借金ノイローゼの危険性と債務整理による借金問題解決方法

借金問題は多くの人にとって精神的にも、良くないのは誰しもが同じです。

まして、「借金がどんどん増えてしまっている」、「借金を返すアテがない」という状況になれば、精神的にも追い詰められていきます。

目が覚めれば「借金」のことを考え、借金返済のために働き、寝る前も「借金」のことが頭をよぎる・・・。

そんな生活に陥ってしまう方も少なくありません。

借金ノイローゼを克服する方法は、「借金とサヨナラ」する以外にありません。

この記事では、借金問題を解決する方法について説明していきます。

また、重要な事なので結論から先にお伝えします。

現在、借金問題に悩んでいてノイローゼのような状態になってしまっているのであれば今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

借金問題は時間がたてばたつだけ事態は深刻化し、取れる対応策も減っていきます。

また、借金問題もですが精神までもやられてしまっては取り返しがつきません。

実際に、借金問題がきっかけとなり長期間に渡り心の病気を発症してしまった方は少なくありません。

借金問題は早期の段階で専門家に相談することで、思っているよりも簡単に解決することができます。

専門家に依頼を行うと、取り立てや督促も全てとまりますし、交渉は全て専門家が行うので自分ですることはほとんどありません。

『現在の収入から考えても自力で借金を完済するのは無理だと心の中では分かりながらも、後回しにしてしまっている。』

『給料が出ても返済や支払いをすると生活が厳しく、カードを使ったりお金をまた借りてその場を凌いでいる。』

このような状態まで状況が悪化している方は、すでに黄色信号が点滅している危険な状態です。

1人で悩むのではなく手遅れになる前に、今すぐに法律事務所に相談をしてください。

どの法律事務所に相談をしたら良いか分からない方は、匿名で利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

借金ノイローゼを感じたらすぐに債務整理しましょう

「借金を返済できない」ときの「しんどい思い」は、借金苦を経験した人にしかわからないかもしれません。

「借金の苦しみ」は「生活の苦しみ」と同じと言えます。

借金返済のためだけに生活しているように感じてしまえば、「人生も楽しくない」、「生きていてもしんどいだけ」と感じてしまうかもしれません。

以上のように感じることがあったなら、いますぐ債務整理を検討すべきでしょう。

借金で精神的に追い詰められると、借金問題はどんどん深刻化していきます。

借金問題は「孤独」になりやすい

「借金」の悩みは、「他人に相談しづらい」ものです。

借金を抱えてしまう事情は様々です。失業・減収・病気・ギャンブル等、基本的には「他人には秘密にしておきたい」ことがほとんどでしょう。

そして、「借金が返せない」、「借金が減らずに増えている」という現状も、「他人に知られたくないこと」です。

借金の悩みは、原因も結果も、「他人に伏せておきたい負い目」があることが少なくないために、「孤独」になりやすいのです。

精神的な辛さは、「他人に打ち明ける」、「他人に共感してもらう」ことで緩和されることがあります。

しかし、「孤独」になれば、そのきっかけすら摘み取られてしまいます。

「孤独」になると借金はさらに深刻化する

借金の問題は、「1人で解決」することの難しい悩みです。

1人で50万円返済するよりも、2人で返済した方が、当然負担も軽くなります。

「他人に返済を手伝ってもらうのは極端では?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、借金問題は、「家族などに早めに相談」していれば、深刻化していなかったケースが少なくないのです。

最初は「1万円」の問題だったはずなのに、気がついたら「100万円」の問題になっていたということは、珍しくないのです。

そして、問題が大きくなれば「なおさら誰にも相談できない」と孤独になり、問題はますます深刻化していきます。

いずれにしても、借金問題は早期の段階で解決してしまうのが1番なのは言うまでもありません。

悩み続けていても苦しいだけで、状況は何も変わらないどころか悪化していきます。

今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

弱みにつけ込む悪質業者もたくさんいる

借金が原因で精神的に追い詰められている人ほど、「悪質業者」、「ヤミ金融」の被害にも遭いやすくなります。

悪質業者・ヤミ金は、「人の弱み」につけ込むプロです。

「通常の心理状態」であればひっかかるはずのない手口でも、借金苦で「精神的に追い詰められているために」ひっかかってしまったということは、珍しくありません。

たとえば、換金屋のような手口は、「気持ちに余裕」があれば、「明らかに不利すぎる取引」であると断れるのです。

そして、悪質業者やヤミ金は「カモ」を見つけたら手放しません。言葉は悪いですが、彼らは「カモを飼い慣らす」術をもっています。

特に、最近のヤミ金(ネオヤミ金とかソフトヤミ金とよばれることがあります)は、「表面上はとても親切」な業者が増えています。

顧客の「身の上相談」まで引き受けるヤミ金がいるほどです。

ヤミ金はそうやって、「孤独な多重債務者」を手なづけてカモに育てていきます。

闇金の借金と債務整理の関係については下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒闇金の借金は債務整理できる?弁護士や警察に相談をする前の注意点

「債務整理」は借金ノイローゼの処方箋

借金ノイローゼを治す唯一の処方箋は「債務整理」です。

借金苦を解決するには、「借金と別れる」ほかありません。借金の問題を根本的に解決する方法は「債務整理」です。

なお、よく「おまとめローン」で借り換えることも紹介されますが、借金ノイローゼの方にはお勧めできません。

なぜなら、「おまとめローン」では、借金を返すという作業が、今までよりも長く続くことが一般的だからです。

借金ノイローゼのケースでは自己破産が最もおすすめ

自己破産で免責されれば「借金の返済義務」がすべて免除されます。

まさに、「借金とサヨナラ」して人生をやり直すための手続きが自己破産です。

「自己破産するといろんなデメリットがあるのでは?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、自己破産で生じるデメリットは、実はそんなに多くありません。

自己破産する上で最も大きなデメリットは、「自己破産開始の時点で保有している財産を失う」ことです。

それでも「身ぐるみはがされる」というわけではありません。

不動産やローンの残っている自動車は処分しなければなりませんが、家財道具まで失うわけではありません。

たとえば、テレビや電子レンジ、冷蔵庫、エアコンは差押えされません(1台まで)。

また、自動車やバイクでもローン完済済みで処分価値が20万円以下のものであれば処分しなくて済みます。

現金も99万円までは手元に残せます。

自己破産は、借金の清算だけでなく「人生の再出発を支援する」手続きでもあるので、「身ぐるみを剥ぐ」わけがないのです。

借金ノイローゼを治すには「借金をキレイに片付ける」ことが最も良い薬といえます。

借金をすべて片付けるのに最も適した方法は「自己破産」です。

自己破産については下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒自己破産はメリットしかない?家族や子供、仕事にデメリットはないの?

自己破産できないときは、「任意整理」や「個人再生」

「自己破産するには借金の金額が足りないケース」や「自宅を手放したくない」というケースでは、「任意整理」や「個人再生」で返済の負担を軽くすることができます。

「任意整理」は、債権者と個別に交渉して「利息の支払い」を免除してもらいます。

「個人再生」は、利息の免除だけでなく「借金を減らしてもらう」ための裁判所の手続きです。

「個人再生」は原則3年、「任意整理」は5年前後の期間で借金を分割返済します。

自己破産と比べると「すぐに借金はなくならない」という点では確かに劣ります。

その代わり、任意整理、個人再生では「手持ち財産の処分が不要」というメリットがあります。

また、いずれの場合でも「利息の支払いがなくなる」ことが非常に重要です。

借金ノイローゼに陥る原因の1つには、「いつになったら借金がなくなるかわからない」不安があります。

借金が減らない最も大きな原因は「利息」です。利息がなくなれば、「借金は返済すれば確実になくなります」。

「終わりが見える」ことで精神的にも楽になることは少なくありません。

ところで、借金でノイローゼになる方は、「マジメに返済している」方が多いと思います。

誠実に返済しているからこそ、「疲れる」し、責任を感じているからこそ「1人で抱えてしまう」ことが多いのです。

そのような方であれば、「ゴールのみえる」返済はきちんと完済可能性は高いといえます。

「借金問題は克服できる方法」があると諦めないことがとにかく大切です。

重要なのはできるだけ、早期の段階で1日も早く専門家に相談をするということです。

今すぐ専門家に相談する⇒

任意整理と個人再生については下記ページで詳しく解説をしています。

参考
任意整理のメリットとデメリット~債務整理で1番多い手続きの注意点

自己破産はメリットしかない?家族や子供、仕事にデメリットはないの?

10年以上借金が続いている人は「過払い金」で解放されることもあります

借金で精神的に追い詰められている方には、「借金が長期化」している方も少なくないでしょう。

「もう20年も返し続けているけど、終わりが見えない」という方は、いますぐ弁護士・司法書士に「過払い金」の調査を依頼してください。

2008年以前の借金のほとんどは、利息制限法に違反した利息(年29.2%)が設定されています。

「利息制限法に違反した利息」は「法律上支払う必要のない利息」なので、取り返すことができます。

支払い期間が長期間になるほど、過払い金も多くなる可能性があります。

「いつ返しきれるかわからない」と思っていたのに、「借金がなくなるだけでなく返ってきた」ということも珍しくありません。

該当する方は、いますぐ弁護士・司法書士に相談しましょう。

過払い金請求については下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒過払い金請求はどれくらいの金額戻ってくる?目安とシミュレーション計算

弁護士・司法書士はあなたの味方です

本文で書いてきたように、「借金問題」は「1人で抱え込む」と悪循環になりやすいものです。

しかし、人は精神的に追い詰められるほど「孤独」になりがちです。

孤独になれば、諦めやすくもなり、自暴自棄にもなりやすくなります。

まずは、弁護士・司法書士に「借金で苦しんでいる」ということを打ち明けることからはじめましょう。

弁護士・司法書士は「借金で苦しんでいるあなたの味方」です。

債務整理の経験豊富な弁護士であれば、「借金したこと」、「借金が増えてしまったこと」、「借金を返せていないこと」を叱りつけることはありません。

また、多くの弁護士・司法書士が債務整理の相談を無料で行っています。

いま「手元にお金がない」という場合でも、専門家に相談することは可能です。

債務整理を依頼する際の費用も柔軟に対応してくれる弁護士が今では少なくありません。

1人で悩み続けるのではなく、今すぐに相談することをおすすめします。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。