利息や遅延損害金、そして借金の金額を減額することができる債務整理。

借金の金額が減るのは嬉しいけれど、気になるのは専門家に対して支払う必要のある費用ですよね。

『せっかく債務整理をしたのに、専門家への依頼費用が高くてさらに苦しい状況になってしまって払えない!』なんてことになったら最悪です。

(※実際にはよほど悪質な専門家に依頼しない限り、そういうケースはほとんどありません)

ひとくちに「債務整理」といっても、大きく分けて任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求の4種類があります。

費用は依頼する弁護士や司法書士によってかなり差があります。

実際に相談に行く前に、ある程度の費用の相場を把握しておくと良いでしょう。

近年では、手持ちの現金が無くても多くの法律事務所で後払いや分割払いに対応をしているので、そもそもお金が無くて債務整理すらできない。

このような最悪の事態には陥りませんので安心してください。

債務整理の費用が捻出できない方は債務整理費用が払えない場合は分割や後払いが出来る法律事務所を!の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

また、費用は専門家に相談するとして、すぐにでも債務整理の手続きを開始したい方は、チャット相談の利用が便利で簡単です。

それでは、『債務整理と費用』の関係について解説していきます。参考にしてみてください!

任意整理の費用

まず、債務整理の中でも多くの方が選ぶことになる任意整理。

任意整理の費用は「着手金」と「成功報酬」の2つに分かれているケースが多いです。

着手金は通常の相場で4~5万円程度。

成功報酬は借金の減額に成功した金額の10%~15%を弁護士や司法書士に対する費用として支払う必要があります。

任意整理は債権者1件ごとに行う必要があるので、借金の本数が複数ある場合にはそれぞれに対して、専門家への費用を支払う必要があります。任意整理の費用はおおむね15万円~30万円程度になることが多い様です。

また、長年借り入れを行っている方の場合、多くの方は過払い金請求も一緒に行います。

その場合、過払い金請求も費用が発生します。次は過払い金請求の費用を見ていきましょう!

過払い金請求の費用

数ある法律事務所の中でも、着手金が必要になる法律事務所と不要な法律事務所が存在します。

着手金の相場はおよそ0~4万円程度。

実際には着手金は不要にしている法律事務所の方が多いです。

過払い金請求は任意整理と同じように、対応する債権者の数によって費用が変わってきます。

まず、過払い金が発生しており、お金を取り戻せた場合、成功報酬として18-20%ほどの成功報酬が発生します。

その他に、解決報酬金として1社につき2万円程必要になるケースが多いようです。

例えば、アコム、プロミス、アイフル、レイク、ノーローンからそれぞれ100万円の過払い金を回収できた場合で考えてみます。

この場合、解決報酬金が5社なので10万円。500万円の20%で100万円の成功報酬。

合計110万円の費用となり、回収できた500万円から110万円を引いた390万円が自分の手元に残る計算となります。

※あくまで例であり、平均相場を元に算出しています。

しかし、自分にはどれくらいの過払い金が、何社から発生しているのか。把握できている人は少ないでしょう。

そもそも過払い金が発生しているのか、計算を行ったり、相談を受ける分には無料としている法律事務所も多いのでまずは相談をしてみるのが良いでしょう。

いずれにしても、借金問題は任意整理や過払い金請求で対応できる段階で解決してしまうのが金銭的にも負担が少ないのは間違いありません。

借金問題は後回しにすればするだけ、状況は悪化するだけで好転することは絶対にありません。

1人で悩むのではなく、今すぐに専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

個人再生の費用

個人再生は裁判所に申し立てを行い、借金の減額を行ってもらう手続きです。

専門家に対する費用は定額で支払うケースが大半です。

費用の相場はおよそ30万円~40万円ですが、個人再生の場合は持ち家を手放すことなく借金を減額してもらえる「住宅ローン特例」を利用するケースでは費用が加算されます。

(※手続きが複雑になるためです)

住宅ローン特例を利用する場合には上記の金額におよそ8~10万円程度上乗せになる法律事務所が多いです。

自己破産の費用

自己破産は裁判所に申し立てを行って、借金の残高を0円にしてもらえる手続きです。

借金は0円になりますが、持ち家などの資産は売却する必要があるので注意が必要です。

自己破産の費用は25万円~30万円程度が相場です。自己破産についても持ち家などの売却手続きが必要な場合(「管財事件」といいます)では10万円程度費用が上乗せになるケースが多いです。

自己破産を検討している方の場合、専門家に対して支払う費用を工面するのが難しいケースがほとんどです。

そんな事情から、先述の通り、費用は後払いとしてくれたり、分割払いでの支払いに応じてくれる法律事務所が多いので安心してください。

債務整理の費用まとめ

債務整理には大きく分けて、任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求の3つがあり、それぞれ専門家に支払う費用は異なります。

また、『どれくらいの会社からどのくらいの金額を借りているのか』によっても変わってきます。

多くケースで合は、債務整理をした結果、支払った費用を考えてもプラスになる事がほとんどです。

しかし、借金の金額が少額である場合には、債務整理を行う必要がないケースも稀にあります。

『自分が債務整理をするべきなのか、どの手続きを選択するべきなのか?』は、自己判断で決めるのではなく、専門家に相談するのが賢明です。

いくつかの法律事務所で平均の費用を知った上で、比較して安い法律事務所を選ぶという手もあります。

しかし、どうしても安かろう悪かろうとなる可能性も否めませんし、最近では相場はほぼ横ばいです。

債務整理は人生にとって非常に重要な手続きと言っても過言ではありません。

数千円程度の費用の差で法律事務所を選んだ結果、自分と合わない法律家だったり、対応が良くない法律家に依頼する事は避けたいですよね。

費用も確かに重要ですが、しっかりと取り組んでくれる法律事務所、担当者に依頼するのが一番です。

また、法テラスで債務整理の相談を行い法律事務所を紹介してもらうという手もあります。

しかし、収入に制限がある事と決まった法律事務所(債務整理専門ではない法律事務所)も紹介されてしまう為、安易におすすめは出来ません。

借金問題は悩んだり、放置して先延ばしにしてしまうのが一番良くありません。

こうして悩んだり、費用の比較をしている間にも利息や遅延損害金は増え続けています。

実際に、借金問題を後回しにしたり放置した結果、最悪の結末を迎えてしまった方は非常に多いです。

1日でも早く第一歩を踏み出して、借金問題を解決し、新しい人生のスタートを切るのが一番です。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。