エムアールアイ債権回収からのハガキを無視するのは危険?正しい対応と債務整理する際の注意点

この記事では、エムアールアイ債権回収から支払いを督促されたときの対応法について説明します。

「エムアールアイ債権回収」なんて聞いたことがないという人が多いでしょう。

最近では、さまざまな手口の詐欺が横行しています。知らない会社から支払いを請求されると不安になります。

エムアールアイ債権回収は、国に認められた債権回収の専門業者です。

したがって、エムアールアイ債権回収からの請求は詐欺ではありません。逆に、きちんと対応しないと状況はさらに悪化してしまいます。

また、重要なことなので結論からお伝えします。

既に、エムアールアイ債権回収からハガキや電話が来ている方は今すぐ専門家に相談をしてください。

このような状況まで状態が悪化している方は、既に黄色信号が点滅している状態です。

借金問題は時間がたてばたつだけ状況は悪化するだけで、取れる対応策が減っていきます。

また、対応が遅れるとその後の生活にも大きな影響が生じる可能性も否定できません。

1人で悩むのではなく、手遅れになる前に、今すぐに法律事務所に相談を行ってください。

どの法律事務所に相談をして良いか分からない方は、匿名で利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

エムアールアイ債権回収とはどのような会社か?

エムアールアイ債権回収は、エポスカードで有名な丸井グループの債権回収業者です。

丸井といえば、日本ではじめて「クレジット(カード)」という名称を使用した会社としても有名です。

エムアールアイ債権回収は、丸井グループで培ってきた小口無担保の債権回収ノウハウを元に、債権回収や債務者の訪問調査(居住確認・連絡先調査)を行っている会社です。

つまり丸井グループは、カードの発行(審査)から、商品の販売、代金の回収までのすべてを自社で一貫して行っているということになります。

債権回収業者(サービサー)は国に許可された専門業者

弁護士や認定司法書士以外の者が債権回収を業として行うことは、弁護士法に反する違法行為となります。

国(法務大臣)が許可した債権回収業者は、この例外として位置づけられます。また、債権回収業者のことを「サービサー」と呼ぶこともあります。

なお、法務大臣に許可されたサービサーは、下記のサイトで確認することができます。

参考⇒サービサー一覧(法務省ウェブサイト)

エムアールアイ債権回収が請求する支払いの債権者

エムアールアイ債権回収は、丸井グループの会社なので、主にエポスカード(丸井のクレジットカード)をはじめとした、丸井グループの債権回収を行っています。

丸井グループのほかには、消費者金融の「ゼロファースト」や地方銀行の「スルガ銀行」の債権回収の委託もうけています。

これらの会社からの借金や立替金に延滞があるとエムアールアイ債権回収から支払いを督促されることがあります。

エポスカードと債務整理の関係については下記のページで解説をしています。

参考⇒エポスカードと債務整理?過払い金請求や自己破産で借金は減らせる?

「エムアールアイ債権回収」からハガキが届く場合

エムアールアイ債権回収から「請求ハガキ」が届くのはどのような場合でしょうか。

借金や立替金(クレジットカードのショッピング利用分)の返済に延滞がなければ、サービサーであるエムアールアイ債権回収から支払いを督促されることはありません。

連絡先をきちんと確認する

最近では、さまざまな手口の架空請求・詐欺が横行しています。

サービサーを騙った詐欺もその1つです。

身に覚えのない会社から支払いを請求されたときには、必ずその会社のことを調査しましょう。

なお、サービサーがメールで支払いを請求することはありません。メールでの請求はまず詐欺と判断してもよいでしょう。

ハガキによる督促の場合には、差出人の住所や連絡先電話番号が、公式のものと合致しているか必ず確認することが大切です。

エムアールアイ債権回収の連絡先は、下記サイトで確認することができます。

参考⇒ご返済等のお問い合わせ(エムアールアイ債権回収)

いずれにしても、借金問題は時間がたてばたつだけ状況は悪くなっていきます。

後から取り返しのつかない状態にならないよう、1日でも早く専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

長期の延滞は危険

グループ会社であるエポスカードの支払いについては、1回目の延滞からエムアールアイ債権回収から連絡が来ることがあり得ます。

ゼロファーストやスルガ銀行などのケースでは、すでに「長期の延滞」となっていることも少なくないでしょう。

延滞の長期化すると次のような不利益が生じるので、状況はどんどん悪化していきます。

利息(手数料)よりも高額な遅延損害金が発生する
自宅や勤務先への訪問での督促をされる場合もある
信用事故として登録される(ブラックリストに載る)
期限の利益を失う(一括返済を迫られる)
法的手段をとられる

特にエムアールアイ債権回収は、債務者の訪問調査を重視しています。

債権者(サービサー)からの電話やハガキの督促を無視し続けると、自宅や勤務先を直接訪問しての督促をされる可能性も否定できません。
また、サービサーは債権回収に特化した専門業者なので、債権回収のために法的手段をとることに躊躇しません。

延滞が続けば、訴訟や支払督促といった手段で法的に請求されることになります。

さらに、法的請求をされる段階では、すでに期限の利益の喪失を通告されています。

期限の利益とは「分割で返済できる権利」のことです。

返済が難しいときには債務整理で解決しましょう

サービサーは債権回収に特化した専門の業者です。

したがって、生半可な対応で、支払いを猶予してもらったり、見逃してもらえるということはあり得ません。

請求されている支払いが難しいというときには、債務整理で解決しましょう。

それでは、エムアールアイ債権回収からの請求(特にエポスカードの支払い)を債務整理で解決するときのポイントについて説明していきます。

エポスカードを債務整理すると強制解約となる

エポスカードの支払いを債務整理すれば、エポスカードは強制解約となります。

そのため、今後エポスカードの発行を受けることは難しくなります。

「ゼロファースト」や「スルガ銀行」の借金を債務整理したときにも、エポスカードの新規発行は難しくなる可能性が高いでしょう。

エムアールアイが保管する債務者の信用情報(社内情報)がエポスカード発行時の審査に用いられる可能性はかなり高いからです。

なお、債務整理すると、その後5年間は、他社のクレジットカードの新規発行も難しくなります。

債務整理の情報は、指定信用情報機関のデータベースで5年間共有されるからです。

エポスカードだけを債務整理した場合の他のクレジットカードは、解約となる場合もあれば、そのまま利用継続・更新できる場合もあります。

それぞれのクレジットカード会社の判断に委ねられるからです。

長期間放置している支払いは消滅時効で解決できることもある

サービサーから支払いを請求される債務(借金・立替金)には、「すでに何年も放置している」ものがあるときもあります。

「支払いをしなかった最後の支払い日(の翌日)」から、5年以上支払いを請求されなかった債務は、消滅時効で帳消しにできる可能性があります。

消滅時効の計算は、「最後に支払った日」ではないので注意が必要です。

なお、一般の方が想像しているよりも消滅時効で処理できる借金は少ないです。

「消滅時効で処理できるかも?」と思ったときには、安易に判断せず、弁護士や司法書士に相談してからきちんと対応した方がよいでしょう。

エポスカードの「ショッピング枠」には過払い金は発生しない

エポスカードからの請求には、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2種類があります。

一括して請求されるので、まとめて把握しがちですが、法律的には意味合いが異なります。

「キャッシング枠」はまさに借金なので、消費者金融や銀行のカードローンと同様に取り扱われます。

他方、「ショッピング枠」は、法律の上では借金とは区別されます。

そのため、ショッピング枠利用分については、「過払い金」は一切発生しないので注意が必要です。

過払い金については下記のページで詳しく解説をしています。

参考⇒過払い金請求のデメリットって?消費者金融へ完済後なら影響はなし!

エポスカードを債務整理すると、代金未納の商品を引き上げられる可能性がある

「ショッピング枠」利用分については、立替金を完済するまで、購入した商品の所有権が債権者に留保されています。

借金で購入した物の所有権は100%購入者にある点でも、ショッピング枠とキャッシング枠は異なる取扱いとなります。

したがって、ショッピング枠を債務整理すると、立替金の残額のある品物を債権者に引き上げられる可能性があります。

自動車ローンや不動産ローンを債務整理した際に、自動車や不動産を失ってしまうのと同様ということです。

特に、高級時計や宝飾品などをエポスカードで購入したときには、商品引き上げの可能性も低くないと思われます。

エムアールアイ債権回収まとめ

エムアールアイ債権回収から支払いを請求されたときには、きちんと対応する必要があります。

債権回収業者は「取立てのプロ」なので、逃げ切ることはまず不可能です。

放置すれば、訴訟を起こされ給料が差し押さえられてしまうこともあります。

「エムアールアイ債権回収から支払いを請求されたけど返済できない」というときには、債務整理で解決するのがベストといえます。

1人で悩み続けても状況が好転することは絶対になく、悪化するだけです。

まずは1日でも早く専門家に相談することをおすすめします。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。