債務整理中や手続き前に新しくローンを組む事はできる?

『債務整理をした後に新しくローンを組む事が出来ないのなら、債務整理中や手続きをする前に新しいローンを組んでしまおう。』

このように考える人は多いです。

債務整理した後に新しくローンを組む事はできる?で解説している通り、債務整理後に新しくローンの審査をしてもまず通りません。

どうしてもローンを通す必要がある場合には、配偶者や両親の名義でローンを組む必要があります。

それでは、債務整理の手続きをする前にローンを通してしまう方法であれば審査にもパスする事ができるのでしょうか。

結論は、可能ではありますが確実にバレますし、場合によっては詐欺罪になるので絶対にやめましょう。という事です。

しかし、そんな危ない方法を取らなくても債務整理後にローンを組む方法はあります。

今回は債務整理中のローンについて解説をしていきます。

自己破産の申請中に新しいローンを組む事はできる?

債務整理の中でも、借金のほとんどを免責にする事ができる自己破産手続き。

そんな自己破産ですが、手続き中に新しいローンを組むことはできません。

万一、ローンが組めてもそのローンも債権の一つとして処理する必要が出てきます。

このような事をしてしまうと、ローン会社はもちろん、担当する法律事務所にも大きな迷惑がかかります。

さらに、裁判所にも悪い印象を与え、手続きが長引く可能性もあるでしょう。

自己破産は、税金を除き借金の支払い義務をすべて免除してもらう手続きですので、手続きをする人にもそれなりの自覚が求められます。

ローンを組むということは、将来そのお金を返済する約束をする事。

自己破産によって債権が回収できなくなる銀行や消費者金融からすれば、『新しくローンが払えるならうちの借金を払ってくれ』となるのは当然です。

もし、法律事務所と相談をして自己破産を選択する事になった場合、住宅や車のローンはもちろん、友人からの借金なども厳禁です。

自己破産についてはこちらの記事で詳しく解説をしています。

任意整理中に新しいローンを組む事はできる?

債務整理の中で最も選択をする人が多い、任意整理。

任意整理中についても、新しくローンを組むことは、ほぼ無理と考えて下さい。

手続きが始まると、個人信用情報機関にその情報が登録されます。

支払いに異常が生じている情報が登録されてしまえば、金融機関から信用を得ることは不可能。

しかし、弁護士や司法書士に債務整理を依頼してから、債権者に通知が行くまでにはタイムラグが生じることがあります。

ブラックリストに名前が載るまでには多少の時間がかかるでしょう。

債務整理を依頼してから、信用情報機関へ情報が反映されるまでの間にローンが組めてしまう可能性は否定できません。

ですが、バレるのは時間の問題です。

ケースによってはローンを無効にされ一括での返済を要求される事もあるでしょう。

任意整理中も、ローンは組めないと考えておくべきです。

任意整理についてはこちらの記事で詳しく解説をしています。

債務整理をする前に新しくローンを組んでしまうのはOK?

手続きをした後ではなく、債務整理をする前でも同様にローンを組むのは控えた方が得策です。

債務整理を検討している段階というのは、自分では借金完済が難しい状態であることがほとんどでしょう。

そんな状況下で新しくローンを組む事は、始めから返せる見込みのないお金を借りようとした。とみなされる可能性もあります。

返せるはずがないお金を騙して借りようとしたのですから、詐欺罪にも抵触するかもしれません。

また、その新しく組んだローンもいずれは必ずバレますし支払う事は難しいでしょう。

債務整理をする前であっても、現在すでに返済が厳しいのであれば新しいローンを組む事は控えてください。

どうしても債務整理をする前に新しいローンを組みたい場合

債務整理をしたからといって、いつまでも新しいローンを組む事が出来ないわけではありません。

任意整理の場合には5-7年、個人再生や自己破産でも最長10年経てば新しくローンを組む事は可能です。

それでも、その期間中にどうしてもローンを組まなければならない事態が生じるかもしれません。

その場合に出来る方法は2つです。

配偶者や親に名義人になってもらいローンを通す
アメックスやダイナースで審査を行い実績を作って大きな買い物をする

本人が自己破産や任意整理をしていても、連帯保証人になっていない限り配偶者や子供、親には法律的な責任は生じません。

配偶者や親に安定した収入があれば、名義を妻としてローンを通す事は可能です。

また、クレジットカードを作って家族カードで買い物をする事もできます。

2つめはアメックスやダイナースの審査を通して信用を作り、利用枠を増やすという方法です。

債務整理をした後に確実に審査に通るとは限りませんが、債務整理後に実際にアメックスの審査に通っている人はいます。

アメックスはカード上限額が決まっているわけではないので、実績次第では大きな買い物をする事も可能でしょう。

しかし、誰でも審査に通る確実な方法ではありません。

あくまで参考程度に覚えておいてください。

補足ですが、任意整理中にお金を借りてしまう人も一定数いるのは事実です。

当然、アイフルやアコム、プロミス、レイクといった大手の消費者金融からお金を借りるのは無理です。

大手どころか中小からも借りられないとなると、貸金業免許をもっていない、いわゆる闇金に手をだしてしまいます。

このような悪徳業者は、始めから法律を守る気などありません。

弁護士や司法書士が法律に則って話をしようとしても、耳を貸さない業者がほとんどです。

闇金融に手を出すと、職場や家族にも迷惑がかかるのは間違いありません。

また、最近では『3万円振り込んでくれたら30万円を貸す』と誘惑して、3万円を振り込ませ、結局連絡がとれなくなり3万円をだまし取られるという詐欺が増えてきています。

普通に考えればおかしな話ですが、金策に困り正常な判断力が衰えると、ついこのような甘い言葉にのってしまうのでしょう。

追い詰められたときほど、意識をして”常識的に考える”ことが必要です。

債務整理中にローンを組む事は可能?まとめ

債務整理前であっても、途中であっても新しくローンを組む事は控えましょう。

手続きの最中でも会社によっては、住宅ローンやマイカーローンの審査を通す事も可能ではあります。

しかし、絶対にバレますし状況がややこしくなるだけでメリットは何もありません。買った物も回収される可能性が高いでしょう。

いずれにしても、借金問題は早めの対策をする事が非常に重要です。

『返済をしたら給料がほとんど終わってしまう。』

『消費者金融からお金を借りて別の会社の返済をしている』

このような状態になっているのであれば、その借金を完済する事はまず不可能です。

借金問題は黙っていても解決をする事は絶対にありませんし、状況は悪くなるだけです。

利息や遅延損害金は増え続けますし、簡単に解決できる問題もどんどん難しくなっていきます。

新しくローンを組む事を考えるのではなく、まずは今すぐに弁護士や司法書士に相談を行ってください。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。