キャッシングが癖になってしまい借金がだるま式に膨れ上がる!佐賀県の司法書士事務所で債務整理をした体験談

今回は佐賀県にお住まいの香取さんです。

香取さんは給料が安く、次の給料日までの生活費が続かなくキャッシングをしてしまうのでした。

初めのうちは、借金に対する怖さもありましたが、一度無人機で借り入れをするとあまりにも手軽にキャッシングができてしまう為癖になってしまいました。

そんな生活を続けるうちに1社では足りずに、複数社からキャッシングをする日々です。

しかし、借金は増えるが、返済は滞るようになってしまい、首も回らない状況となります。

そんな状況を友人に相談すると、債務整理を進められて、司法書士事務所へと相談をすることとなりました。

現在も返済中ですが、数年かけて借金の8割を返済できています。

香取さんの踏んだ手続きはどのような形だったのでしょうか。

それでは体験談をお願い致します。

佐賀県の司法書士事務所で200万円の借金を債務整理した体験談

私は28歳の時に、当時勤めていた会社の給料が安く、次の給料日までお金が持たないという日々が続いてました。

本職の他にアルバイトをすることも考えたのですが、本職を持ちながらのアルバイトは厳しく、キャッシングをすることを決意しました。

キャッシング事態初めてだったので、借金などをする怖さみたいなものがありました。

なので、某銀行系の町金で借りることにしました。

最初、無人契約機に行き、手続きを取り審査に入りました。

無人契約機で簡単にキャッシングできてしまう

その時の私は、一応正社員で勤続が3年くらいでした。

私は、10万円くらい借りられれば良いと思っていたのですが、審査の結果限度額が100万円もありました。

しかもカードで、好きなときにATM で簡単に借りられ、返済もATM で出来てしまいます。

ある意味、魔法のカードのように思えてしまいました。

最初は、当初の目的通りに10万円を借りました。

返済もちゃんとしていました。

キャッシングの手軽さに限度額いっぱいまで借り入れをしてしまう

そのうちに、あまりにも簡単に借り入れが出来てしまうので、どんどん借りるようになってしまいました。

気がつくと、借入額はMAX の100万円に届かんとしてました。

私は調子に乗ってしまい、別の町金にも手を出してしまいました。

2社目での限度額は30万円でした。

その30万円もすぐに使ってしまい、また3社目にも手をだしました。

膨れ上がる借金に首も回らず司法書士事務所に相談

借金は雪だるま式に増えてしまい、とうとう200万円くらいになってしまいました。

しかも、返済も滞ってしまい、毎日債権者からの取り立ての電話や直接家に来たりと、眠れない日々に脅えながら生活をしていました。

そこで、友人に相談をすることにしました。

相談すると、司法書士の先生を紹介してもらいました。

早速先生のところへ相談に行きました。

借金解決には幾つか方法があると言われました。

まず1つ目は自己破産、2つ目は債務整理、3つ目は民事再生だそうです。

債務整理手続きを決断

私は、自己破産は家族の手前避けたいので、債務整理を選びました。

最初に先生からの提案で、返済能力のない自分に無理な貸付をしたという形で、民事裁判をするというものでした。

しかし裁判所に相手方は誰もこず、裁判所からやはり自分の責任であると言われ、裁判は無効となりました。

結局債務整理で行うことになりました。

司法書士の先生が私の代理人になり、債権者側と借金を元金だけにしてくれないかと、交渉をしてもらいました。

債権者は全部で4社あり、そのうちの3社は提案に乗りましたが、最後の1社だけ応じませんでした。

結果4社を一本化して毎月4万円づつ返済していくことになりました。

今度また支払いが滞ってしまうと、司法書士にも見放され、また借金の催促が再び始まってしまうのはどうしても避けたかったので、私は一生懸命働きました。

アルバイトをしながら滞納しないように借金を返済し続ける

それでも相変わらず給料が安いので、プラスαを得るためにアルバイトも開始しました。

自己破産をしてしまえば楽になれるのですが、当時自己破産のイメージはかなり悪かったのです。

その為、債務整理で頑張ることにしました。

民事再生は借金が4分の1になるというものでしたが、審査が厳しく当時の私は審査に通りませんでした。

それから数年後何とか160万円の返済にこぎつけられました。

債務整理をしたことでできなくなること

その後、債務整理をしたことによる不利益ですが、クレジットカードが作れなかったり、ローンが組めなかったりしました。

しかし、これは数年経つと消えるのです。

私の場合、ブラック明け約6年でクレジットカードが作れました。

しかし、キャッシングはまだ無理でした。

それと、一回事故を起こした会社については、ブラックリストから消えてもハウス情報があるため、そこでは一生クレジットカードもキャッシングもできなくなるそうです。

借金をするときに一度考えてほしいこと

最後に債務整理に関するまとめですが、キャッシングをするときは、ご利用を計画的にすることです。

それに返す宛はあるのか。

今現在キャッシングは普通のことになり、気軽に借りられることから、多重債務に陥る人も多いらしいです。

支払いが滞ってしまうと、借金取りからの取り立てはキツイものです。

それに加え、その後の人生に大きく影響を及ぼします。

例えば住宅ローンが組めなかったり、銀行からもお金を借りられなくなります。

それだけに、借金はその人を縛るのです。

足かせをつけられると言っても過言ではありません。

私の経験から、これから借金をしようと考えている人に言いたいことがあります。

なるべくならキャッシングはやめておいた方が良いです。

借金ではない別の方法を考えるべきかとおもいます。

例えば、副業やアルバイトなど。

それでもどうしても借りなければいけない状態であるなら、借りる前に返済をシュミレーションすることです。

月にこれだけは返済できる。

その場合、何年で返済できるかなど、しっくりと計画を立てて借入をすることをおすすめします。

自己破産や債務整理などは絶対にしてはいけないと思います。

それを経験した私は、常にそう感じてます。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。