30代が債務整理をする前に注意したい事と正しい手続き方法

仕事にも慣れ、収入が安定してくる反面、結婚や出産などで何かとお金が必要になる30代。

自分1人の生活を賄えばいい20代と比較すると、急に出費が増える年代ですね。

家族の将来や自分の仕事についても責任を持たないといけない立場であると同時に、新しい人付き合いもまだまだ増えます。

収支のバランスを上手にとっていかないと、急な出費に対応できず借金をしてしまうことも。

30代で借金にお困りの方は、債務整理をしたほうがいいのでしょうか?

結論からいうと、借金問題を解決するには債務整理が一番なのは間違いはありません。

しかし、債務整理をする前に気をつけておかないと家族や仕事に影響をきたしてしまう事にもなりかねません。

今回は30代の方が債務整理を正しく行う方法、注意をしておくポイントについて解説をしていきます。

また、『給料を貰っても返済や支払いをすると生活が厳しく、カードを使ったり結局また借りてしまう。』

『現実的に考えて、今の収入で自力で返済をしていくのは厳しいと分かりながらも問題を先送りにしてしまっている。』

このような状態まで陥っている方は、既に黄色信号が点滅している危険な状態です。

手遅れになる前に、今すぐ専門家に相談して下さい。

法律事務所は、無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

30代の借金の特徴と多くの原因

30代の借金の多くは、結婚や出産、自動車・住宅ローンといった大きなイベントごとで発生する傾向があります。

会社や仲間との付き合いでお金を使い過ぎてしまう人も多いですね。

まず年齢的にも、結婚をしている人が多くなってきます。

友人の結婚式でのご祝儀や出産祝いが重なった結果、お金が足りずにキャッシングなどでお金を借りることも。

まだまだ学生時代の友人付き合いが続いている上に、会社などで新しい人間関係もできますので、このようなお祝い事が多くなりやすいのが特徴です。

また、友人だけではなく自分の結婚・出産というイベントもあるでしょう。

このようなイベントでは、かなり大きい金額を支払うことになりますので、当然、しっかりと貯金をしていない人はローンなどに頼る必要があります。

家族をもつことで、自動車や新居が必要になり、自動車ローンや住宅ローンを組むのも大体がこの年代。

転職サイトDODAのアンケートによると、20代と30代の平均年収は以下のような数字となっています。

20代では全体の平均年収が354万円。

男性は374万円で女性が324万円です。

対して30代は全体が467万円。男性が501万円で女性:390万円。

まだまだ収入が多いとはいいがたい30代ですが、20代と比較すると出費がかなり増えてしまう時期でもあります。

そのため、多くの30代は、毎月様々な借金の返済をしています。

結婚後には、家族の生活費や子育てにかかるお金、教育費の積み立てなど、毎月の出費も増えますね。

ただ、収支のバランスがうまくとれていれば高額の借金であっても問題なく返済していくことができるでしょう。

しかし、共働き家庭が出産を機に夫1人の収入に頼るようになる、といった生活スタイルの変化もあります。

このような理由から、何かのきっかけで返済が難しくなってしまうことも考えられます。

30代はイベントや将来のリスクも考えながら、上手に借金と付き合っていかなくてはいけません。

30代の具体的な借金返済方法と注意点

まだ体力もあり、仕事もバリバリこなせる30代。

収入を増やすことで借金返済の負担を軽減することがまず第一でしょう。

これには以下のような方法が考えられます。

転職や副業をする
専業主婦の場合、パートやアルバイトをする

収入を大幅にアップさせるためには、転職をしたり副業を始めるのが一番の方法ではあります。

ただし、転職は今後の人生にも大きく影響しますので、今の仕事よりも条件の良い転職先をじっくりと探して、慎重に転職活動を行こなわなくてはいけません。

会社で禁止されていないのであれば、空いた時間で副業を始めてみるのも1つの手。

最近では、クラウドソーシングサービスによって、個人でも簡単に企業から仕事を受けられるようになってきました。

興味のある人は、このようなサービスに登録して、自分にできる案件を探してみましょう。

また、専業主婦の場合には、パートやアルバイトを始めることを検討しても良いでしょう。

月に5万~8万円程度であれば扶養内におさまりますし、家庭への影響も少ないはず。

小さな子供がいるという場合は、在宅でできるアルバイトや土日にできるものがおすすめです。

また、30代の場合は借金の種類によって“返済の優先順位をつける”ことが重要となってきます。

住宅ローンなどの高額な借金に関しては、長い期間をかけて返済していく必要がありますので、無理は禁物。

逆に、少額のキャッシングなどは短期勝負で早い完済を心がけるようにしましょう。

増やした収入を、そのまま少額の借金返済に充てることができれば、完済までの時間を短縮することができますね。

繰り上げ返済などを活用して、少しずつ借入先を減らしていくようにしてください。

副業やアルバイトをしても借金返済をしていくのが現実的ではないと思うのであれば、1日も早く問題解決に向けて動きだすべきです。

借金問題は後回しにすれば、それだけ状況は悪化し取れる対応策は減っていきます。

後から取り返しがつかない状況に陥ってしまう前に、今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

30代で債務整理をする具体的な方法と注意点

20代のまだ若いうちであれば、親に頼る。という選択肢もまだ考えられました。

しかし、30代ともなるとなかなか親を頼るわけにはいかない人がほとんどでしょう。

借金がどうしても返済できないという場合には、債務整理を検討するのが一番の方法です。

ただし、同じ債務整理でもどの手続きを選ぶかによってその後の生活への影響度合いもちがってきます。

30代におすすめの債務整理と、その注意すべきポイントをご紹介しましょう。

家や自動車など資産を守りたいなら個人再生がおすすめ

マイホームを購入していて、住宅ローン以外の借金を整理したい場合には個人再生がおすすめです。

住宅ローンがなくても、まとまった金額の貯金があったり、生命保険などの資産がある場合には、個人再生を利用すれば、資産を守りながら借金を減額することが可能です。

個人再生のメリットとデメリットについてはこちらの記事で詳しく解説をしています。

ただし、個人再生は仕事に就いていて安定した収入があることが条件となっていますので、30代であっても失業していたり病気で働けないような人は利用できません。

このような場合は、返済行為を継続することが難しいでしょうから、自己破産によって借金そのものを帳消しにした方がいいでしょう。

資産や返済の見込みがない場合には自己破産という選択肢も

家や自動車など大きな資産を持っていない場合や、利息や元金を減らしても返済の見込みがない場合には自己破産を検討する必要があります。

自己破産を行うと、税金や養育費などを除きすべての借金をゼロにしてもらう事が可能です。

詳しくは、自己破産のメリットとデメリットの記事で解説をしています。

この際に考えておかなければならない事が、ブラックリスト。

債務整理を行うと、どの手続きを行ったとしても個人信用情報機関には事故履歴が登録されます。

このブラックリストには期間があるのですが、任意整理と個人再生、自己破産をでは掲載期間が違います。

任意整理の場合には最長5年、自己破産の場合は最長10年と定められている為、将来住宅ローンを組む予定がある人。

子供の奨学金の問題なども逆算して考えておく必要があります。

債務整理とブラックリストについてはこちらの記事で詳しく解説をしています。

しかし、自己破産は債務整理の中でも一番経済的なメリットも大きく必ずしも悪というわけではありません。

いずれにしても、資産や、収入、借金の情報を総合的に判断して手続きをすすめていく必要があるのです。

借金が高額でないのなら任意整理で問題解決は出来る

あまり借金が高額ではないという場合には任意整理がおすすめ。

任意整理は債権者1社ごとに直接交渉をおこなう手続きなので、整理したい借金を自分で選ぶことができます。

そのため、住宅ローンやクレジットカードなどを残したまま、消費者金融や銀行からの借金を任意整理するというようなことが可能です。

債務整理の手続きを始めるにあたって、注意すべき点は以下の2つです。

凍結される口座をチェックする
必要に応じて支払い方法の変更をする

銀行からの借金を債務整理する場合、手続きを開始すると一定期間その銀行の口座が凍結されてしまいます。

給与口座や子供手当の受取口座などが凍結されてしまうと、お金の引き落としができずに大変不便な思いをしてしまうので、凍結される口座は事前にしっかりとチェックしましょう。

凍結前に口座の残高はゼロにしておいて、新しい口座を準備するといいですね。

詳しくは債務整理と銀行口座の記事で詳しく解説をしています。

また、凍結される口座が公共料金などの引き落とし口座である場合、支払い方法の変更も必要となってきます。

そのほかにも、クレジットカードを債務整理する場合には、そのクレジットカードで支払いをしているものは支払い方法の変更をしなくてはいけません。

このような手続きをすべて完了させるには時間がかかります。

といっても、銀行口座の問題については専門家に相談した時に分かりやすく指示を出してくれますので安心して大丈夫です。

あえて繰り返しますが、借金問題は早期で対策を講じていくことが本当に重要です。

まずは1人で悩むのではなく、専門家と具体的な解決方法を話し合っていく事をおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

債務整理は専門家の指示に従っておこなう

借金問題をスムーズに解決する為には、必ず弁護士や認定司法書士の指示に従っておこなうようにしてください。

とくに、資産を守りたい、仕事や生活に支障をきたしたくない、という場合には、自分の借金の状況をしっかりと説明し、どのような手続きが適しているのか判断してもらわなくてはいけません。

債務整理は専門家に依頼しなくても特定調停といった方法で、自分で手続きを行う事も法律的には可能です。

しかし、特定調停は専門知識を必要としますし、普段法律に携わらない一般の人が大手消費者や銀行と対等に交渉をするのは現実的ではありません。

専門家に相談せず、中途半端な知識で自分で債務整理しようと、時間がかかるだけではなく思わぬ失敗の原因になることも。

とくに、任意整理は1度交渉に失敗してしまうと、貸金業者が2度目の交渉に応じてくれるかどうかわかりません。

確実に借金を解決するためには、必ず専門家に相談するようにしてください。

特定調停の方法やメリットとデメリットはこちらの記事で詳しく解説をしています。

30代の借金問題と債務整理まとめ

30代は20代と比較して出費がかなり多くなります。

住宅ローンなど高額の借金をしやすいのもこの時期。

早く返済すべき借金と、長い時間をかけて無理せずに返済していく借金とで、返済の優先順位をつけるようにしましょう。

万が一、返済が難しいという場合には必ず早期の段階で債務整理を検討してください。

借金問題は後回しにしても何も始まりませんし状況は悪化するだけ。

実際に、借金問題を放置した結果、自己破産しか選択肢がなくなりすべてを失った方は非常に多いです。

いずれにしても、今の収入状況や、資産、借金の総額など総合的に判断を行い正しい対策をしていく必要があります。

1人で悩むのではなく、手遅れになる前に今すぐに法律事務所に相談をして下さい。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。