ビットコインやビットコインFX、仮想通貨で作った借金は債務整理する事ができる?

最近メディアなどでも耳にすることがある仮想通貨・ビットコインというキーワード。

スマホアプリなどになじみのある世代は、スマホゲームなどで使われるゲーム内貨幣の同じようなものかな?と簡単に想像することができるでしょう。

じつは、ビットコインをはじめとした仮想通貨の中には、実際のお金を稼ぐ投資対象とされているものもあるようです。

つまり、株などと同様に、ビットコインを売買して利益を得るということですね。

また、ビットコインFX、先物上場など盛り上がりを見せています。

しかし、ビットコイン投資によって大きな損失を出したり、借金を抱えてしまった人がいるというのも事実。

むやみに手を出してしまって、結果的に困っているという人もいるのでは?

今回は、ビットコインについて、なぜ借金を負ってしまうのか、そして借金を解決するにはどうすればいいのかをご紹介します!

また、『既にビットコインやビットコインFXで100万円以上の借金を背負ってしまった。』

『お金を借りて仮想通貨を買ったけど、負けて返済の見込みはない。』

このような状態まで状況が悪化している方は、既に黄色信号が点滅している状態です。

手遅れになる前に、今すぐに法律事務所に相談をしてください。

どの法律事務所に相談をしたら良いか分からない方は、匿名で利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

ビットコインとは?

仮想通貨の1つであるビットコイン。そもそも、仮想通貨とは、世の中に流通している通貨とは違い、目に見える形では存在しない通貨のことです。

インターネットを通じたサービスの対価として使用するのが主な利用方法。

最近では、ビットコインは新たな投資対象として注目されているようです。
どうやって仮想通貨でお金を稼ぐの?と思うかもしれませんが、方法としては株などと同じ。

つまり、「ビットコインを保有し、市場たちが上がるのを待つ」という投資です。

実際、ビットコインは誕生してから2017年までの間に、価値が何十万倍にもなりました。
早いうちにビットコインに目を付けていた人の中には、何百億円という額の資産を生み出した人もいるのです。

急激に価値が上昇するということは、その分価値が下落する可能性も高いということ。
実際に、日本の芸能人の中にもビットコイン投資によってマイナスを出したと告白している人もいるようです。

今後も、市場の広がりが予想される仮想通貨は、その分お金のトラブルになる可能性を含んでいます。
仮想通貨に対しての知識のないままに手を出してしまうと、思わぬ借金を抱える原因になってしまうかもしれませんね。

ビットコインで借金をしてしまう理由って?

ただビットコインを買って、それを売ると言うだけであれば、損はしても借金を背負うことはないのでは?と思う人もいますよね。

じつは、ビットコイン投資で借金をしてしまうのには以下の2つのポイントがあるのです。

レバレッジをかけた信用取引が可能となっていること
インターネット上のみでやり取り可能となっていること

FXなどと同様に、ビットコイン投資ではレバレッジをかけて取引をおこなえるようになっています。
レバレッジとは、保証金を担保にしてその何倍~何百倍という金額で売買する方法。

例えば、10万円の保証金を入れてレバレッジ50倍で取引をおこなった場合、500万円分のビットコインを購入することができるのです。

手元にお金がない人でも、レバレッジを利用することで大きな金額での取引ができるようになるというのがメリットでもある反面、デメリットになる場合も。

とくに、レバレッジのこわいところは、“ロスカット”や“追証”と呼ばれるシステムがあるところ。

ロスカットは、ビットコインの価値が購入時より下落した場合、これ以上、下がると損失が大きくなると判断される金額で強制的に決済がおこなわれてしまうという仕組みです。

これによって、価値の下落が一時的なものであったとしても、購入価格を下回る金額でビットコインを売られてしまうというケースが多く見られます。

追証は、最初に入れた保証金では足りず、追加で保証金が必要となる状況のこと。

こちらも、決められた期限まで入金できない場合には決済されてしまいます。

ビットコイン投資は借金を背負う可能性のあるものだということをよく覚えておきましょう。

そしてもう1つ、ビットコインの売買はインターネット上で行うため、画面上の数字のやり取りだけで取引できてしまうというのもこの投資のこわいところ。

実際のお金が動いているという実感を持てずに、ゲーム感覚で投資をするようになってしまう人もいるようです。

何十万円、何百万円というお金を動かしているという意識のないまま、気が付いたらかなりの損失を負っているという人も少なくありません。

このような“無意識のうちに借金をしている状況”というのは、キャッシングのリボ払いなどとも共通するところでしょう。

とくに、ゲームなどに熱中しやすい人は気を付けないといけませんね。

ビットコインでの借金はどうやって解決すればいいの?

ビットコイン投資による借金は、貸金業者からのキャッシングとは違い、ビットコイン取引所などを債権者とします。

性質的には株やFXと同様となるため、法律的には債務整理の対象外と判断されるでしょう。

ですが、実際のところビットコイン投資による借金でも債務整理できる可能性は十分にあります。

しっかりと正しい手順を知っていないと、失敗してしまうこともありますので、以下のポイントに注意しつつ慎重に手続きを進めるようにしましょう。

弁護士などの専門家へ、必ず相談する

まず、借金を負ってしまったことを弁護士などの専門家へ相談しましょう。

借金の規模や状況によってどのような方法が適切かは異なりますので、素人判断は危険です。

裁判所への手続きなどはもちろんですが、取引所と交渉して任意整理をおこなう場合も、法律知識に長けていて交渉力のある専門家に任せた方が安心ですね。

もしどこの法律事務所へ相談していいか分からないという場合には、無料のマッチングサイトなどを利用してみましょう。

口座を解約する

投資などで作った借金は、自己破産の対象外となっています。

ただし、1度目の自己破産である場合やすでに投資取引を辞めている場合などは、裁判所の判断によって自己破産が認められる可能性があります。

ビットコイン投資をすでに辞めているという証拠に、取引口座は解約しておきましょう。

まだまだビットコインなどの仮想通貨投資の借金については、債務整理の例が少なく、裁判官などの裁量で自己破産や個人再生が認められることも考えられます。

現に、FXなどでの借金に関しては、ほとんどのケースで自己破産が認められているようです。

ビットコインに関しても、同様の判断が下される可能性は高いので、借金を負ってしまっても諦めずに解決へ乗り出しましょう。

専門家に話をするだけでも不安が解消されますので、悩んでいる人はぜひ相談してみてくださいね。

ビットコインや仮想通貨と債務整理まとめ

ビットコイン投資はFXや株取引と同様に、借金を負う可能性の高い信用取引です。

これらは法律によって自己破産の対象外と決められています。

ただし、きちんと専門家へ相談し手続きを踏めば、債務整理によって解決できる可能性は高いでしょう。

まだまだ明確な判例などはないようですので、まずは専門家のアドバイスをしっかり聞いて、少しでも債務整理が認められる可能性をあげることが重要です。

また、2度目の債務整理はかなり難しいと考えられるので、借金を解決した後は、ビットコイン投資などの信用取引をおこなうものには手を出さないようにしてくださいね。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。