借金120万円の返済方法と債務整理を今すぐすべき理由

返済計画をきちんと立てずに借金をしてしまうと、返済に困る結果になるのも珍しくありません。

「120万円くらいなら」とタカをくくっていたら、いつの間にか返済が困難になってしまう可能性があります。

普通に返済することが難しくなったら、「債務整理」を検討しなければなりません。

今回の記事では、借金120万円の債務整理について以下の内容をまとめています。

借金120万円の完済までにかかる利息

任意整理する場合の返済計画

個人再生する場合の返済計画

借金120万円で自己破産は正しいのか?

120万円の返済を負担に感じている人は、この記事を参考に債務整理を検討してください。

また、『複数の消費者金融やカード会社からお金を借りていて、自転車操業のような状態が続いている。』

『現実的に借金返済をするのは厳しいと分かりながらも、放置してしまっている。』

このような状態まで状況が悪化している方は、既に黄色信号が点滅している状態です。

手遅れになる前に、今すぐ法律事務所に相談をしてください。

どこに相談をしたら良いか分からない方は、匿名で利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

120万円の借金完済までにかかる利息

100万円以上の借金に対してかけられる最大利率は、年15%です。

120万円を借金する場合、消費者金融ではほぼ間違いなくこの利率が適用されます。

年利15%と仮定して、毎月の返済額を「3万円」「5万円」「7万円」にした場合の返済計画について表にまとめました。

毎月3万円返済する場合のシミュレーション

返済回数 返済額 元金 利息
1回目 30,000円 15,000円 15,000円
2回目 30,000円 15,188円 14,812円
3回目 30,000円 15,378円 14,622円
54回目 30,000円 28,976円 1,024円
55回目 30,000円 29,338円 662円
56回目 23,920円 23,625円 295円
合計 1,673,920円 1,200,000円 473,920円

約5年かけて完済し、利息総額は約47万円です。

毎月の返済はそこまで大きな負担にならないと思いますが、元金の4割も利息として支払うことになります。

毎月5万円返済する場合のシミュレーション

返済回数 返済額 元金 利息
1回目 50,000円 35,000円 15,000円
2回目 50,000円 35,438円 14,562円
3回目 50,000円 35,881円 14,119円
・・・
27回目 50,000円 48,344円 1,656円
28回目 50,000円 48,949円 1,051円
29回目 23,920円 35,205円 440円
合計 1,435,645円 1,200,000円 235,645円

2年半ほどで完済でき、利息総額は約24万円まで抑えられています。

利息総額が元金の2割程度まで抑えられていますので、割高感は少ないと言えます。

毎月7万円返済する場合

返済回数 返済額 元金 利息
1回目 70,000円 55,000円 15,000円
2回目 70,000円 55,688円 14,312円
3回目 70,000円 56,384円 13,616円
・・・
18回目 70,000円 67,933円 2,067円
19回目 70,000円 68,782円 1,218円
20回目 29,026円 28,688円 358円
合計 1,359,026円 1,200,000円 159,026ing: 1.0pt; mso-ansi-language: EN-US; mso-fareast-language: JA; mso-bidi-language: AR-SA”>円

月3万円の返済と比較して、返済回数も利息総額も3分の1に抑えられています。

早めに完済できるので安心できますが、毎月7万円を返済のために確保しなければなりません。

自由に使えるお金が少ない人は、相応の節約生活を覚悟しなければならなくなります。

120万円の借金を任意整理する場合の返済計画

120万円の借金を解決する際に用いられる債務整理は、任意整理が最も多いです。

任意整理の特徴は以下のとおりです。

裁判外での債権者との交渉

返済計画を見直し、債権者の合意を得る

多くの場合、今後の返済に利息が発生しない(支払うお金を全て元金に充てられる)

基本的に3年で完済、長くても5年で完済する返済計画を立てる

債権者が合意すれば、元金を減らして返済開始できる

任意整理は基本的に「将来利息のカット」「借入残高を3~5年で返済する」ことが基本となります。

120万円の借金を減額できずに返済する場合、3年で完済する場合の毎月の返済額は約34,000円です。

減額できずに5年で完済する場合は、毎月約20,000円ずつ返済します。

任意整理については、任意整理のメリットとデメリットの記事で詳しく解説をしています。

120万円の借金を個人再生する場合の返済計画

120万円の借金は、個人再生が適していません。

個人再生は、以下の条件で最低弁済額を決めます。

最低弁済額とは、個人再生において最低でもその金額は返済しなければならない(そこまでしか減額できない)金額です。

債務総額 最低弁済額
100万円未満 借金全額
100万円~500万円 100万円
500万円~1500万円 借金額の5分の1
1500万円~3000万円 300万円
3000万円~5000万円 借金額の10分の1

120万円の借金は、100万円~500万円の範囲内であるため、最低弁済額は100万円です。

つまり120万円の借金を個人再生しても、元金を20万円しか減らせないということです。

個人再生は減額後の借金を3~5年で返済する計画を立てます。

つまり返済期間に関しては任意整理とほとんど変わらないのです。

100万円に減額した借金を3年完済なら毎月約28,000円、5年完済なら毎月約17,000円の支払いが必要です。

任意整理での支払いが3年完済なら毎月34,000円、5年完済なら20,000円なので、ほとんど変わらないのです。

しかも弁護士に依頼するのであれば、弁護士費用もかかります。

個人再生のメリットである「元金を減額できる」が活かせないため、借金120万円で個人再生はあまりお勧めできません。

詳しくは個人再生のメリットとデメリットの記事で解説をしています。

借金120万円で自己破産、その選択肢は本当に正しいのか?

個人再生よりもさらに減額効果が高い「自己破産」は、借金120万円を抱える人にとって正しい選択肢なのか悩みどころです。

自己破産すべきかどうか、その判断基準は「収支」です。

債務整理せずに返済する場合でも任意整理・個人再生して返済する場合でも、「返済が続く」ことは変わりません。

しかも、基本的に数年単位での継続的な返済が必要です。

債務整理を考えている人の中には、転職や退職によって収入が激減したという人も少なくありません。

収入がそれなりにある場合でも、支出が多ければ返済に充てられるお金は確保できません。

任意整理や個人再生で減らした返済負担すら厳しいという場合は、自己破産するしか方法はありません。

実際に、120万円前後の借金で自己破産したという事例もあります。

自分の収入と支出を考えて、任意整理や個人再生では返済できないと判断したら自己破産する決断が必要です。

詳しくは自己破産のメリットとデメリットの記事で解説をしています。

借金120万円と債務整理まとめ

借金120万円を返済することは、人によってその難易度が大きく異なります。

任意整理でも返済の負担を十分に改善できない場合は、自己破産する勇気も必要になります。

そのあたりも踏まえて、まずは弁護士や司法書士に相談してみましょう。

いずれにしても借金問題は放置していても、状況が好転することはなく悪化するだけなのは間違いありません。

実際に、借金問題を放置して後回しにした結果最悪の結末を迎えてしまった方は少なくはありません。

手遅れになる前に、1日でも早く専門家に相談することをおすすめします。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。