ストレスが原因で食費の為の借金!本庄市の法律事務所で400万円の借金を債務整理した体験談

今回は埼玉県本庄市にお住いの佐多さんです。

佐多さんは仕事のストレスから会社を休みがちになり、収入が減ってしまいます。

ストレスから過食になり、生活費に充てるべきお金も食費へと費やすようになりました。

更に、精神科のカウンセリングにも通っていたときに、ストレス発散をすることも大事と言われて、買い物でストレスを発散することも増えました。

しかし、手元にお金が無い場合はクレジットカードを利用していました。

クレジットカードの支払いの為に、消費者金融でキャッシングをして返済という自転車操業に陥ってしまうのでした。

知人から債務整理を勧められるもデメリットから一度は躊躇します。

しかし、債務整理のシミュレーションをしてやっと把握した借金総額に、どうにかしなくてはと気がつくのでした。

そこで弁護士さんに相談したことがきっかけで債務整理をすることができました。

それでは佐多さんの体験談をお聞きしましょう。

それではよろしくお願い致します。

本庄市の法律事務所で400万円の借金を債務整理した体験談

埼玉県在住の42歳女性です。

私が任意整理を決意したのは3年ほど前で40歳でした。

そのときの借金は合計で280万円。

自分がそんなに高額な借金をしている自覚さえありませんでした。

借金のきっかけは、体調を崩してしばらく会社を休んだこと。

ストレスからくる自律神経の失調でメンタルも病み、食欲も全くなくなったり逆に過食になったり。

クレジット払いで金銭感覚が狂っていく毎日

光熱費や生活に充てるべきお金を食費に充て、手元にお金がなくなると買い物すべてをクレジット払いにしました。

会社も休みがちになり、もちろん収入は減りましたが、生活を見直すことは全くしませんでした。

また、当時はカウンセリングなどメンタルケアのお金もかなりかさんでいました。

カウンセラーから息抜きや楽しみも必要だよと言われ、愚かなことに買い物をしてストレスを発散したりもしていました。

当然月々のクレジットカードの請求が莫大な額になります。

ああ、やってしまったという気持ちはあるものの、自分が好きなことをした結果だと思うとなぜか無駄遣いを後悔する気持ちにはならなかったのです。

限度額いっぱいまで使ってしまい自転車操業に陥ってしまう

手持ちのクレジットカードはショッピング枠・キャッシング枠ともに限度額いっぱい、限度額もこれ以上は引きあがらないというところまで借りていました。

返済期限が迫ると、ほかのカードでキャッシングして返済に充てる、という自転車操業の日々でした。

もう疲れたと思い始めたころ、司法書士を目指して勉強中の知人から、債務整理について教えてもらいました。

最初は相談する気持ちは全くなかったです。

債務整理を勧められるも躊躇してしまう

債務整理について自分で調べたところ、まずクレジットカードが使えなくなることがわかりました。

当時の私にとってクレジットカードが使えないことは恐ろしいことで、生活が立ちいかなくなることを意味していました。

また、債務整理をするとすべて返済し終えた後も10年間ぐらいクレジットカードを持てなくなる。

信用情報に債務整理の履歴が載る・・・など、私にとってはデメリットしか考えられませんでした。

しばらく債務整理のことは考えず、自力で返済を頑張ってみようとしました。

自分の借金総額を把握しやっと自分の置かれている状況に気がつく

仕事も掛け持ちして休日なしで働いていました。

しかし利子だけ返している状態。

元金がいっこうに減っていかない。

頑張ればどうにかなるという気持ちも消え、不安にさいなまれました。

これからどうなってしまうのか。

しばらく頭から離れていた債務整理のことを思い出し、ある弁護士事務所のホームページで「返済シミュレーション」をしてみました。

お恥ずかしい話ですが、そのとき初めて自分の借金の総額をきちんと把握したのです。

A社140万、B社50万、C社50万、D社20万、E社10万。

総額約280万円に利子が入ると、400万円近くになる計算でした。

思わず気が遠くなり、これは一人で何とかできる金額じゃない。

ようやく弁護士に相談を決意し法律事務所に向かう

1日も早く誰かに助けを求めようと思いました。

その何日か後に、弁護士事務所に予約を入れ、相談に行きました。

綺麗なオフィスの部屋に通され、弁護士の方に相談に乗ってもらいました。

今まで借金を重ねてきたこと、最悪の方法ばかり選択してきたことをとがめられるかと思いましたがそんなことはなく、淡々と相談が進みました。

このときはまだ債務整理を行うか決めかねていました。

クレジットカードを使わない生活が想像できず、これから5年間、借金をこつこつ返済する毎日に耐えられるか不安だったのです。

ただ弁護士の先生から、「あなたが借金をし始めたのは何年前ですか?それから苦しい返済が始まって、借りては返すを繰り返して、今が何年目ですか?それだけつらい思いをして借金はいくら減りましたか?」と言われました。

ああ、そういえば私が借金を作ってから5年なんてゆうに超えているなと気づきました。

「今までの5年間と、これから着実に返済をしていく5年間では、まったく違うと思いませんか?」と言われて納得しました。

確かにこんなに身を削っているのに、この5年あまり借金は減るどころか増えていました。

あまりにも無知で、借金をすることを甘く見すぎていたが故でした。

私はその場で弁護士の先生に任意整理をお願いしました。

5年の月日をかけて返済をしていくことに

書類にサインをし、所持していたクレジットカードはすべて預けました。

任意整理をした場合、返済するのは元本のみ、つまり280万円のみです。

利子は一切支払わなくてよいので100万円ほど借金が減る形になります。

それだけでもかなり負担がなくなりました。

最初に弁護士費用(私が依頼したところだと5社で約20万円)を分割で支払います。

その支払いが終わると、返済能力に応じた額を弁護士事務所に月々支払うことになります。

返済金額は、私の場合月々45000円ほど。

5年60回払いとなりました。

それまで月収のほとんどを返済に充てる生活でしたので、本当に楽になりました。

返済が始まってもうすぐ2年半。

半分までこぎつけたところです。

現金だけの生活にも慣れて貯金もできるほどに

クレジットカードを使わない生活にも慣れました。

最初は戸惑いましたが、ないならないで相応の生活をすればよいし、また案外できるものです。

手元にないお金は使えない。

当たり前のことなのに、お金を払わずほしいものが手に入るような感覚を持ってしまう。

私のような人間はクレジットカードを持たないのが正解です。

お金に対する認識もずいぶん変わり、返済しつつ貯金もできるようになりました。

今借金で苦しんでいる方、債務整理をしようか迷っている方へ。

債務整理はデメリットもあります。

そしてこつこつ返済を続けていく日々は、長く不安になります。

でも確実に借金は減ります。

これは確かなことです。

迷っている方は、今まで先の見えない返済にどれぐらいの間苦しんできたか、その年数と、確実に借金を減らせるこれからの5年間を比べてみるとよいと思います。

それでもどうしても二の足を踏んでしまう・・・という方も、相談だけでもしてみることをお勧めします。

心の負担がだいぶ減るはずです。

お金の問題は一人で悩んでも解決しません。

でも適切なアドバイスをもらえば、必ず解決するものです。

ほんの少し勇気を出して一歩踏み出してみてください。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。