債務整理をすると子供の奨学金に影響がある?

『債務整理をしたら、将来、子供が高校や大学に入る時に奨学金を受けることは出来ないではないか?』

このように債務整理をする前に、子供の奨学金について考える方は多いです。

結論から言うと、親が債務整理をした場合、将来的に子供が奨学金を受ける際に影響が出る可能性は少なからずあります。

奨学金といっても借金であることに変わりはありません。

借金の名義人や連帯保証人がブラックリストに載っている状態だと、審査に通らない可能性は否定できません。

ただし、今回紹介している方法で債務整理をした後でも子供が奨学金を受け取ることは可能です。

『親の借金が理由で奨学金が受けられず、進学ができない。』という状況は、親としては絶対に避けたいですよね。

奨学金は子供の将来の教育に関わる大切な事です。事前に確認をしておきましょう。

また、重要なことなので結論から先にお伝えします。

現在、子どもがいる方で借金問題に悩んでいるのであれば1日も早く専門家に相談をしてください。

借金問題は後回しにすればするだけ状況は悪くなるだけで、良くなることは絶対にありません。

実際に、早いうちに相談をしておけば比較的簡単に問題を解決できたのに後回しにした結果、最悪の結末を迎えてしまった方は少なくありません。

『借金返済のために、他の消費者金融からお金を借りている。』

『既に返済の余地はないと頭では分かっているのに、後回しにしてしまっている。』

このような状況に陥っている方は、手遅れになる前に1日でも早く今すぐに法律事務所に相談をして下さい。

どの法律事務所に相談をしたら良いか分からない方は、無料で使えるチャット相談の利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

奨学金といえども借金。連帯保証人と保証人が必要になる

日本学生支援機構などで奨学金を借りる時には、連帯保証人と保証人の両方が必要になります。

連帯保証人は親などの同居の親族でもなれますが、保証人は別世帯(別居している人)の人になってもらう必要があります。

(保証料を支払えば、保障会社等を通じて保証人を免除してもらうことも可能です。)

※奨学金申請の前には必ず日本学生支援機構の奨学金に関してを必ず事前に参考にしてください。

連帯保証人が債務整理をしていて、いわゆる「ブラックリスト」に載ったままの場合、奨学金の審査で落とされてしまう可能性は高いでしょう。

しかし、親の一方だけが、債務整理をしているという場合にはもう一方の親を連帯保証人として、融資を申し込めば審査が通る可能性はあります。

ただし、『夫が債務整理をしているので、専業主婦である妻が連帯保証人になる』というケースでは、審査が通るかはケースバイケースです。

専業主婦である妻の信用力を審査する上では、夫の収入や過去の履歴も審査される可能性が高いからです。

連帯保証人は必ずしも親である必要はなく、すでに社会人となっている身内の兄弟や姉妹でもなることが可能です。

(他人であっても収入がある人であれば問題ありません。)

また、奨学金は日本学生支援機構に限られるわけでもありません。

大学や短期大学、専門学校でも成績優秀者には独自の奨学金制度を設置している事がほとんどです。

受験したい学校の奨学金申請方法なども確認してみるとよいでしょう。

ブラックリストに載っていると、連帯保証人になれない可能性大

債務整理を行うと、金融機関同士の情報ネットワークである「信用情報機関」に事故情報が登録されてしまいます。

事故情報とは、「この人は期日までに支払うべき、返済を支払わなかった過去があります。」という情報のことで、ブラックリストというと分かりやすいかもしれません。

一般的に、信用情報機関に事故情報が登録されることを「ブラックリストに載る」という言い方をします。

詳しくは債務整理をするとブラックリストに名前や住所が載るの?を参考にしてください。

ブラックリストに名前が載ると、消費者金融や銀行での新規の借り入れや、ローン、他人の保証人や連帯保証人になる事が難しくなります。

ブラックリストに載っている期間は、単純な滞納であれば1年程度。

債務整理のうち、任意整理や個人再生を行った場合には5-7年程度といわれています。

もっとも長くブラックリストに載るのは、自己破産をした場合で、最長10年間は、新規の借り入れ、クレジットカードの作成も出来なくなる可能性が高いです。

債務整理と奨学金の関係まとめ

親が債務整理を行ってブラックリストに載ってしまった場合、子供が奨学金を申し込む時に、連帯保証人や保証人として認めてもらえない可能性が高いです。

ただし、債務整理を行った場合にブラックリストに載っているのは5年~10年。

これだけの時間があれば、子供が進学をする時にはブラックリストから名前は消えている可能性は高いでしょう。

また、夫婦の一方が債務整理をしている場合でも、もう一方に安定した収入がある場合には、連帯保証人として認められる可能性が高いです。

子供がまだ小さい方で、債務整理を検討している方は早めに手続きを完了してしまうことで、子供が大きくなる時にブラックリストから外れていてるはずです。

借金問題は時間が経てば経つほど、状況は悪化し好転する事はありません。

現在、借金に悩んでいる方は、子供や家族の事を考えても1日でも早く対応をおこなうのが得策です。

まずは、今すぐに弁護士や司法書士に相談を行い、第一歩を踏み出しましょう。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。