岩手県に居ながら東京の法律事務所で過払い金請求を依頼して債務整理をした体験談

今回は岩手県にお住いの村本さんです。

村本さんは、ギャンブルやお酒などが大好きな方でした。

上京して、就職後は先輩に連れていかれて高級ブランド品を購入したり、ギャンブルで散財してみたりと派手な生活を送っていました。

しかし、そのお金はキャッシングをして作ったお金です。

一度借りてしまうと、歯止めがきかず、キャッシング枠いっぱいまで使ってしまうようになってしまいました。

カードのキャッシングがダメなら、次は消費者金融に次から次へと複数申し込み、500万も負債を抱えます。

しかし、一度はおまとめローンを利用して完済することができたのです。

それなのに・・・その後地元に戻ることになった村本さんの生活は、再び消費者金融から合計400万円も借り入れしてしまうこととなりました。

また遊ぶお金などに遣う為です。

家族や友人に嘘をつきながらお金を借りて、返済していて自分自身に呆れていたそんなある日、1枚のチラシが目に入ります。

それは東京の某法律事務所の出張無料相談会でした。

そこで過払い金について相談を受けてくれるとのことで、藁にも縋る思いで相談会に行き人生を変えることができたのでした。

それでは村本さんの体験談をお伺いしましょう。

他県で評判の法律事務所に地元に居ながら債務整理をした体験談

ほんの軽い気持ちでした。

1989年春、18歳で岩手から東京に就職した男性です。

そして1991年の20歳の冬の話しです。

江東区に住んでいた頃、お洒落に目覚めて当時勤めてた会社の先輩に連れられて、隣駅の錦糸町にある某大手デパート内にあるブランドショップへ行きました。

そこには格好が良い素敵な洋服が沢山あります。

しかし、値札を見ると私にとっては高額な物ばかりです。

すると先輩はこう言うのです。

『カード作ってリボ払いにしとけば大丈夫だよ』って。

私は抵抗がありました。

カードという事はいわば借金を作るという事。

幼いころから親に、『借金を作っては駄目だ』

『金を借りて暮らすようになるなよ』って教えられてきたからです。

躊躇する私に先輩は言います。

『皆カードで払ってるし、月々数千円だよ』って。

お店の方いわく、ショッピングで総額10万円、月々6千円のリボ払いと説明を受けました。

銀行や消費者金融から借りるわけでも無いから、ま~いっか。

そんな軽い気持ちでカードを作ったのです。

一度キャッシングをしてから借金への感覚が狂っていく

親の言い伝えを守り、お金に厳しく暮らしていた数年間でしたが、もともと酒・ギャンブル・女性の借金3大要素がすべて大好きという自分にとって、カードという禁断の術を手にしてしまった瞬間です。

そこから借金地獄にハマっていくまで、時間はかかりませんでした。

カードにはキャッシング機能が付いており、ショッピングで使っているとドンドン利用可能額が増えていきます。

遊ぶ金に不自由することもあり、いよいよキャッシングのスタートです。

最初のうちはちょっと借りてすぐ返すを繰り返していましたが、段々とその金額が増えていきます。

借りた金は、増やして返せばいいと、ギャンブルにものめり込みます。

そう簡単に増えることなど無いのに・・・。

キャッシングは満額で消費者金融から借入をすることに

そうこうしているうちに、自分の給料では支払いに回せない事態に陥ります。

呑む・打つ・買うを繰り返していれば当たり前。

支払い前に所持金が底をつき、キャッシング可能額もゼロになってしまいました。

そうなると、いよいよ消費者金融デビューです。

最寄駅そばのプロミスさんへ5万円の融資をお願いに行きました。

実際は、カードローン返済の為なのですが、冠婚葬祭に使う為だと嘘を言い。

審査に1時間ほどかかりましたが、カードと5万円を手にできました。

利用可能額は10万円からのスタート。

一気に膨れ上がる借金

1993年春の時点で、某有名デパートカード20万、プロミス5万の借り入れです。

そして、ここからが速かった。

プロミス100万、レイク100万、武富士100万の計300万の借り入れが1995年春です。

仕事はきっちりこなしていましたが、私生活で自堕落な生活を送っていたら、あっという間に300万の借金。

さらに1年後にはプロミス200万、レイク200万、武富士100万の計500万です。

返済額は3社で毎月15万円。

この頃は働いては借金を返す日々の繰り返しに陥り、夢も希望もありませんでした。

返済も利息だけで元本は減りません。

おまとめローンで一度は完済することができた

度重なる転勤もあり、ほとほと疲れ果てた2005年頃おまとめローンに出会います。

消費者金融全額返済分を、まとめて貸してくれるという東京スターローンさんです。

藁にもすがる思いで申し込みました。

審査を経て、満額3社へ返済完了です。

返済額も月々6万円程とだいぶ楽になりました。

また繰り返す消費者金融からの多額の借金

根っからの大馬鹿者なのです、私。

また、手を出してしまいます。

消費者金融に。

2010年の時点で、岩手県に戻ってきましたが、博打三昧で一気に借金まみれに逆戻り。

翌年2011年にはプロミス200万、レイク200万の400万の借金になりました。

この後少ししておまとめローンは完済していましたが、2社でひと月12万円の返済額です。

家族に嘘をついてお金を回してもらい、返済に充てる。

友人に嘘をついて借金をして、返済に充てる。

自分で蒔いた種ですが、ほとほと嫌になりました。

運命を変えることになる法律事務所の無料相談会

そんな暮らしを5年ほど送っていた2016年の初秋に1枚の新聞チラシに出会います。

某東京法律事務所のチラシです。

私の地元まで出張訪問し、近くの会館で相談会を開くとのこと。

実は、過払い金請求の事は知っていましたが、以前知り合いとの会話で気になる事があった為、相談するのをやめていたのです。

それは以下のような事です。
①残金が過払い金より少ないと何かと面倒らしい。
②1回完済し年数が経ちすぎると、以前の分は取り戻せない。

私がこの2点に該当するものと思い込み、躊躇していましたが、ダメもとで相談申し込みをしました。

相談の日時を決め、いざ会場へ。

2016年10月、45歳この日を境に人生が一変します。

まず、丁寧な説明を受け、こちらの言いたい事を伝え終わるとこう言われました。

『今日から一切の返済はしなくて良いです』と。

耳を疑いもう一度聞きなおしましたが、答えは一緒でした。
①月末の支払いを今後一切行う必要は無し。
②消費者金融からの督促も一切来ません。
③簡単な書類のやり取りだけで、完了するまで何もやらなくて良い。

この3点だけを言われました。

なんか、あっけないというか。

ただし、一つ注意点がありました。

以前に完済してから次の借り入れまで10年以上経過している為、以前の分は戻ってこないかもしれませんとの事。

過去の分は戻って来なくても良い、現在の400万の借金が無くなり、返済に頭を悩ませずに済む暮らしを送れるならそれで良いと伝えました。

続いて法律事務所の方はこう言いました。

『返済は勿論ゼロ、過払い金は過去の分も含めると300万くらいは取り戻せるかも、ただし年数の問題で裁判になる場合や、最近の借り入れ分しか取り戻せない場合は100万くらいになるかもしれません』と。

二つ返事で『それで構いません』と返答しました。

過払い金を依頼した結果平穏な生活を取り戻せることに

その後、封書で2回ほど書類のやり取りをしたくらいで、他は何もなく日々過ぎていきました。

2016年秋に申し込み、2017年の夏にレイク分30万円が振り込まれ。

2018年の年末にプロミス分60万円が振り込まれました。(やはり10年以上前に完済分は取り戻せませんでした)

現在2020年春。

あの日相談に行った日から今まで、大変穏やかな暮らしをしております。

心を入れ替え、散財することをやめて、お金に執着することなく生きていけています。

たった1枚のチラシに出会えたことで人生が良い方に変わりました。

今や、ネットでも電話でも簡単に相談が出来ます。

相談相手の弁護士さんも親身になって相談に乗ってくれるはずです。

もし、過払い金請求や自己破産など、お金にまつわる事でお悩みの方がいらっしゃったら、

すぐにでも行動に移すことをお勧めします。

私の様に10年という時間で損をしない為に。

そして、穏やかな暮らしを手に入れる為に。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。