債務整理をした後に保険加入する事はできる?

キャッシングやカードローンで作ってしまった、高額の借金を解決するための方法として用いられている債務整理。

借金を減額したり帳消しにしてくれるため、借金に苦しむ人にとってはありがたい制度ですよね。

しかし、まったくのデメリットなしに借金を解決できるのかというとそうではなく、様々な条件が定められていたり、制限を受けることもあります。

債務整理をする場合に、特に気になるのが債務整理した後の生活への影響でしょう。

債務整理するとクレジットカードを持てない
住宅ローンや自動車ローンの審査が通らない

これはよく言われていることですね。

そして、もう1つ、話題になるのが「保険の加入」についてです。

現在、加入している保険はもちろん、その後、新たに保険に加入することはできるのか、家族を持つ人であれば特に気になるでことしょう。

今回は、債務整理の保険への影響を詳しく解説していきます。

また、『給料が出ても返済で消えてしまい、結局またお金を借りてしまう。』

『利息を支払うのが精一杯で、元金が全く減らない状態が1年以上続いている。』

このような状態まで状況が悪化している方は要注意です。

手遅れになる前に今すぐに法律事務所に相談をして下さい。

どこに相談をしたら良いか分からない方は、簡単に利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

債務整理をした後に保険に加入する事は可能

結論から言ってしまえば、債務整理後に新たしく保険に加入することは可能です。

加入前に審査があるということで、信用情報をチェックされていると勘違いする人もいるようですが、保険は借金ではないため信用情報を参照されることはありません。

保険加入のための審査の主な内容は、健康面でのチェックであり支払い能力などは問題とされていないようです。

借金の信用情報を保有している個人信用情報機関は、貸金業者や金融機関が加盟する組織になっています。

そのため、保険会社には加盟義務はなく、個人信用情報機関に登録されている情報も、保険会社が閲覧・参照することはできません。

中には信用情報機関へ加盟している保険会社もあるのですが、これは事業の一部に金融サービスを有しているからであって、保険加入の際の審査時には信用情報を照会される心配はありません。

債務整理で影響を受けるのは、あくまでもキャッシングやクレジットカードなどの「信用取引」です。

銀行口座の開設や預金、振込などのような金融機関が提供するサービス全体に影響をおよぼずこともありませんし、信用取引以外の生活を制限してしまうような心配は全くありません。

債務整理とブラックリストの関係についてはこちらの記事で詳しく解説をしています。

債務整理をする前に注意したい保険の事

保険の加入には影響がないと説明しましたが、すでに加入中の保険に関しては影響してしまうケースもあります。

債務整理をおこなう際に、保険に関連することで注意しなくてはいけないとすれば、以下の2点に当てはまる場合でしょう。

解約金を受け取れる保険に加入している
自己破産や個人再生を検討している

債務整理が保険に影響してくるのであれば、債務整理をした後ではなく、債務整理をおこなう前の段階になります。

掛け捨ての医療保険などはとくに問題ないのですが、「積み立て型の保険」に加入している場合、解約することで解約金を受け取れることがあります。

積み立て型の保険としては、生命保険や学資保険などが一般的でしょう。

解約金が多額な場合には、以下の2つの債務整理に影響が出てきます。

自己破産の場合保険にはどうのような影響があるのか

自己破産では、借金を帳消しにする代わりに、手続き中に資産を現金化して債権者に引き渡す必要があります。

解約金を受け取れる保険に加入している場合、手続きを完了させるためには加入している保険を解約しなくてはいけないのです。

手元に残しておけるのは原則20万円以下の資産のみですので、解約金が20万円を超える場合には保険も解約することになります。

原則として、その後の生活に最低限必要なもの以外は手元に残すことはできないようになっています。

そのため、保険以外にも株式や車を所有している場合には、これを現金化して借金返済にまわすことになります。

個人再生の場合保険にはどうのような影響があるのか

一方、個人再生の場合には保険を解約する必要はありません。

自己破産は借金返済そのものを帳消しにする手続きですが、個人再生は借金元本を減額する手続きであって、返済行為自体は継続します。

そのため、資産を処分しなくてはいけない、という決まりもないのです。

その代わり、資産があるのであればその分借金の減額は少なくなります。

保険の解約金以下に借金を減額することはできませんので、解約金が高額の場合には、個人再生をしてもあまり意味をなさないこともあるでしょう。

ちなみに、解約金を担保として保険会社が融資をしてくれる「契約者貸し付け」という制度があります。

こちらは、解約金の前払いという扱いになりますので借金とは認められていません。

そのため、自己破産も個人再生も対象外だということを覚えておきましょう。

また、借金の返済を優先して保険料を滞納してしまった場合、2か月以上支払いがたまると保険料を解約金から自動振替するようになっています。

振替ができないと保険を失効してしまいますので、こちらも十分注意してください

以上のことをまとめると、以下がポイントとなります。

【保険解約のキケン】

自己破産の際に、積み立て型の保険に20万円以上の解約金が発生している

2か月以上保険を滞納し、自動振替できるだけの解約金がない

【借金が減らないキケン】

個人再生の際に、積み立て型の保険に借金と同額程度の解約金が発生している

将来のために積み立てていた保険を解約しなくてはいけないというのは、特に家族を持つ方からすると非常に大きな問題でしょう。

最近では途中で解約をすると大きく元本割れしてしまう「低解約返戻金型保険」も少なくありません。

保険の解約をしてでも借金を自己破産するべきか、借金減額幅が少なくても個人再生を行うべきか、は慎重に検討するようにしてください。

借金の金額がそこまで大きくないのであれば、資産の処分の必要ない任意整理による解決をはかるのも1つの手です。

トータル的に考えてどのような方法が適しているのかは、自分で判断するよりも弁護士などの専門家の意見を参考にした方がいいでしょう。

債務整理と保険まとめ

債務整理をしたことによって保険加入ができなくなるということは全くありません。

そのほかに、金融サービスも信用取引以外に制限を受ける心配も無用となっています。

ただし、解約金を受け取れる保険に加入している場合には、解約する必要が出てくることもありますので、債務整理の方法を慎重に決定しなくてはいけません。

現在の保険を解約せずに借金問題を解決できるのであれば、それが1番でしょう。

保険だけではなく、現金化できる資産を所持している人は相談時にすべて伝えておく必要があります。

いずれにしても、借金問題は放置していても解決する事はなく状況が悪化するだけです。

今すぐ法律事務所へ相談を行うことをおすすめします。

債務整理なら横山法律事務所

横山法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計2000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

横山法律事務所の無料相談はこちらです。