競馬の借金は自己破産するしかない?3つの債務整理方法と手続きのポイントを解説

「競馬で多額の借金を負ってしまった……」
「もう破産するしかない?」
「どうしても競馬がやめられない」

こんな悩みを抱えていないでしょうか?

競馬にのめり込むと、手持ちにお金がなくなってもやめられず、お金を借りてでも続けてしまう人は多いと思います。

もし返しきれない借金を背負ったとしても、自己破産以外にも選択肢はあるので諦めてはいけません。

この記事では、競馬で借金を負ってしまった人に向けて以下の内容をまとめています。

この記事でわかること
  • 借金を滞納するとどうなるのか
  • 債務整理のポイント
  • 競馬の借金を債務整理する流れ

借金問題は時間との勝負です。

返済の難しい借金は、いますぐ弁護士・司法書士に相談して解決することをおすすめします。

法律相談事務所を探すときは、匿名で利用できる無料シミュレーションサイトが便利です。

競馬で作った借金を滞納するとどうなる?

結論からいうと、借金は返せなかったとしても放置してはいけません。

もし借金を滞納したときのデメリットは以下のとおりです。

借金を滞納すると……
  • 債権者から督促の電話・ハガキが届く
  • 財産が差し押さえられる
  • 訴訟に発展する
  • 信用情報に事故情報が登録される

借金を滞納すると、まず債権者から電話・ハガキなどで督促されます。

督促を受けることにより、家族や職場に借金がバレることも考えられるので注意しましょう。

さらに、督促を無視して放置し続けると、差し押さえを受けたり裁判を起こされたりします。

滞納から2〜3ヶ月後には個人の信用情報に事故情報が登録され、ローンやクレジットカードの利用ができなくなるデメリットもあるのです。

返済が難しい場合は放置せず、債務整理で対処することを強くおすすめします。

まずは、債務整理のポイントや流れについて見ていきましょう。

借金は放置するより債務整理がおすすめ!3つのポイントを解説

競馬で借金を背負った人が、債務整理するときのポイントは以下の3つです。

債務整理するときのポイント
  • 任意整理なら家族・職場にバレにくい
  • 個人再生なら多額の借金に対応できる
  • 競馬が原因だと自己破産できないこともある

聞き慣れない単語も多いと思いますが、それぞれわかりやすく解説します。

任意整理なら家族・職場にバレにくい

知っておきたいポイントの1つ目は、任意整理は周囲の人にバレにくいということです。

まず、債務整理には主に3つの手続きがあります。

債務整理の方法
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

任意整理は「利息の免除」「返済期間の見直し」を行い、返済を楽にする手続きです。

個人再生・自己破産と違い、裁判所を介さないので官報に載りません。

また、手続きも弁護士に任せられるので、借金バレしにくいといえるでしょう。

任意整理については、下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒任意整理のメリットとデメリット?債務整理で1番多い手続きの注意点

個人再生なら多額の借金に対応できる

多額の借金には個人再生をおすすめします。

個人再生は借金の一部を減額し、その残りを原則3年間で返済する手続きです。

例えば、総額500万円の借金なら、個人再生の手続きによって100万円程度まで減額できる可能性があります。

任意整理で解決しきれない借金でも、個人再生なら解決できるかもしれません。

個人再生については、下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒個人再生は家を残せる大きなメリットがあるが2つのデメリットもある

競馬が原因だと自己破産できないこともある

競馬などのギャンブルが原因の借金は、自己破産できないこともあります。

自己破産には免責不許可になる「欠格事由」があり、その中にギャンブルや投資による借金が含まれているからです。

とはいえ、100%免責不許可になるわけではなく、実際には裁判所から裁量免責を受けられる事例も多いです。

自己破産については、下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒自己破産はメリットしかない?家族や子供、仕事にデメリットはないの?

競馬の借金を債務整理する具体的な流れ

競馬の借金を債務整理する流れは、次のとおりです。

債務整理の流れ
  1. 借金額を調べ、債務整理方法を決める
  2. 個人再生・自己破産の場合は裁判所に行く
  3. 債務整理によって借金が減額・免除される

それぞれ順番に見ていきましょう。

【手順1】借金額を調べ、債務整理方法を決める

債務整理は借金額に応じ、適切な手続きを選ぶことが大切です。

まずは弁護士・司法書士に相談し、借金の総額を調べてみることをおすすめします。

借り入れ先の金融機関名を伝えると、正確な借金額を調べてくれます。

あとはどの方法が一番メリットがあるか教えてくれるので、納得したうえで債務整理を依頼しましょう。

【手順2】個人再生・自己破産の場合は裁判所に行く

個人再生・自己破産の場合は、裁判所へ行く必要があります。

裁判所といっても不安になることはありません。

裁判官にいくつか質問をされるので、今後ギャンブルをしないことを伝え、反省した態度や更生の意思を見せることが大切です。

【手順3】債務整理によって借金が減額・免除される

債務整理の手続きが済めば、借金が減額・免除されます。

任意整理・個人再生の場合は、手続き後に返済を続けることが大切です。

もし手続き後に滞納するようなことがあれば、免責が取り消しになってしまう恐れもあるので注意しましょう。

とはいえ、

「意思が弱くてなかなか競馬がやめられない……」

という人もいると思うので、ギャンブルから脱出するための方法も紹介します。

競馬にのめり込んだ人が脱出する方法

競馬をどうしてもやめられない人は、以下の方法をおすすめします。

競馬をやめられないときの対処法
  • カウンセリングを受ける
  • 自助グループに加入する

ギャンブル依存症は明確な「疾患」として認められているため、病院で医師によるカウンセリングを受けることで解決できる可能性があります。

また、自助グループに加入するのもおすすめです。

自助グループとは、同じような境遇を持った人たちが集まる組織のことで、ギャンブル依存症に苦しむ人同士で交流することで、症状の改善を図ることができます。

自力で競馬から脱出できない場合は、医師のカウンセリングや自助グループを活用すると良いでしょう。

まとめ

競馬の借金は債務整理で解決できます。

債務整理には自己破産以外にも方法があるので、まずは弁護士に相談して、借金額に応じた手続きを選ぶことが大切です。

債務整理するときのポイントは、以下の3つが挙げられます。

債務整理するときのポイント
  • 任意整理なら家族・職場にバレにくい
  • 個人再生なら多額の借金に対応できる
  • 競馬が原因だと自己破産できないこともある

借金を放置しても状況はどんどん悪化してしまいます。

督促によって周囲に借金がバレたり、差し押さえや訴訟、信用情報に傷が付いたりするリスクもあり、デメリットはかなり大きいです。

自力で返済できなくなった時点で、弁護士・司法書士に相談して解決を図ることをおすすめします。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。