借金返済がきつい!と思った時にはもう返済は無理、債務整理で人生をやり直す!

『毎月、給料をもらっても返済だけで生活が厳しくなる…』

『給料だけで足りない生活費をまた借金している毎日がつらい…』

このように感じたことがある人は非常に多いです。

借金をする原因はギャンブルであったり、生活費の補填であったり人によってさまざまです。

冠婚葬祭や、入院費など一時的な生活費の困窮で借入を行った場合などは、その後問題なく返済できることもあるかもしれません。

しかし、借金の返済のためにまた別の消費者金融や銀行から借金をしている方。

毎月生活するだけでも精一杯で、何か急な出費があったら対応できない…という方は多いのではないでしょうか?

『借金の返済がキツイ』こう思った時には、その借金はもう完済するのは難しいと言わざる負えません。

そんな時に検討するべきなのが、法律によって認められている債務整理という方法です。

債務整理を検討する事で、厳しい状況を打破できる可能性は高いでしょう。

今回は、【借金の返済がキツイ】と感じている方へ今すぐに知って欲しい債務整理3つのポイントを解説していきます。

債務整理は難しいことでも恥ずかしいことでもない
債務整理をすることで払いすぎた利息の返還や金利を撤廃することができる
借金の返済がキツイと思った時点ですぐに専門家へ債務整理を相談する

今、あなたがもし、借金の返済がキツイ。と感じているのであれば何かのヒントにになるはずです。

参考にしてみてください。

また、『現実問題として、借金を完済するのは収入から考えて無理だと頭では分かっている。』

『利息を支払うだけで精一杯で、元金が1年以上全く減っていない。』

このような状況に陥っている方は既に黄色信号が点滅している状態で、その借金を完済するのはまず無理です。

手遅れになる前に今すぐ、法律事務所に相談をしてください。

どこの法律事務所に相談をしたら良いか分からない方は、無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

借金の返済がきつい人は多い

まず、借金をする時に借金返済の計画を綿密に組まれている方はほとんどいません。

その場の出費に困り果て、一時しのぎで行うのが借金というものです。

ことあるごとに借金をしなければ、生活できない状況の中で、ゆったりと借金の返済をできている方はごく少数ではないでしょうか。

そんな背景もあり、借金を作ってしまった方のほとんどは、返済がきついと感じていることになります。

そして、借金の返済がキツイと感じている方の手助けとなるのが債務整理なのです。

債務整理を検討する事で、借金地獄から解放される事は難しい事ではありません。

また、法律でも認められている手続きです。何も恥じる事は無いのです。

利息だけ払って元金がなかなか減らない悪循環

現在では、高金利のサラ金などはほとんど存在しなくなりました。

しかし、以前の出資法から算出された29.2%もの金利を毎月払い続けていた方も多く存在するのは事実。

現在では、グレーゾーン金利も撤廃され、法律で認められている金利は最高でも20%になりましたが、それでも十分に高い事には変わりありません。

例えば、100万円を借りていた場合、金利だけでも毎年18万円も支払う計算になります。

年間18万円を捻出するのはそう簡単な事でもないですよね。

グレーゾーン金利が撤廃された今でも、元金の返済に多大な時間がかかってしまうのは当然なのです。

そして、金利を払い続けている以上、その長い間、生活に苦しむことになり、生活費が足りない月はまた借金をする…という悪循環に陥っているのです。

この悪循環に陥っている方は、高い金利を払って借金返済をし、また高い金利で借金をしていくために、返済をきついと感じてしまいます。

こうなってしまっては、元金の返済などはもとより、生活自体もままならなくなってくる日はいずれ訪れることになります。

いずれにしても、借金問題は1日でも早いタイミングで解決してしまうのが鉄則です。

後回しにしても状況は悪化するだけですし、取れる対応策は減っていきます。

1人で悩み続けるのではなく、今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

長年返済をしている人は過払い金が発生している可能性もある

先ほど、出資法という言葉を記述しましたが、現在のサラ金などの融資を行う貸金業者は過去の判例から、「出資法の利息を適応することは認めない」とされました。

長い間、この出資法の最大金利を払い続けていた方は、金利を支払いすぎていて、すでに元金の返済が終わっていた。というケースも珍しくはありません。

自分で計算をして、消費者金融や銀行に請求する事もありますが、現実的には素人が銀行の顧問弁護士相手に交渉を行う事は難しいでしょう。

認定司法書士や弁護士に相談をされた場合には、集めた資料から「引き直し計算」をして金利を計算し直し、請求まで行ってくれます。

債務整理はプロに相談をするのが一番です。

債務整理をすることで、利息や遅延損害金をカットでき返済が楽になる

債務整理というと重たい言葉に聞こえますし、デメリットも心配になる方がほとんどでしょう。

まず、債務整理は「任意整理」「個人再生」「自己破産」「過払い金請求」「特定調停」と大きく5つに分かれます。

過払い金請求や、自己破産はみなさん聞いたことがあるかと思いますが、他の項目はあまり聞き覚えがない方も多いのではないでしょうか。

借金の金額と今後返済できるメド、お持ちの資産などによって状況が変わるので、どの手続きをとるのが最善かは専門家が適切なアドバイスをしてくれます。

「未払い利息」と「将来利息」の支払いがなくなることも債務整理のポイントとして挙げられます。

未払い利息は最終取引日から和解成立日までの利息のことです。

将来利息とは和解成立日から完済日までの利息のことになります。

債務整理をすることで、毎月の利息の支払いに首が回らなくなるということがなくなるのです。

ちなみにですが、自己破産をしなければいけないような状況の方は、実際にはほとんどいないのが現状なのです。

大きなメリットと今後の人生を取り戻すためにまずは専門家に相談しましょう。

債務整理のデメリットを知っておこう!

債務整理の手続きを行うと基本的に、信用機関にブラックリストとして掲載され、5年~10年の間、新しい借り入れをすることができなくなります。

また、クレジットカードも借金と同じですので、新たに新しいカードを発行する事も難しくなるでしょう。

しかし、新しく借金が出来ない。という事はメリットとも考えられます。

債務整理は2度目の手続きをする方が非常に多いのも特徴です。

してしまった事は取り返しがつかないですし、重要なのは今ではなく、未来の事です。

借金が出来ない状況に追い込む事で、自分自身を戒める良いチャンスととらえてみてください。

その他にも、『家族や会社にばれてしまうかもしれない。』という不安を感じる方も多いです。

しかし、債務整理をしたからといって、家族や会社にバレる可能性はまずありません。

自己破産をした場合、官報には名前や住所が掲載されますが、一般人で官報を読んでいる人はまずいないので心配する必要はありません。

返済がキツイと思った時にはもう返済できる可能性は極めてすくない

『借金の返済が厳しい。』と思った時は、収入と返済のバランスが崩壊しているケースがほとんどです。

このような状態の方は、そのキツイままの苦痛の人生を歩むより、専門家に相談をして、活路を切り開くことを強くお勧めします。

人によって借金の総額や、借り入れ年数、マイホームや車を所有しているのか。など状況は違うので、債務整理の中でもどの手続きを選択すれば良いのかも異なります。

そんな、債務者1人1人の状況にあった債務整理の方法を提案してくれるのが弁護士であり、認定司法書士なのです。

弁護士に正式に手続きを委任すると、受任通知というものが、債権者に送られます。

この通知を受け取った業者は、今後直接的に債務者に返済の催促を行うことが違法になり、実質的に毎月の取り立てや督促から解放されることにもなります。

借金返済がきつい人は債務整理を検討するべきまとめ

重要な事なので繰り返します。

『借金の返済がきつい』と思った時にはすでに、完済できる可能性は極めて少ないと言わざる負えません。

毎月、無駄な利息を支払い続けるだけで状況が好転する事はまず、ありません。

借金問題は時間との勝負です。

『借金の返済がキツイ。』と悩んでいる間にも、利息や遅延損害金は毎日増え続けています。

1人で悩み続けていても事態は深刻化するだけです。まずは1日も早く専門家に相談をして下さい。

債務整理なら横山法律事務所

横山法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計2000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

横山法律事務所の無料相談はこちらです。