借金地獄を脱出するには債務整理が一番!人生はやり直せる!

長期間にわたって借金をしていると、自分の借金の状況を正確に把握するのが難しくなってきます。

毎月やってくる返済期日に追われ、自分の生活や収入と支出のバランスを整える事もままならない。

足りない部分は他の消費者金融から追加で借り入れをしてまかなうというような、泥沼にはまってしまう方も少なくありません。

このような借金地獄から自力で脱出するのは、まず不可能と言っていいでしょう。

借金問題をこのまま放っておくと、借金滞納してしまったり、督促や差し押さえといった最悪の事態へと発展してしまいます。

増えすぎてしまった借金でも、きちんと手続きをすることで借金問題は解決することが可能です。

『自力で完済するのは厳しいと分かりながらも、問題を先送りにしてしまっている。』

『給料が出ても支払いや返済をすると生活が厳しく、カードでその場をしのいだり月末になるとまた借りてしまう。』

このような状態まで状況が悪化している方は、既に黄色信号が点滅している危険な状態です。

1人で悩み続け手遅れになる前に、今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

法律事務所は、チャット相談が便利です。

今回は、借金地獄を脱出する為の方法について解説をしていきます。

借金地獄は債務整理をする事で合法的に問題解決できる!

複数社から借り入れを繰り返す、いわゆる多重債務者であっても、借金を合法的に解決する事は可能です。

返済に苦しんでいる方は、一刻も早く弁護士や司法書士といった専門家へ相談をしましょう。

相談時には、自分の借金の状況を正確に伝える必要があります。

借りては返すを繰り返している場合、どの貸金業者からいくら借りているのかもはっきりしませんよね。

まずは、自分が何社からどのくらい借りているのかを、利用明細書などで確認することから始めましょう。

利用明細書等が無い場合は、専門家へ相談時その旨を伝えれば取り寄せてくれます。

正直にその旨を伝えましょう。

借金地獄から脱出する方法は債務整理のみ

自身の返済能力を超えた借金や、違法な貸金業者からの借金は、どう頑張っても一人で完済することはできません。

このような借金を解決できる方法は、債務整理だけといのうは事実。

債務整理とは、借金返済に苦しむ人のための法的な救済措置です。

債務整理は、借金解決のための手段の総称です。

払いすぎた利息を返済してもらい借金に充てる事ができる「過払い金請求

利息や遅延損害金のカットなどを、債権者と直接交渉する「任意整理

家を残しつつ裁判所を通して借金を5分の1以下に減額したうえで、3年以上の長期分割返済とする「個人再生

そして、裁判所を通して借金そのものを帳消しにする「自己破産」の4つがあります。

弁護士や認定司法書士へ依頼すれば、自分に合った債務整理の方法をアドバイスしてもらう事が出来ますし、難しい手続きや貸金業者との交渉もスムーズに進めてくれます。

さらに、専門家に依頼する一番のメリットは、借金の返済がストップする事。

一度、交渉や手続きを開始すると、その後、貸金業者は債務者へ直接連絡をする事ができなくなり、債務整理が完了するまで返済行為もストップします。

繰り返しますが、借金問題は早い段階で対策を講じるのが鉄則です。

早い段階であれば、借金問題を解決するのはそれほど難しいことではありません。

1人で悩み続けるのではなくまずは1日でも早い段階で専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

借金地獄でうつになってしまう人も多いので注意!

借金を返済するという精神的なプレッシャーはかなりのものです。

毎月やってくる返済期日を気にしながら、日々を過ごさなくてならないのは精神的にもとても辛いですよね。

借金がどんどん膨れ上がってくると、『本当に返済できるのだろうか?』、『今月の返済額はどうやって捻出すればいいのだろう?』と常に頭の中は、返済への不安でいっぱいになります。

常に追い込まれた状態のため、心が休まる時間はないと言ってもいいでしょう。

実際に、多重債務者がうつ病を発生してしまう事も少なくありません。

多くの人が借金地獄に陥る3つの原因

複数の貸金業者から借金をする事のリスクや、多重債務の危険性というのは、テレビや雑誌でも多く取り上げられています。

にもかかわらず、多くの人が借金地獄に陥ってしまう原因とは何なのでしょうか。

借金をする理由の多くは、以下のようなものが考えられるでしょう。

生活費の補てん
交際費・遊興費などの遊ぶためのお金
ブランド物や車といった収入に見合わない買い物

このほかにも、奨学金の返済のために新たに借り入れをするといったケースも見られます。

理由は人によって様々ですが、キャッシング・カードローンのような金融サービスの普及によって利用者の母数が増加している事も関係しているでしょう。

東京都消費生活総合センターの相談窓口「多重債務110番」では、「低収入・収入の減少」による借金が約50%と占めていると発表しています。

失業や離職、転職による収入の低下によって生活費が足りず、借金をするケースが多いようです。

さらに、返済のために新たな借り入れをする「自転車操業状態」に陥っている人が多くなっている事もわかります。

多重債務は貸金業者を取り締まっている金融庁としても深刻な問題としてとらえられているため、貸金業法の改正など、債務者を守るために様々な施策がおこなわれています。

借入金額を年収で制限(総量規制)したことで、1人当たりの借入件数なども、以前に比較すると減少傾向にあるようですが、それでも東京都消費生活総合センターへは多くの借金の相談が来ています。

借金地獄に陥ってしまう原因としては、一度、借金をしてしまうと、お金を借りる事への抵抗が薄れ簡単に借り入れをしてしまうというような、人間の心理も関係しているのでしょう。

あえて繰り返しますが、1人で悩んでいても状況が好転することは絶対にありません。

まずは専門家に相談を行い、借金問題解決への第一歩を踏み出すことが非常に重要です。

今すぐ専門家に相談する⇒

借金地獄の先に待っている更なる地獄

複数の貸金業者から借り入れをしていると、徐々に借り入れをするのが難しくなってきます。

上で述べたように、貸金業法の改正によって新たに年収の3分の1を超えての借り入れを制限する「総量規制」という規則ができました。

そのため、ほとんどの貸金業者では、多重債務者への融資審査が厳しくなっています。

アコムやプロミスといった大手消費者金融では、借入金額にかかわらず3社以上の借り入れがある場合には審査に通る可能性はほとんどゼロと言っていいでしょう。
こうして、新規に借り入れができなくなると、街金と呼ばれるような小規模な経営をしている貸金業者の中で借り入れできる業者を探すことになります。

街金でも借り入れができないとなると、最終的には街に貼ってあるポスターやポスティングチラシなどの「誰でもすぐに借りられます!」「誰でも借りられます!」

このような言葉につられて、違法な貸金業者であるヤミ金に手を出してしまうケースが多いです。

一度ヤミ金で借金をしてしまうと、法定利息を超えた高い金利を返済し続けることになります。

返済できない場合には、他のヤミ金業者を紹介されるなど、借金総額は一気に膨れ上がってしまうでしょう。

厳しい取り立てに苦しみ、自殺にまで追い込まれてしまう人もいます。

彼氏や彼女、親、子供が借金地獄になっていたら現実を伝えてあげて

ヤミ金にまで手を出してしまうような状態であれば、借金はもはや本人だけの問題ではありません。

ヤミ金業者の中には本来であれば無関係なはずの家族や友人、会社にまで取り立てを行うものもいます。

もし、家族や友人が借金を繰り返していたり、食事もとれないような明らかに異常な生活をしていると思った場合には、こちらから諭してあげる事も大切です。

借金をしている本人は、その事を周囲の人に知られたくないため、なかなか自分では相談できないものです。

異変を感じた場合には、周りが助けの手を差し伸べてあげるようにしましょう。

借金問題は放置していても状況は絶対に良くならない

借金は放置してもなくなったりしません。

むしろ、利息金や遅延損害金が発生したり、信用情報に傷がついてしまい、放置すればするだけ状況は悪化してしまいます。

借金問題からは逃げ出すのではなく、解決するための第一歩を踏み出す必要があります。

問題がこれ以上大きくなる前に、一刻も早く専門家へ相談をしましょう。

借金地獄と債務整理まとめ

もうどうしようもない・・・と諦めてしまいそうな深刻な借金地獄も、債務整理をする事で脱出できます。

返済が苦しいからと言って、返済期日を過ぎてしまったり借金そのものを放置してしまうと、借金がさらに膨れ上がって悪化するだけです。

さらには、うつ病、借金を苦に自殺といった最悪の状況にまで発展してしまう恐れもあります。

自分ではどうする事もできない状況であれば、すぐにでも専門家へ相談してください。

解決方法がわかればで、心にも余裕を持つ事ができますし、生活再建へも前向きになれます。

借金問題からは目を背けずに、早めの解決を心がけましょう。

まずは1日も早く、弁護士や司法書士に相談をすることをおすすめします。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。