借金190万円の返済方法と債務整理による借金問題解決方法

今回は、「借金190万円の返済方法」と、「いますぐに債務整理をすべき理由」について解説します。

借金190万は簡単に解決できる金額ではありません。

すでに毎月の返済の負担が頓挫しかけている人も少なくない金額だといえます。

毎月の利息負担だけでも3万円近くになる可能性があるからです。

返済が行き詰まりだした借金をそのまま放置しておくことは、とても危険です。

延滞をすれば利息よりも高額な遅延損害金が発生し、自転車操業で対応すれば利息の負担が増えるだけだからです。

「借金を減らすことが難しい」と感じたときには、できるだけ早い段階で、弁護士・司法書士に相談することがとても大切です。

190万円の借金であれば、まだ自己破産せずに解決することも十分に可能だからです。

また、『今の会社の給料では返済が厳しいことは分かっているけど、放置してしまっている。』

『1年以上借金の残高が減っていないもしくは増えている。』

このような状態の方は、既に黄色信号が点滅している非常に危険な状態です。

手遅れになる前に、1日でも早く弁護士や司法書士に相談を行ってください。

法律事務所は匿名で利用できる、無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

借金190万円を返済する方法

消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカードの利用額を返済できなくなったときには債務整理で解決することができます。

債務整理には、「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」の3つの方法があります。

借金返済に行き詰まったときの解決方法は自己破産だけではありません。

借金が190万円のうちに債務整理をすれば、自己破産せずに解決できる可能性は十分にあります。

毎月3~5万円返済できれば、任意整理で解決できる

「任意整理」は、債務整理のうちで、最も簡単な方法です。

任意整理は、将来の利息の免除、返済回数の見直しによって、借金を返しやすくするための交渉を行う方法です。

任意整理では、借金の残額を3年(36回)から5年(60回)の分割で返す交渉をすることが一般的です。

したがって、190万円の借金を任意整理するには、毎月32,000円から53,000円を支払えるだけの収入が必要です。

この金額を返済できるのであれば、正社員ではないアルバイトやパート主婦でも任意整理することができます。

また、任意整理は今後の収入から「借金を返しやすくする」ための債務整理であるため、「財産の処分」は費用です。

さらに、裁判所を利用しない手続きなので、交渉相手にする債権者を選ぶこともできますし、官報公告される心配もありません。

任意整理については下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒任意整理のメリットとデメリット?債務整理で1番多い手続きの注意点

個人再生なら最大で毎月27,000円まで返済額が減る

任意整理は債権者の同意がなければ成立しません。

借金の状況や債権者の事情によっては、60回の分割に応じてもらえない場合もあれば、任意整理自体に応じてもらえないこともあります。

他方で、36回の分割払いでは、現状の返済額と負担が変わらないこともあり返済を続けられない可能性もあります。

以上のように、任意整理が難しい場合には「個人再生」を利用することも選択肢のひとつです。

個人再生を利用すれば、「190万円の借金は100万円まで減額してもらえる」可能性があるからです。

個人再生が認められたときには、3年間の分割払いで返済するのが原則です。

返済額が100万円であれば、毎月あたり27,000円の返済となります。

なお、自営業者や歩合の給料などで毎月の収入額に変動がある人の場合には、返済頻度を3ヶ月に1回というように設定することもできます。

個人再生の最大の特徴は、「住宅ローンの返済条件」を変更してもらえることです。

住宅ローンの支払いと消費者金融などへの返済が重なると、毎月の返済負担はかなり重たくなります。

このような場合に「住宅ローン特則付き個人再生」を利用すれば、マイホームを手放すことなく、「住宅ローンの支払期間の延長」、「一定期間の元金据え置き」や「返済猶予」といった「借金を返しやすくするための措置」を認めてもらえる可能性があります。

個人再生については下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒個人再生は家を残せる大きなメリットがあるが2つのデメリットもある

「収入が足りない」ときには自己破産で解決

病気やケガ・年齢などの理由で収入を得る見込みがない場合や専業主婦が190万円の借金を抱えたときには、毎月27,000円の返済すら難しい場合もあるでしょう。

その際には、自己破産で解決することを考える必要があります。

「自己破産だけはしたくない」と返すアテのない借金を放置しても、利息や遅延損害金を膨らませるだけです。

自己破産をすれば、借金の返済義務が一切なくなります。

借金を返さずに解決できるのは自己破産してだけです。

自己破産しても「本当にすべての財産を失う」というわけではありません。

たとえば、次の財産は自己破産しても差し押さえられずに手元に残すことができます。

99万円までの現金
20万円以下の貯金
テレビや冷蔵庫・エアコンといった最低限の家電
ベッド、タンスなどの家具

自己破産については下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒自己破産はメリットしかない?家族や子供、仕事にデメリットはないの?

また、浪費やギャンブルを原因の借金があっても、裁判所の裁量で免責を受けられます。

参考⇒ギャンブルの借金は債務整理できる?賭け事での負けを自己破産する方法

借金問題は時間がたつにつれ、取れる対応策は減っていきます。

190万円くらいの借金であれば問題を解決するのはそれほど難しくはありません。

しかし、これ以上借金が増えていくと本来取れた対応策も取れなくなってしまいます。

事態が深刻化する前に、今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

いますぐ債務整理すべき4つの理由

債務整理をすることは多くの人にとって初めての経験です。

「できれば債務整理したくない」というのも誰しもが思うことです。

しかし、返済に行き詰まった借金を解決できるのは、債務整理だけです。

返せない借金をそのままにしていても利息・遅延損害金が増えるだけ

借金の返済は一度行き詰まると自力で経済状況を建て直すことは簡単ではありません。

借金の返済が遅れるほど、利息の負担は重たくなっていきます。

190万円の借金があるときには、毎月の返済額は6万円ほどになっていることが多いと思います。

そのうちの3万円前後が利息の支払いで消えています。

また、毎月の返済に滞納があれば、利息よりも負担の重い遅延損害金も発生します。

現時点で「借金の返済が厳しい」と感じている人にとって債務整理は、重たい利息から解放されるための救済手段でもあります。

「自転車操業」では借金問題は解決しない

返済日にお金がないときに、別の金融機関から借金をして返済をやり過ごす人もいるようです。

このような行為を「自転車操業」とか「まわし」と呼ぶことがあります。

「自転車操業でなんとかやり過ごしてボーナスでまとめて返済しよう」と考えることは、実は危険です。

自転車操業は、「借金を増やす」行為です。その月の返済はやりすごしているように見えますが、借金自体は1円も減っていません。

むしろ、減るはずの借金が減っていないのですから、利息の分だけ支払総額は増えています。

借入件数が増えることによって、返済の負担も増えています。

借金を借金で解決すると、借金することがやめられなくなってしまいます。

自転車操業は「借金できなくなったとき」が破綻のときです。

しかし、現在の法規制では、自転車操業を続けること自体が簡単ではありません。

総量規制は、実際に借りている金額ではなく、「契約上の上限額」を対象としているからです。

すでに190万円の借金があるときには、年収600万以上の人でなければ、借金すらできない状況にあります。

参考⇒借金が自転車操業になっている人が債務整理を検討すべき5つの理由と方法

繰り返しますが、借金問題は早期の段階で対応することが鉄則です。

問題を先送りにするのではなく、1日も早い段階で専門家に相談することをおすすめします。
今すぐ専門家に相談する⇒

氏名・収入を偽って借金すれば詐欺になることもある

何とか自転車操業をしようとして、借金を申し込む際に、氏名や生年月日、年齢、収入を偽って申告する人もいなくはありません。

しかし、氏名などを偽って契約を申し込む行為は犯罪に問われかねない危険な行為です。

氏名等を偽って借りたお金を返さなければ「詐欺」にあたる可能性があります。

また、免許証などの本人確認書類、収入証明書を偽造すれば、公文書(私文書)偽造(および行使)の罪に問われかねません。

さらに、「返す当てのない借金をしたまま自己破産」すれば詐欺破産となります。

詐欺破産とならなくても「自己破産申立てから1年以内に、返済できないのをわかっていながら偽ってした借金」があるときには、免責不許可となる可能性があります。

「借金の返済に行き詰まった状況」で悪あがきをすることはとても危険です。

絶対にやめましょう。

ヤミ金だけは絶対にダメ!

190万円の借金返済に行き詰まっている場合には、正規の貸金業者からは追加の借金ができない場合が多いです。

総量規制だけでなく借入件数が問題で審査に通らないからです。

また、現在の借金に延滞があれば審査に通ることはまずありません。

このような状況の人が無理に借金を使用としてヤミ金被害に遭ってしまいます。

090金融やネットでみられる個人間融資はヤミ金です。

また、換金屋、チケット屋、買取屋の類いもヤミ金です。

弁護士・司法書士以外の者が借金の整理(解決)をすすめてきたときも「事件屋」の可能性があるので注意しなければなりません。

ヤミ金と関わると、ヤミ金に暴利や不当な手数料をとられるだけではなく、自分が犯罪者となるリスクも高まります。

たとえば、最近のヤミ金は「口座の譲渡」を持ちかけてくることが少なくありません。

しかし銀行口座の譲渡は法律で禁止されている行為です。

譲渡した銀行口座が犯罪行為に利用されれば、口座名義人のすべての銀行の口座(譲渡した銀行以外の銀行も含む)が凍結され、一生口座を開設できない可能性もあります。

参考⇒闇金の借金は債務整理できる?弁護士や警察に相談をする前の注意点

まだ自己破産せずに解決できる可能性がある

自己破産以外の方法で返せなくなった借金を解決するには、「借金の一部」を分割で返済する必要があります。

190万円の借金であれば、毎月3万円前後の支払いで、任意整理・個人再生で解決できる可能性が残されています。

毎月3万円であれば、家計のやりくりなどで何とか対応できる金額です。

しかし、返済に行き詰まった借金は、対応が遅れると雪だるま式に膨らんでしまうことがあります。

任意整理・個人再生を躊躇しているうちに、借金がいま以上の金額になってしまえば、自己破産以外の選択肢を失ってしまうことになりかねません。

返済できるだけの収入がはいる目処が確実についている場合を除いては、「返済が厳しい」と感じたとき、「返済を滞納してしまった」ときは、直ちに債務整理を検討すべきでしょう。

「借金180万を解決する方法」のまとめ

借金190万円は、簡単に解決できる金額ではありません。

「今月をしのいだら」、「ボーナスまで耐えられたら」解決できる金額でもありません。

実際に返済に行き詰まっているときには、早期に債務整理で解決することが大切です。

いまでは多くの弁護士・司法書士事務所で借金の相談を無料で受けることができます。

また、債務整理に必要な弁護士・司法書士費用も分割で支払うことができます。

債務整理を依頼すれば、債務整理の決着がつくまでは借金の返済もストップされます。

弁護士・司法書士費用はこの間に分割払いするので、借金の返済と重なることもありません。

190万円の借金で悩んでいる方は、早めに弁護士・司法書士にして下さい。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。