一般的に定職についていて年齢が上がっていけば収入は増えていく傾向があります。

短期での返済が難しくても、長期的に見て完済できることも少なくありません。

任意整理は、債権者と個別に話し合いをする債務整理の方法です。

任意整理の話し合いがまとまると、その後の利息の支払いが免除されます。

利息が免除されて毎月の返済額を減らせれば、収入の増加に応じて生活もゆとりが生まれるでしょう。

任意整理については、下記の記事で詳しく解説をしているので参考にしてください。

関連記事⇒任意整理のメリットとデメリット?債務整理で1番多い手続きの注意点

20代の自己破産は比較的デメリットが少ない

万一、任意整理では返しきれないほどの借金を抱えてしまったときには、自己破産も選択肢のひとつです。

まだ自分名義の物件を持っていることが少ない20代の場合、自己破産をしてもデメリットは他の年代よりも多くはありません。

なぜなら、自己破産をして差し押さえられる物件などを持っている人が、少ないからです。

たとえ

  • ギャンブル
  • 風俗通い
  • スマホ課金

などの遊興費や浪費のための借金であっても、自己破産で解決できることが多いです。

日本では以下のような法律が定められていますが、実際にギャンブルが原因の借金でも、自己破産を成功させて免責許可を受けた方が存在するのも事実です。

浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと
(破産法 252条1項4号)

免責不許可事由に該当する場合でも、裁判所の裁量次第では免責を得られるでしょう。

関連記事⇒免責不許可事由の具体例と対策~消費やギャンブルは?判例から考える対応策

また、自己破産をすれば、破産手続き開始決定後の収入はすべて自由に使えます。

これから収入が増えていく20代なら、早期に生活を立て直す手段としての自己破産は、デメリットよりもメリットの方が大きくなる人もいるでしょう。

ただし、自己破産などの債務整理をした後、最低でも5年は新規でクレジットカードやローンの申込みが難しくなるので注意が必要です。

関連記事⇒自己破産はメリットしかない?家族や子供、仕事にデメリットはないの?

20代男性の借金まとめ

20代男性の借金は、

  • ギャンブル
  • 風俗
  • 交際費
  • 趣味
  • 奨学金

といった自分のための支出を理由とすることがほとんどでしょう。

いわゆる浪費を原因とする借金であっても、債務整理をすれば解決できます。

20代の男性の借金のまとめ
  • どんな理由でも債務整理で解決できる可能性がある
  • 自転車操業は避ける
  • 返済が辛いと思ったら専門家に相談する

20代のほとんどの人は、これから

  • 結婚
  • 出産や子育て
  • マイホーム購入

といった人生の大きなイベントを経験していくでしょう。

借金問題を早く解決しないと、その後の人生への影響が心配ですよね。

「借金の返済が苦しい」と感じたときは、1人で悩まず、専門家に今すぐ相談しましょう。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。