借金70万円と債務整理~返済方法と任意整理、自己破産の必要性

「どうしても欲しい物があるけど、それは所持金以上の価格なので、購入できない。」

そのようなとき、スマホにタイミング良く「最短即日融資OK!」という広告が表示され、ついついその広告をタップし、

「不足分をちょっと借りるだけで、すぐに返済すれば問題ないだろう。」

と、自分に言い聞かせてカードローンを利用するなんてことが起こり得ます。

もちろん、その後、きっちり返済すれば問題ありませんが、カードローンを利用することで所持金以上の買い物ができる旨みは病みつきになります。

気づけば、1社目のカードローンは利用可能額上限まで利用し、そして、2社目のカードローンを利用するようになり…

カードローン残高が70万円程度まで膨れ上がったときに、こう思うのです。

「今度のボーナスで、ある程度返済して、残った借入残高については、ちょっとずつ返済すれば問題なく完済できるだろう。」

そのような考えから、カードローンのせいで首が回らないような人生になるなど想像すらできない借金の額が、だいたい70万円なのです。

たしかに、ボーナスをカードローンの返済に充て借入残高を大きく減らし、残りの借入残高については、毎月数万円ずつ返済すれば、人生において大きなダメージとはなりません。

しかし、借金によって自分の欲望を満たした人は、所持金以上の支出をしてしまう悪癖を直すことができません。

そのため、ズルズルと借金をし続ける人生を送り、借金元本が減らないどころか増えているなんてことは、全く珍しくありません。

そう、借金70万円とは借金問題を比較的簡単に解決できるギリギリの額なのです。

というわけで、今回は、借金70万円を解決するための方法と、債務整理を検討するタイミングについて解説します。

借金70万円の返済方法と債務整理による借金問題解決方法

繰り返しになりますが、「70万円の借金で債務整理だなんて大げさだ」と思っている人は少なくないかもしれません。

しかし、総合的に考えて自力での返済が難しい場合、1日でも早く対応を進めていくべきです。

逆に言えば、70万円程度の借金ですんでいる時点であれば比較的簡単に借金問題は解決できます。

怖いのは、借金が雪だるま式に増えていってしまうことです。

今はまだ70万円の借金であっても、返済の厳しい状況がさらに続けば、100万円、150万円と借金が膨らんでしまう可能性は非常に高いです。

実際に、借金問題を後回しにしたり放置し続けた結果、借金が膨らみ最後は闇金にまで手を出して人生を台無しにしてしまった方は少なくありません。

借金問題を後回しにするのが一番良くありません。

『今の会社の給料では自力で返済が完済するのが厳しいことはわかっているけど、後回しにして放置してしまっている。』

『1年以上借金の残高が減っていない、もしくは増えている。』

このような状態の方は、既に黄色信号が点滅している危険な状態です。

手遅れになる前に、1日でも早く弁護士や司法書士に相談を行ってください。

法律事務所は匿名で利用できる、無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

「借金70万円」は安心できる借金ではない

70万円の借金は、決して安心できる金額ではありません。

すでに多額の借金があるといってもよい金額なのです。

借金問題は、対応が遅くなるほど深刻化します。

また、借金の額が増えるほど深刻化するスピードも速くなります。

「70万円だから頑張れば完済できる」と思っている人や、「70万円で債務整理というのはみっともない」と考えている人もいると思います。

しかし、本当に「現実的に完済できるかどうか」をしっかり見極める必要があります。

70万円の借金は、「すでに多重債務」である場合がほとんど

「70万円の借金が安心できない」最も大きな理由は、「すでに借入件数が複数の場合が多い」ことです。

たとえば、アコムやプロミスといった消費者金融からの借金の極度額(融資上限額)は、上限50万円であることが一般的です。

消費者金融から50万円以上を上限とする借入契約を行うときには、収入証明書を提出する必要があり手続きが煩雑になるからです。

つまり、70万円の借金がある時点で、消費者金融や銀行カードローンからの「満額の借金」に加えて、他の借金もある可能性が高いです。

複数の借入件数がある状態のことを「多重債務」と呼びます。

借金の専門家の文脈では、「多重債務は危険な状態」という認識が常識です。

さらに、「70万円の借金」で最も多いパターンだと思われる、「消費者金融(銀行カードローン)+クレジットカード利用額残債」のケースでは、クレジットカードの利用可能額も上限一杯である可能性があります。

クレジットカードの利用限度額は保有者の信用状態(職業・収入・利用実績)に応じて決められますが、契約時には20~30万円で設定されるケースが多いからです。

したがって、70万円の借金のある人が臨時の出費でお金に困ると、「さらに借入件数を増やさなければ借金できない」可能性が少なくありません。

借入件数が増えるほど、借金は破綻する可能性も高くなります。

繰り返しますが、借金問題は時間との勝負です。

手遅れになる前に、専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する

年収が少ない人は、もうこれ以上借金できない場合もある

「70万円の借金」の返済で悩んでいる人は、借入件数を増やしたくても「これ以上借金できない」場合も少なくないでしょう。

消費者金融やクレジットカード会社といった貸金業者には、「総量規制」が法律によって課せられています。

「総量規制」とは、顧客の年収の1/3を超える上限額での貸付を禁止するための規制です。

この総量規制は、「実際に借り入れている借金の総額」ではなく、「契約上設定されている上限額の総額」が問題となります。

つまり、年収が210万円未満の人は、「上限額が70万円を超える借金の契約」はできないわけです。たとえば、「アコムと50万円の契約」、「セゾンカードと20万円」の契約がすでにあれば、実際の借金額・利用額を問わず、これ以上の契約はできません。

借金返済のためにさらに借金をする人が実際には少なくありません。これを「自転車操業」といいます。

自転車操業は一度始めるとやめることができない危険な行為です。

なぜなら、自転車操業は借金を増やす行為なので、返済を滞らせないためには、繰り返すほか方法がないからです。

しかし、収入が乏しい人は、「自転車操業すらできない」というわけです。

そのため、貸し手を求めて、闇金や個人間融資といった危険な取引に手を出してしまう人も少なくありません。

また、「甘い話」の誘惑につられて詐欺の被害に遭う人もいます。

さらに、テレビや映画で描かれるように、氏名や生年月日、収入を偽って詐欺的に借金をする人も見受けられます。

踏み倒す目的で詐欺的な借金をすれば詐欺罪に問われますし、収入を偽ってした借金があると不誠実な人と判断され自己破産などの国からの救済措置を受けられないことがあります。

収入等を偽って借金することは絶対にいけません。

闇金の借金と債務整理については下記のページで詳しく解説をしています。

参考⇒闇金の借金は債務整理できる?弁護士や警察に相談をする前の注意点

無職の人や生活保護受給者は自己破産も重要な選択肢

では、ここから70万円の借金の解決方法について解説します。

まず、お伝えしたいことは、「70万円の借金」であっても、債務整理で解決できるということです。

「70万円ほどの借金で、債務整理なんてできるの?」

と、疑問に思うかもしませんが、70万円の借金は、収入に応じて、自己破産・任意整理の方法を選択し解決できるのです。

例えば、病気などの事情で就労することができず「収入がまったくない人」や生活保護受給者の場合には、自己破産で借金を解決することが選択肢のひとつとなります。

自己破産というと「多額な借金」の返済義務を免除してもらう手続きというイメージがあります。

しかし、「どれくらいの金額が多額なのか」ということは、債務者の状況によって異なります。

実際、破産法は自己破産の要件を「借金額」で決めていません。

自己破産の要件は「支払不能」であることなので、経済状況によっては、70万円の借金でも「支払不能」であると判断される可能性があります。

生活保護受給者やそれに近い収入しかない人であれば、自己破産にかかる費用を法テラスに立て替えてもらうことができます。さらに、手続き終了の段階でも生活保護を受給していれば、立替金の返還も免除されます。

生活保護受給者と債務整理については下記のページで詳しく解説をしています。

参考⇒生活保護受給者と債務整理?借金がバレたら受給は止められる?

借金70万円の解決方法は「任意整理」なのか?

会社にお勤めの場合だけでなく、契約社員やアルバイトであっても一定の収入があれば、70万円の借金は支払不能とはいえない場合が多いでしょう。

特に安定した収入がある人にとっては、70万円の借金を解決するにあたり、生活費を見直すなど節約を徹底できれば完済できるでしょう。

しかし、先述した無職の方や生活保護受給者はもちろん、収入が不安定な人においては、70万円の借金を完済することは非常に厳しいものです。

したがって、そのような場合においては、やむを得ず任意整理を選択することも選択肢の1つです。

任意整理が成功すれば、「今後発生する利息の支払い」がなくなります。

70万円の借金返済が難しくなる理由の大半は、利息の負担にあります。

たとえば、一般的な消費者金融から年18%の利率で50万円借金すると、25万円ほどの利息を支払うことになります(合計で75万円)。

ところで、債務整理の方法には、この他に「個人再生」という手続きがあります。

しかし、70万円の借金を個人再生すると「任意整理よりも不利な条件」での返済となる場合の方が多いでしょう。

任意整理については下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒任意整理のメリットとデメリット?債務整理で1番多い手続きの注意点

逆に言えば、任意整理で解決できる段階で借金問題は終わらせてしまった方が良いともいえます。

後から、取り返しのつかない状態にならないよう1日でも早い対応を心がけて下さい。

今すぐ専門家に相談する

「返済が苦しい」と感じたときが債務整理を検討すべきタイミング

70万円の借金は決して少額の借金ではありません。また、70万円の借金でも債務整理で解決することができます。

したがって、「返済が苦しい」と感じたときには、「70万円の借金」であっても債務整理で解決することを検討すべきといえます。

一度行き詰まった借金の返済を自力で解決できないケースは少なくありません。

その理由は、収入を増やすことや、長期間支出を削り続けることは決して簡単ではないからです。

債務整理すれば、毎月の返済を「現在の収入で返済可能な額」に圧縮することも可能です。

債務整理を検討すべき時期については下記のページで詳しく解説をしています。

参考⇒債務整理をするべきタイミングって?判断基準を解説

長期間支払う利息・手数料よりも弁護士・司法書士費用の方が安い

債務整理を弁護士・司法書士に依頼すれば費用が発生します。

「70万円の借金の債務整理」は費用が高くつくのでは?と不安に思っている人も多いかと思います。

任意整理の弁護士・司法書士報酬は、借金の額ではなく「借入件数」(債権者の数)を基準に決まることが一般的です。

「70万円の借金」であれば、債権者は1~3社ということがほとんどでしょう。

弁護士・司法書士報酬は、債権者1社あたり5万円前後が相場とされています。

仮に3社であっても15万円です。70万円の借金を約定返済したときの利息額は26万円~30万円ほどなので、弁護士・司法書士報酬の方が利息額よりも安いのです。

しかも、26万円~30万円という利息額は、追加借入をしたり、延滞することなく、あくまでも順調に返済した場合の金額なので、当初の想定以上の利息額になることは大いにあり得ます。

そういった点からも、債務整理を選択する方が賢い選択だと言えるのです。

借金の状況が深刻化すれば債務整理しなくてもブラック扱いになることも

「ブラックリストに載りたくない」という理由で債務整理を躊躇する人はたくさんいます。

しかし、いわゆるブラックリストに載る場合は、債務整理した場合に限りません。

次の場合には、債務整理していなくてもブラックリストに登録されてしまいます。

ブラックリストに登録されるケース!
  • 延滞が61日以上、3ヶ月以上となったとき
  • 借金の審査に落ちたとき(申込みブラック)
  • すでに借金の返済が苦しいときには、延滞や審査落ちによってブラック扱いとなる可能性も低くありません。

70万円の借金の債務整理まとめ

「借金が70万だからまだ大丈夫」と思っている人は実際に少なくないようです。

しかし、借金70万は決して安心できる金額ではありません。

現状よりも借金の額や借入件数が増えると、一気に深刻な状況になる可能性があります。

債務整理は借金の額を問わずに行うことができます。

債務整理は着手が早いほど、期間も早く、負担も軽く行えます。

すでに返済が苦しい、厳しいと感じている人は、1日でも早く専門家に相談しましょう。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。