大分県で債務整理~180万円の借金を任意整理で解決した坂井さんの体験談

今回は大分県に在住の坂井さんの、債務整理体験談を紹介します。

坂井さんのケースでは180万円もの借金で毎月、利息だけを返済しているという典型的な借金負のスパイラルに陥っていました。

毎月、金利だけを支払い借金がなかなか減らない。という方は少なくはありません。

借金問題は時間とともに、状況は悪化するだけです。

そういった意味では、酒井さんのケースでは早い段階で対応することで最悪の事態に陥らなかった良い例といえるでしょう。

それでは坂井さん宜しくお願い致します。

大分県で債務整理をした30代共働き女性の体験談

わたしが初めて借金をしたのは、子どもを出産したあとの産休中で、銀行のカードローンでした。

出産費用が思ったよりも高額になり、出産で働いていませんでした。

手当が出るのも産後4ヶ月以上経ってからだったので生活が苦しく、とりあえずお金を用意しなくてはと思って借りた先がカードローンでした。

その時は、手当が入ったら一気に返せばいいやと思っていました。

しかし、子どもの物にもお金がかかり、なかなか返せずに、借りたり返したりを繰り返していたのです。

その結果、利息がどんどん膨らんでいきました。

育休が終わって仕事に復帰してからは、子どもの発熱などで思うように仕事に行けない事も多くなりました。

時短勤務だったので元々の給料も少なく、とうとう返済に困るようになってしまいました。

当初はそれでもなんとかお金を返さないとと思い、生活費をカードで支払ってみたり、光熱費の支払いを後回しにしてみたりしていました。

ですが、どうしてもお金が足りなくなったときに初めて債務整理を検討し、弁護士事務所に連絡してみました。

自己破産しかないと思っていた借金が任意整理で解決できることに

初めは自己破産しかないのかと思っていたのですが、借金の総額が180万円程度だったこともあり、弁護士さんからは任意整理を勧められました。

通勤に車はどうしても必要だったので、車のローンと借り始めたばかりのカードローンは残してもらい、クレジットカードのリボ払いや銀行のカードローンの任意整理をお願いすることにしました。

弁護士事務所に連絡し、弁護士事務所と委任契約さえしてしまえば、銀行や借金先からこちらに督促が来ることはなくなりました。

弁護士事務所への費用も4社の債務整理で23万円くらいしましたが、半年間の分割にしてもらえるので、金融業者への支払いが始まるまでは弁護士事務所への支払いをすることになりました。

それまでは借金だけで10万近く返済していて、生活費は毎月足りないし、足りない分をカードで支払らうことでその場を凌いでいました。

それが、月に4万円ほどの支払いになったので生活費の面ではとても楽になりました。

債務整理の手続き開始から半年が経ち、弁護士事務所への支払いが終わると、ローン会社や消費者金融などへの和解交渉をしてもらえました。

和解交渉の前に、これから和解交渉に入りますと電話をもらい、だいたい期間は1ヶ月程度だと説明を受けました。

交渉次第では、返済は月に3万円くらいになるかもしれないと言われ、もう少し生活が楽になりそうだと少し嬉しくなりました。

3週間ほど経ってから再び電話があり、和解交渉が終わったことと、これからの返済金額や返済方法についての話がありました。

返済方法は、各金融業者に自分で毎月振込を行う方法と、弁護士事務所に各金融業者の支払いの総額を振込んで、弁護士事務所を通して返済する方法があると説明を受けました。

手数料はかかるものの、もし万が一返済が難しくなったときに再び弁護士事務所に相談できるというメリットがあったので、弁護士事務所を通して返済することにしました。

返済金額に関しては、月に3万円あれば手数料を含めても各社に返済できるということでした。

しかし、できるだけ早く返済を終わらせてしまいたいという気持ちがあったので、これまで通り月に4万円を弁護士事務所に振込むことにしました。

3万円と4万円の差額は、万が一支払いが滞ってしまったときに各社への返済に充てられ、差額の積立分が各社への返済額を超えるようであれば、そこで一括返済という形になる形をとって頂きました。

借金は総額で180万円ありましたが、130万円ほどまで減りました。

利息だけでそんなに支払っていたのかと思うと恐ろしい気持ちになりました。

もし、債務整理を考えていなければ、ずっと利息ばかり払い続けて元金が全く減らないという自体に陥り続けていたと思います。

任意整理をして、クレジットカードも持てなくなりましたし、新たにローンを組むこともしばらくはできません。

しかし、自分の稼いだお金の範疇で、現金で支払えるものだけ買って生活するという癖が少しずつ身に付いてきたように思います。

また、月々の支払いも、全ての借金を自分の力だけで返していたときよりはグンと減ったので、生活に少しゆとりも持てるようになました。

本当に少しずつではありますが、毎月貯金もできるようになりました。

旦那にバレるか不安だった債務整理もバレずに解決できた

借金は自分の責任だからとひとりで抱え込んで潰れそうになっていたのですが、主人にはバレたくないというわたしの希望もしっかり叶えてもらえて、主人にはバレることなく返済をすることができています。

もし、身内にバレるのが嫌だから債務整理はできないと考えている人がいるならば、債務整理をしても他人にその事を知られることはほぼないということをお伝えしたいです。

例え自己破産だとしても、官報というものには自己破産したことが載るらしいですが、官報自体を見る人はほぼいないので、身内に知られることはまずないと私も弁護士さんに教えてもらいました。

また、任意整理を選べば他人にも絶対にわからないし、任意整理は車や住宅のローンは残すなどの選択ができるので、資産をすべて失うということもなく借金が大幅に減るのでとてもオススメです。

私は今回、任意整理をすることで人生をやり直すことができました。

弁護士の先生はもちろん、債務整理といった制度には感謝してもしきれません。

旦那に内緒の借金を抱えて苦しむ女性は多い
以上、任意整理によって借金問題を解決した坂井さんの債務整理体験談を紹介しました。

酒井さんのように、少額の生活費を借りたことをきっかけに金利だけを返済し続けるような借金地獄に陥る人は少なくはありません。

また、同時に借金を旦那に言いづらいという女性が大半です。

しかし、借金問題は後回しにしても良い事は何一つありません。

時間と共に借金は増え続け、精神的にも困憊し待っているのは更にひどい状況だけです。

坂井さんのケースでももし、相談が遅れていたら自己破産しか選択肢は無くなっていたかもしれません。

借金問題は一人で悩むのではなく、いち早く専門家に相談をするのがおすすめです。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。