フリーターが陥りやすい借金問題と債務整理

正社員ではなく、フリーターの方でもクレジットカードを持つことは可能です。

フリーターの方の債務整理で多いのが、収入に対して、支払いのバランスがとれていないパターン。

そして急な失職で収入が途絶えてしまい、借金返済が困難になるケースです。

今回、ご紹介する岩下さんのケースでは、仕事を辞めた事が理由ではなくリボルビング払いについて、理解をせず便利さを優先してしまった結果起こりました。
実際にリボルビング払いが原因で債務整理をする方は多く、その数も増えています。

参考にしてみてください。

収入が不安定なフリーターが陥りやすい借金問題を債務整理で解決

債務整理に至った経緯を教えてください。

私は、20代前半の頃フリーターとして生活し、月14万円ほどの給料で実家暮らしをしていました。

今思えば何をあんなに買物しなければならなかったのか、と冷静に考えることが出来ます。

しかし、何かと出費が多くクレジットカードの契約も3社と結んでいました。

最初はETCのみの利用だったり、月々3千円ほどで支払っていたもののネットショッピング等でクレジットカードを使用する機会が増えました。

クレジットカードでの買い物は、現金が減る感覚がなく、まるで湯水のようにお金が湧いてくる。そんな気持ちでした。

しかし、支払日間近になり、利用明細を見て驚愕。

こんなに支払うことが出来ない、どうしようと思い、あまり深く考えずにリボ払いにしてしまったことが、私の借金地獄の始まりでした。

当時の私に知識などはなく、リボ払いにすれば月々の出費が抑えられて便利だな。くらいにしか考えていなくて、どんどんリボ払いをしていきました。

しかし、月々返済しても返済しても減らない元金に、不安を覚えそこでようやく、リボ払いの金利について理解しました。

どんどん金額だけがふくれあがっていき、3社で約110万円ほどでしょうか。

支払いが不可能になり始め、毎日のように催促の電話や手紙が届き、恐怖を覚えました。

そこで、債務整理について調べ、安い金額で任意整理を担当してくれる弁護士さんにお会いしました。

弁護士さんにお願いしたときの安心感といったら何物にもかえられません。

相談をした日には一気に催促の電話、手紙が無くなり、ホッとしたのを今でも覚えています。

利息や延滞金も全部無くしてもらって月々可能な額の支払いをし、完済までもう少しです。

任意整理をしてしまうとデメリットとして5年間ローンや新しいクレジットカードの契約は出来ません。

しかし、そのことを考えても私は任意整理をして良かったなと思っています。

これを機会に私はなんとか金銭感覚を取り戻し、今後クレジットカードの契約は控えようと心に決めました。

今回、お世話になった弁護士の先生本当にありがとうございました。

自分で債務整理の法律事務所を探すのは大変

岩下さんのケースでは、自分で安い弁護士を探して依頼をする事で債務整理に成功しました。

しかし、料金に関しては一概に安ければ良いというものではありません。

今回は借金額が少額だったのと、良い弁護士さんに当たった結果うまくいったケースともいえます。

債務整理に全くなれていない弁護士や認定司法書士の場合、条件の良い交渉ができない恐れもあります。

ずばり、債務整理は実績があって交渉に馴れた法律事務所に相談をするのが鉄則。

5,000円程度の料金の違いをケチった結果、トータルで損をしてしまったら元も子もありません。

いずれにしても、借金問題は時間との勝負。

今回のケースのように、早く相談を行う事で手遅れになる前に最小限の影響で借金問題は解決をする事ができます。

1人で悩むのではなく、今すぐに法律事務所に相談をすることをおすすめします。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。