自転車操業の危険性と債務整理

借金の返済で悩んでいる人は、「借金返済のためにさらに借金を繰り返している」ことがあります。

このような状況を「自転車操業に陥る」と表現することがあります。

自転車操業のケースでは、「今月分は何とか返済できた」と一安心してしまう人もいますが、非常に危険です。

たしかに、形の上では、「返済した」のかもしれません。

しかし、返済のために「追加の借金」をしているのですから、借金額は減っていません。

自転車操業では「返済額よりも多く借金する」こともあり、借金が増えている場合もあります。

さらに、借入先が増えることで、借金の把握が難しくなり、状況が悪化する場合の方が多いでしょう。

この記事では、「自転車操業がどれだけ危険であるか」ということについて説明します。

また、非常に重要なことなので先に結論からお伝えします。

既に、自転車操業状態が続いている状態の方は取り返しのつかない状況になる前に1日でも早く専門家に相談することをおすすめします。

借金問題は時間がたてばたつだけ、事態は深刻化し取れる対応策も減っていきます。

実際に、早期の段階であれば比較的簡単に問題を解決できたのに後回しにした結果、最悪の結末を迎えてしまったかも少なくはありません。
後から取り返しのつかない状況になる前に、行動することをおすすめします。

特に、『頭の中では現在の収入から考えて、自力での完済は厳しいと理解しているが後回しにしたり放置してしまっている。』

『給料が出ても結局、月末になるとまたお金を借りてしまう生活が1年以上続いている。』

このような状況まで状態が悪化している方は、既に黄色信号が点滅している危険な状態です。

1人で悩むのではなく手遅れになる前に、今すぐ法律事務所に相談を行ってください。

どの法律事務所に相談をして良いか分からない方は、匿名で利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

自転車操業は危険

「自転車操業」とは、借金の返済のためにさらに借金を繰り返すことをいいます。

「まわし」と呼ばれることもあります。

借金で悩んでいる人には、自転車操業で返済を続けている人が少なくありません。

しかし、自転車操業は非常に危険な行為です。その理由を簡単にまとめると次の通りになります。

自転車操業で借金は減らない
自転車操業では借金が増える
自転車操業は始めるとやめられなくなる
自分の借金を把握できなくなる
いまの制度では自転車操業を続けることが難しい
自転車操業が続くと債務整理でも不利益を受けるリスクがある

自転車操業では借金は減らずに増えていることが多い

自転車操業をすると「そのときの返済」はしのぐことができます。

しかし、借金は1円も減っていません。

むしろ、借金が増えていることの方が多いでしょう。その理由は次のとおりです。

「直近の返済額」よりも多くの借金をしてしまうことが少なくない
前の借金よりも不利な利息で借りることが多い
借金総額は減っていないので、利息の支払い額が増える(返済期間が長くなる)

自転車操業を始めるきっかけは、たとえば、下の例のように「ちょっとしたこと」であることが少なくありません。

返済日直前に急な出費があって手持ちのお金が足りなくなった
先月の営業成績が悪く、予定よりも給料が少なかった
取引先の都合で今月の収入が少し足りなくて借金を返せなくなった(個人事業主の場合)

このような場合には、返済の他にも「飲み会の予定がある」、「旅行の予定がある」、「万が一に備えておこう」といった理由で「返済額以上」に借金してしまう人が少なくありません。

「返済分」しか借りていなくても借金は増えてしまうことがある

「借金の返済分しか借りていない」場合であっても、「返済した借金よりも不利な条件」で借金して返済していれば、借金は増えています。

たとえば、バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)の返済のために、アイフルから借金をすれば、借入利率は年14.6%から年18%にあがります。

50万円借りたときの1ヶ月の利息額は、6,083円から7,500円まで増えてしまいます。

「塵も積もれば」ではありませんが、毎月1,500円でも繰り返すと大きな負担となります。

自転車操業すると自分の借金の状況を把握できなくなる

自転車操業すれば、確実に借入件数が増えていきます。

借入件数が増えるほど、借金の状況を把握することは難しくなります。

「いまいくら借金があるのか?」、「いま何社から借りているのか」、「返済日は毎月の何日で返済額はいくらか」ということがわからなくなれば、破綻リスクは当然高くなります。

あえて繰り返しますが、借金問題は時間との勝負です。

悩み続けていても状況は変わりませんし、悪化するだけです。

まずは、1日でも早い段階で専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

借金することにマヒするのが一番怖い

「自転車操業」を行うことによって、「借金することにマヒする」人も少なくありません。

当初は「借金はこわい」と思っていた人でも、自転車操業を繰り返すことで「借りて返すのが当たり前」になってしまいます。

借金することにマヒしてしまうと、「借金したら返せるかな?」と最初は不安だった人でも、「また借金して返せばいいや」と考えるようになってしまいます。

また、自転車操業する人は、元々「収入がギリギリ」だったという人が少なくありません。

そのため、ちょっとした出費がある度に「ちょっとつまむ」(借金する)のが癖になってしまいます。

自転車操業をはじめるとやめることができない

自転車操業という言葉は、「動き出した自転車はペダルを漕ぐのを止めると転んでしまう」ことに由来しています。

借金の自転車操業は、まさに「やめたら破綻してしまう行為」です。

自転車操業は、「収入が返済額に追いついていない」ときに行う行為です。

自転車操業から脱するには「収入を増やす」か「支出を削る」ほかありません。

しかし、いずれも簡単ではありません。

実際の自転車操業のケースでは、逆に「支出(返済額)が増えている」ケースの方が多いと思われます。

そうなれば、「延滞しないために、さらに自転車操業を続けるほかない」という状況に陥ってしまいます。

「ボーナスで自転車操業から脱出する」はうまくいかないことが多い

「2ヶ月我慢すればボーナスがあるから、それまで自転車操業で乗り切ろう」と考える人も実際には少なくありません。

自転車操業に陥った方でも、無事にボーナスで自転車操業から脱出できた人もいるかもしれません。

しかし、ボーナス月は、借金の支払い以外にも出費がかさむことは珍しくありません。

住宅ローンのボーナス払いや、クレジットカード利用分にボーナス払いがあることもあります。

また、夏には旅行、年末には忘年会と出費する機会も増えます。

自転車操業に陥ってしまう方は、日頃の支出状況をきちんと把握できていない人も多いので、「ボーナスで乗り切ろう」はうまくいかないことが多いのです。

いまの制度では自転車操業を続けることが難しい

「消費者金融のカードローン」や「クレジットカードのキャッシング」には貸金業法による「総量規制」があります。

実は、総量規制の下では、自転車操業を続けることそれ自体が簡単ではありません。

「総量規制」とは、簡単にいえば「年収の1/3の金額まで」しか借金できないという規制です。

一般の人には知らない人も少なくありませんが、総量規制は「実際に借金できる金額の規制」ではなく、「借金できる上限額の規制」です。

消費者金融やクレジットカード会社との契約では、「50万円」が上限額として設定されることが一般的です。

つまり、年収450万円の人であれば、「100万円しか借りてない」場合でも、「4社目以降の借金は審査に通らない」ことがあるのです。

なぜなら、すでに契約している「3社の借入上限額の合計」が「年収の1/3である150万円」に達している場合があるからです。

自転車操業を続けるには、完済した消費者金融を解約して「与信枠を増やす」必要があります。

もしくは、「年収の1/3」に到達しないように契約(上限)額を調整しながら借金する必要があります。

しかし、「いちいち解約する」、「総量規制を意識しながら借金する」というのは、「借金の管理」ができていないとやりきれることではありません。
自転車操業状態を続けていて、最終的に待っているのは闇金に手を出し破滅することです。

最終的に闇金に手を出し、家族を巻き込んで全てを失ってしまう方は少なくはありません。

最悪の状態に陥ってしまう前に、1日でも早く専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

「審査落ち」は信用情報でバレる

借金するには、「審査」を通る必要があります。借金の申込みをしても、様々な理由で「審査落ち」することがあります。

「借金の審査落ち」は信用情報を確認すればわかる仕組みになっています。実務では「申込みブラック」と呼ぶことがあります。

貸金業者には、「総量規制の枠内であって借入件数が多い人の申込みはNG」という業者も数多く存在します。

自転車操業の末期には、中小の貸金業者に飛び込むことが多いと思います。

しかし、中小の貸金業者であっても「4社以上借入はNG」というところが少なくありません。

「まだ10万円なら借りられる」と申し込んだところで審査落ちになれば、それ以降「どこの貸金業者も貸してくれない」という可能性もあります。

つまり、「自分の意思」とは別に、自転車操業が続けられなくなることもあるのです。

「ヤミ金」だけは絶対にダメ

「申込みブラック」の状態になれば、正規の貸金業者はまず相手にしてくれません。

それでも自転車操業を続けようとすれば「ヤミ金」から借りるほかなくなります。

しかし、ヤミ金から借金することは、自殺行為のようなものです。

特に、「申込みブラック」になるような自転車操業の末期の状況では、精神的にもかなり弱っていることが多いと思います。

ヤミ金は、「借金で悩んでいる人の弱み」につけ込むプロです。

通常であれば「やってはいけないこと」とわかっていることでも、巧みに操られて「犯罪行為に手を貸す」ことを強要されるリスクもあります。

どんなことがあっても、ヤミ金とだけは付き合わないようにしましょう。

闇金の恐ろしさと債務整理については下記の記事で詳しく解説をしています。

参考⇒闇金の借金は債務整理できる?弁護士や警察に相談をする前の注意点

返せない借金を解決するのは、自転車操業ではなく債務整理

自転車操業で借金が解決することはありません。自転車操業でできるのは、「延滞とならずに返済を先送りすること」だけです。

しかし、自転車リスクは先送りのメリットと比べてデメリットが大きすぎます。

「今月の返済が足りないから借金しなきゃ」と考えている方は、「自転車操業のほとんどは破綻する」ということをしっかり理解してもらいたいと思います。

借金の問題は「借金を減らす」ことでしか解決できません。

自転車操業では「借金が減る」ことはあり得ません。

借金を減らすことが難しいときには、「債務整理」で借金を減らしやすくする、もしくは返済義務を免除してもらう必要があります。

債務整理は自己破産だけではない

「債務整理はしたくないから自転車操業で乗り切ろう」と考えている人や「債務整理=自己破産」と思い込んでいる人もいるかもしれません。

しかし、債務整理には、借金と収入の状況に応じて、自己破産以外にも「任意整理」や「個人再生」という方法があります。

自己破産の際に生じるいくつかのデメリットも任意整理・個人再生では生じません。

また、自己破産となっても、「実はデメリットはほとんどない」というケースもあります。

いまでは、多くの弁護士・司法書士事務所で、「債務整理の無料相談」を受けることができます。

「債務整理したら何か不利益があるのか?」という不安も含めて、弁護士・司法書士に相談するとよいでしょう。

自転車操業が続くと債務整理でも不利益を受けることがある

自転車操業が続くと、債務整理でも不利益を受ける可能性があります。

上で説明したように、総量規制の下で自転車操業を続けることは簡単ではありません。

たとえば、何とか借金しようと、「収入を偽って申込みをした」、「氏名・生年月日を偽って申込みをした」ということがあれば、債務整理で大きな不利益を受ける可能性があります。

さらに、詐欺罪に問われることもあるでしょう。

また、自転車操業の末期に借りた借金は「ほとんど返済していない状態」にあることが少なくありません。

全く返済していない借金があると自己破産できないことがあるので注意が必要です。

自転車操業のまとめ

消費者金融やクレジットカード会社のCMなどでは、「ご利用は計画的に」というフレーズを目にすることがあります。

自転車操業に陥るケースは、まさに「計画的」ではなくなった典型例です。

自転車操業は、ほぼ確実に「破綻」を招く行為です。返済に収入が落ち着かなくなったときには、できるだけ早く弁護士・司法書士に債務整理の相談をしましょう。

また、現在すでに自転車操業に陥っている人は、これ以上問題が深刻になる前に、速やかに債務整理に着手すべきでしょう。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。