借金まみれでも人生はやり直せる!債務整理で状況打破する方法

大きな借金を抱えていると、返済のことばかり考えるようになってしまいますよね。

借金問題を人に相談するのは気が引けてしまうので、悩んでいても家族や友人に打ち明けることができず、気分も晴れません。

長い間返済に苦しんでいると

『こんなに苦しいのであれば、夜逃げしてしまおう・・・』

『いっそ死んでしまえば楽になるのに・・・』

このようにマイナス思考が進み、精神状態も不安定になってしまいます。

このような最悪の状態を回避するためには、借金をすっきりと整理してしまうのが一番なのは間違いありません。

実際に債務整理によって人生をやり直すことができたという人は、非常に多いです

現状は借金まみれだけど、人生をやり直したいと考える方は参考にしてください。

また、『他の消費者金融からお金を借りては返済をし、その場の生活を凌いでいる。』

『借金を完済するのは現実的に無理と分かっていながらも、放置してしまっている。』

このような状態まで状況が悪化している方は、既に黄色信号が点滅している危険な状態です。

1人で悩んで手遅れになる前に、今すぐに法律事務所に相談をしてください。

どの法律事務所に相談をしたら良いか分からない方は、簡単に利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

借金まみれになっても人生は諦めないで!

複数の消費者金融からお金を借りていたり、借金の滞納によって利息や遅延損害金が膨れ上がったりして、借金まみれの状態になってしまうと、返済することを諦めてしまう人もいます。

ですが、借金を返済することをやめてしまったり、借金から逃げてしまうと、状況が悪化するだけで根本的な解決には至りません。

借金まみれの方でも、借金を解決する方法は必ずありますので、まだまだ人生はやり直せます。


とくに多いのが、リボ払いを利用している方で、毎月の返済金額はそれほど負担にはならないからと言って何十万円、何百万円と膨れ上がってしまっている借入残高から目を背けてしまうことです。

この場合、毎月の返済額の多くは借金の利息に充てられています。

そのため、いくら返済を続けても借金は減らず、完済までの道のりは長く果てしないものでしょう。

いつになったら借金返済から解放されるのかが分からないと、将来への不安もぬぐえませんよね。

債務整理とリボ払いについてはこちらの記事で詳しく解説をしています。

借金をしている方は、自分がいつまで返済を続けなくてはいけないのか、完済までにいくら支払う必要があるのかをしっかりと把握しましょう。

債務整理をする事で人生はやり直す事ができる

膨れ上がった借金をすっきりと整理してしまえば、長い返済に苦しむことはなくなります。

借金返済のためだけに働いている方も、返済が進むことで借金以外のことを考える余裕ができますよね。

借金まみれの方が人生をやり直すためには、債務整理という法的な手段を用いるのが一番です。

逆に、2020年現在借金問題を解決する方法は債務整理だけです。

債務整理で借金問題を解決し、生活を再建し、心身ともにすっきりと人生の再スタートを切りましょう。

繰り返しますが、借金問題は時間がたてばたつだけ状況は悪化していくだけで好転することは絶対にありません。

借金問題は初期の段階であれば、まだ問題は比較的簡単に解決することが可能です。

1人で悩むのではなく、今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

借金まみれの状況から抜け出す!債務整理の手続きとは

債務整理とは、借金を減額したり返済そのものを帳消しにすることができる法的な手続きです。

方法は以下の5種類となっており、それぞれどのような形に借金を整理するかが異なります。

・任意整理
・過払い金請求
・個人再生
・自己破産
・特定調停

任意整理では、貸金業者と直接、交渉をおこないます。

利息金や遅延損害金をカットしてもらい、元金のみを長期の分割返済という内容で和解を交わす手続きになります。

法的な拘束力はありませんので、貸金業者によっては、なかなか条件をのんでくれず、交渉が長引くこともあるようです。

詳しくは任意整理のメリットとデメリットで詳しく解説をしています。

過払い金請求は、払いすぎた利息がある場合に、それを返還してもらう手続きです。

そのほかの債務整理をおこなう際にも過払い金の有無が調査され、過払い金が発生している場合には両方の手続きを同時に進めることになります。

過払い金に関してはこちらの記事で詳しく解説をしています。

個人再生は裁判所へ再生計画を提出することで、借金元本を原則5分の1程度に減額し、3年にわたって返済していくようになります。

法的強制力がある一方で、整理する借金を債務者が選ぶことはできません。

自己破産は、裁判所に申し入れをして、すべての借金の返済行為を免除してもらうというものです。

こちらも個人再生と同様に、法的強制力があり、自己破産する借金を選ぶことはできません。

自己破産のメリットとデメリットについてはこちらの記事を参考にしてください。

いずれにしても、自己破産を検討せざるを得ない状況になる前に問題を解決しまった方が良いのは言うまでもありません。

本来であれば取れる対応策も、時間がたつにつれ選択肢は限られていきます。

手遅れになる前に少しでも早い段階で専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

長期間借り入れをしている人は過払い金が発生している可能性も

もうかなり長い期間、借金で苦しんでいるという人は、絶対に過払い金が発生しているかチェックしてみてください。

過払い金は、貸金業法が改正される以前に存在した「グレーゾーン金利」で借り入れをしていた人であれば必ず発生しています。

グレーソーン金利は利息制限法の上限20%と出資法で定められた29.2%の間で設定されている金利のことです。

2010年以前はこの金利で貸し付けをしていた貸金業者がかなり存在したため、過払い金を返還してもらい借金がチャラになったという人も多くなっています。

過払い金は最終取引日から10年たつと時効をむかえ、請求することができません。

2010年以前から借金をしていた人は、早めに過払い金の有無を確認しましょう。

長く借金に苦しんでいる場合にはかなり高額の過払い金が発生している可能性があり、中には100万円を超える過払い金を受け取っている人もいます。

債務整理をすることで借金まみれの現状は変えられる

過払い金が発生していなくても、そのほかの債務整理をおこなうことで借金問題を簡単に解決することができます。

比較的、手続きが簡単な任意整理であっても、利息や遅延損害金をカットしてもらえるので、返済額や返済期間はぐっと少なくなりますね。

借金元金が高額な場合には、個人再生や自己破産を選択するという手もあります。

債務整理をすることの1番のメリットは「借金の負担が軽減すること」です。

弁護士などの専門家へ依頼すると、すべての手続きを弁護士が代理でおこなってくれます。

そうすると、貸金業者は直接、債務者へ取り立てや督促ができなくなり、債務整理の手続き完了まで返済もストップします。

参考⇒債務整理と取り立てや督促について

債務整理が無事、完了すると、新たな条件で返済を開始することになります。

債務整理が完了するまでの数か月間は返済をしなくていいため、この期間にちょっと一息ついて生活再建をはかることができますね。

借金まみれは債務整理で解決をしようまとめ

借金まみれの人は自分から解決しようとしなければ、いつまでも状況を打破することはできません。

どんなに大きな借金を抱えていたとしても、債務整理によって人生のやり直しをはかれますので、諦めないでください。

弁護士などの法律事務所に相談をすれば、どのような解決方法が適しているかアドバイスをもらうことができます。

また、依頼料を支払う当てがないという場合でも、後払い、分割払いに応じてくれる事務所が多いので、気軽に相談してみましょう。

とくに、過払い金の請求に関しては、10年が経過してしまうと時効になってしまいます。

少しでも早く新しい人生のスタートを切れるように、1日でも早く借金解決に向け行動を開始して下さい。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。