司法書士に債務整理を依頼するメリットとデメリット

債務整理を専門家に依頼する場合には、弁護士と司法書士のどちらかに依頼することになります。

どちらも国家資格で、債務整理を扱える資格はこの2つだけです。

ですが、弁護士はテレビドラマやゲームでもよく見かけるからイメージできるけど、司法書士って何をする人?という方も多いのではないでしょうか。

また、司法書士か弁護士どちらに依頼するのが良いのかは人それぞれ変わってきますので、分からないと思います。

今回は司法書士に、債務整理を依頼するメリットやデメリットについて解説していきます。

借金が140万円以上ある場合は司法書士には依頼が出来ない

司法書士は本来「土地や建物」の法律事務を専門で扱う専門家です。

その一方で法人登記や修正、債務整理などの法律業務も行っています。

司法書士が依頼者に代わって債務整理の手続きをできるのは、「簡易裁判所で扱われる事件」のみです。

簡易裁判所は金額が140万円までの事件を扱っています

(この金額を超える事件については地方裁判所が扱います)

1件あたりの借金の金額が140万円を超える場合には司法書士に依頼することができません。

債権者1件あたりの借金額が140万円を、超える場合には司法書士ではなく、弁護士に依頼する必要があります。

借金の滞納をしていると債権者側から、裁判所を通して支払督促が送られてくることがあります。

郵便の封筒に書かれている裁判所が「簡易裁判所」となっていれば司法書士に依頼してもOKです。

地方裁判所となっている場合には司法書士はNGと判断すれば問題ありません。

弁護士への依頼については、弁護士に債務整理を依頼するメリットとデメリットで解説しています。

債務整理に力を入れている司法書士事務所

なんとなく有名な弁護士の方が信頼感があるというイメージも少なからずありますが、最近では司法書士事務所も債務整理にはとても力を入れています。

司法書士に依頼しても特に債務整理を行うえでデメリットはありませんし、しっかりと対応してくれると評判の司法書士も多いです。

司法書士、弁護士共に東京等の大都市だけではなく、地方でも債務整理の無料相談は随時行っている
法律事務所が多いです。

まずは無料相談に行って、話を聞いて信頼できそうな方を選ぶというやり方でも良いでしょう。
法律事務所の評判や口コミについても参考にしてみることをおすすめします。

1点、注意するとしたら依頼から債務整理完了までのスピードです。

借金の場合1日行動が遅くなればその分支払利息や遅延損害金の、負担が増えてしまうという性質があります。

すでに債務整理をする決意が固まっている方であれば、少しでも手続きが早く完了した方が良いですよね。

債務整理は、「事務員ではなく、弁護士本人が必ず事前面談を行うこと」がルールになっています。

弁護士のスケジュールがいっぱいになっていたりすると、債務整理が進むのに時間がかかってしまうケースもあります。

もちろん、きちんと時間をとって面談を行ってくれる、弁護士の方が信用できるという考え方もありますのでこれも一概にどちらがよいとは言えません。

また、現在債権者側からの取り立てを毎日受けているという方の場合は、専門家に依頼することによって借金の取り立てがストップするというメリットを少しでも早く受けたいというニーズがあります。

借金の取り立てや督促については、債務整理をすると取り立てやしつこい電話は止まる?で解説しています。

このようなに「スピード重視」で少しでも早く債務整理をしたいという方は、司法書士事務所に依頼すると早く処理してくれる可能性は多少高くなります。

司法書士に債務整理を依頼するメリットとデメリットまとめ

司法書士は弁護士と比べて少額の借り入れしか、債務整理を行う事は出来ませんがスピード面等メリットも大きいでしょう。

一概に債務整理を司法書士と弁護士のどちらに頼んだ方が良いのか。

といっても法律事務所によってどのような対応をされるかは、さまざまなので、自分の借金について親身に相談を聞いてくれるか、

費用の説明をきっちりしてくれるかなどで判断するというのでも問題ありません。

弁護士事務所でも司法書士事務所でも費用の違いに大きな差はありません。

借金の問題は専門家に相談することでよりスピーディに解決することが可能です。一人で悩まず、まずは相談してみることがとても重要です。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。